柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北海道・前田敏章さんからのお知らせ

いつもお世話いただいています。

 ひき逃げ(飲酒)事件の同乗者の責任を求めた高石さんの民事裁判(関連報告2006-4-13)ですが、札幌地裁は5月29日、これを認めないという不当な判決を下しました。
 報道記事を貼り付けます。STVの動画ニュースは6月5日まで見られます。

2006/05/29  北海道新聞夕刊

同乗者の賠償認めず
札幌地裁「事故は目撃せず」江別ひき逃げ  

 二○○三年二月、江別市内で野幌高一年の高石拓那さん=当時(16)=がひき逃げされ、死亡した事件で、拓那さんの両親が、RVを飲酒運転して拓那さんをひき逃げした男性と、同乗していた同市内の女性の二人に計九千七百万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が二十九日、札幌地裁であった。

 宮島文邦裁判官は、運転していた男性に約八千二百万円の支払いを命じる一方、同乗女性に対する請求は棄却した。
 判決理由で宮島裁判官は「事故発生時に女性は寝ており、事故を目撃していなかったと認められ、女性が故意に救護義務を怠ったとは認めがたい」と述べた。

 訴えによると、男性は○三年二月十二日午前四時五十分ごろ、江別市内の市道でアルバイト先の新聞配達店へ自転車で向かっていた拓那さんをひき、死亡させた。二人は救護や通報などの措置をとらず、そのまま立ち去った。二人は札幌市内のパブで飲酒し、その後女性宅へ向かう途中だった。

 訴えに対し、男性側はひき逃げに対する責任は認めたうえ賠償額で争い、同乗女性側は請求棄却を求めていた。

判決を報じるSTVのニュース(6月5日まで見られます)
http://www.stv.ne.jp/news/streaming/item/20060529190257/index.html
 なお、明日5月31日(10:00)は、原田絵美さん交通死事件の判決です。
 また6月1日は白倉美紗さん交通死事件の第1回公判です。

-----------------------------------------
前田 敏章 tmaeda@asahi.email.ne.jp
http://www.ne.jp/asahi/remember/chihiro/
-----------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2006/05/30(火) 22:17:36|
  2. 前田敏章さん(北海道)情報

絹さや大豊作

先週末は偶然にも仕事場で落雷の被害に遭い、しばらくインターネットができなくなってしまいました。幸いパソコン本体は大丈夫だったのですが、ルーターは交換することに……(無料だったのでほっとしました~)。
 知人の中にも同様の被害にあった方がおられ、サーバーの復旧に3~4日かかってしまったとか。
「雷がひどくなったら、とにかくパソコンの電源を抜いて様子を見てくださいね」 
 修理に来てくれた業者さんは、そんなアドバイスをしてくれました。

 それにしても、今月の関東地方の天気は最悪でしたね。
 五月晴れはほんのわずか。突然振り出したどしゃ降りの雨に、何度ずぶぬれになったことでしょう。

 そんなお天気のなか、我が家の畑の絹さやは絶好調。毎日たくさん花が咲き、山のように収穫できます。
 家族3人ではとても食べきれないので、毎日ご近所さんを呼んで来て、一緒に収穫。私は絹サヤのかわりに、ご近所さんの畑から引っこ抜いたばかりの水菜をいただくんです。水菜はサラダにすると美味しいですね。
 今、絹さやの横で、そら豆もさやを大きく膨らませています。そら豆は本当に空のほうを向いて育つんですね~。
 毎日暗いニュースが続き、そして、辛い事件の記事を書くことが多い私ですが、美味しい野菜を生み出す土のパワーに触れると、なんだか元気になってきます。

20060529162352.jpg

  1. 2006/05/29(月) 16:25:02|
  2. ミカの日記

ああ勘違い

 今日は、1日病院で過ごしました。
 といっても、病気ではありません。
 ご記憶の方も多いと思いますが、私は昨年、「手術時のガーゼ残留」という医療過誤に遭い再手術を受けたのですが、今日はその術後検診だったのです。
 朝9時から受付をしたものの、人気の大病院は大混雑。結局、薬を受け取るまでに、6時間以上かかってしまいました。
 ふ~~~。ちょっとお疲れです。

 さて、今日はちょっと面白い「勘違い」のお話。
 このブログで、知人宅の「盲導犬の卵ちゃん」の成長記録写真を公開し、大好評だったのですが、ある日、ある方から、
「柳原さんって、警察犬の飼育訓練をしておられるんですって??」
 と、言われたのです。
「えっ、警察犬??」
 一瞬、なんのことかわからなかった私ですが、次の瞬間、気がつきました。
「警察犬じゃないですよ~、盲導犬でしょう? それに、そのワンちゃんたちは私が育てているんじゃなくて、お知り合いのご家族が育てておられるんですよ~」

 考えてもみてください。年がら年中警察捜査の批判記事を書いている私に「警察犬」の飼育のお仕事なんて来るはずがないでしょう??
 強そうなシェパードに、
「警察の制服を見たら噛みつけ!」
 なんて教育をしたら、大変ですもの。(モチロンそんなことはしませんが……)

 で、誤解を解くために、我が家の愛犬ジェーンちゃんを再度ご紹介いたします。
 我が家の愛犬は、体重4キロちょっとのミニチュアダックス。
 かわいいでしょ~~。ずっと私の後追いをする「忠犬」なんですよ。
 間違っても「警察犬」ではありませんので、ご安心くださいませ。

20060524183409.jpg

  1. 2006/05/24(水) 18:39:59|
  2. ミカの日記

北海道・前田敏章さんからのお知らせ

いつもお世話いただいています。2件の報告とお願いです

1 長谷部拓磨君交通死事件

ご支援をいただいている長谷部拓磨君交通死事件(前回報告2006-5-17)ですが、5月22日第3回公判が行われました。
この日の法廷は、裁判官より今後の審理についての提案があり、7分ほどで終了。
次回第4回公判は

  6月26日(月)10:00~ 札幌地裁8階5号

となりました。

今後の審理について裁判所の提案の主旨は

「裁判所は前方不注視の存在が争点と考えている。その点で先ず検察側に
①衝突地点を含む位置関係と前方不注視がなければ回避出来たかどうか
②鑑定書の信用性
の2点について確かめたい。それがかみ合った議論の前提になると考える。その上で弁護側からの意見も聞きたい。新たな証拠提出がなければ、次回は予定通り遺族の意見陳述を行う」

というものです。(私の理解が正しければ)

予断を許しませんが、正念場に来ていると思います。長谷部さんが再三にわたって強く指摘し訴えてきている杜撰捜査の結果が招いた混乱であり、検察側は原点に立ち返って捜査のやり直しをすることなしに公正な裁きはできないということです。
このまま曖昧な起訴事実のまま、前方不注視が否定され、被告が免罪されるということ許してはならないと思います。長谷部さんは、再捜査をさせるためのとりくみの決意を固めています。支援をよろしくお願いします。

またこの日検察側からは、被告が免許再取得後の平成17年6月に、あろうことか携帯電話使用で道交法違反の処分を受けていることの証拠が追加提出されました。

傍聴支援に参加された方本当にありがとうございました。

2 高橋真理子さん交通死事件
  前回報告2006-2-25の、高橋さんのとりくみが報道されました。

室蘭の高橋雅志さん利子さんご夫妻は、娘さんが高速道路でキツネの飛び出しが原因で後続車にはねられた事件で、犠牲を無にしたくないと道路公団にも責任と対策を求めるとりくみを行っていますが、2月末のメディアでの取り上げに続き、このほど北海道新聞が以下の記事で高橋さんの思いを伝えました。
この記事は先日5月13日に行われた北海道交通事故被害者の会の会員交流会での高橋さんの発表がきっかけだったそうです。

2006/05/20
北海道新聞

キツネ防止策、生かせず
旧道路公団、89年に作成済みだった
 
[北海道・前田敏章さんからのお知らせ]の続きを読む
  1. 2006/05/24(水) 15:57:17|
  2. 前田敏章さん(北海道)情報

佐賀空港にて

今、雨が降り始めた佐賀空港で羽田行きの最終便待ちです。
 交通事故の取材で、昨夜福岡入り。今日は、ある死亡事故のご遺族にお話を伺っていました。

 そんな中、昨日は偶然にも同じ佐賀県内で、信じられないようなひき逃げ事件が発生しました。被害者を放置するどころか、別の場所に運び、置き去りにする……。なんと卑劣な犯行でしょうか。
 犯人はまだ捕まっていないようですが、佐賀県警本部の話によると、交通捜査課は全精力を挙げて、唐津のひき逃げ捜査に当たっているとのこと。
 逮捕までは時間の問題だと思いますが、この事件の被疑者がどのような罪で起訴されるのか、今後の警察の捜査と検察の判断が注目されるところです。
 被害者の男の子は今も意識不明とのことですが、どうか無事に回復して元気になれますように……。祈るばかりです。

■血の付いた袋、現場近くに…佐賀の小5保護
  [佐賀空港にて]の続きを読む
  1. 2006/05/22(月) 18:04:14|
  2. ミカの日記

北海道・前田敏章さんからのお知らせ

 いつもお世話いただいています。白倉美紗さん交通死事件についての報告とお願いです

 ご両親にとって一日千秋の思いで待たれていた、被告の刑事裁判第1回公判の日程が決まりました。

   6月1日(木)13:15~
   札幌地裁岩見沢支部
  (岩見沢市4条東4丁目 JR岩見沢駅から徒歩15分)

です。
 思えば昨年12月17日に「報告とお願い(遺族版)」で傍聴のお願いをして都合の有無を尋ねていました。ところが突然の「公判前整理手続き」適用で、被害者だけがはずされる非公開の争点整理が延々続き、その間遺族は蚊帳の外。白倉さんは必死の思いで公判前整理手続きの被害者側からの問題点を指摘し続けました。
(経過等は http://www.ne.jp/asahi/remember/chihiro/shirakuraindex.htm)

このような経過での事件です。傍聴支援をよろしくお願いします。

《白倉さんから以下のメールが届いています》

[北海道・前田敏章さんからのお知らせ]の続きを読む
  1. 2006/05/21(日) 15:07:15|
  2. 前田敏章さん(北海道)情報

行者にんにく

 昨日の「生命のメッセージ展in国会」には、安倍官房長官、小泉総理大臣も足を運んでくださり、会場は熱気に包まれていたそうです。
 私は急用ができ、初日しか行くことができなかったのですが、この3日間で多くの国会議員さんに被害者たちのメッセージが届くことを願うばかりです。

 さて数日前、北海道から「行者にんにく」という山菜を送っていただき、ここ数日、油いためや天ぷら、おひたしなどいろんなお料理を楽しんでいます。
「行者にんにく」とは、山で修行する行者たちが、荒行に耐える強壮薬として食べたことからこの名が付いたそうです。
 強いニンニク臭が特徴ですが、身体にはとってもよいんですって。
 以前、千歳空港のみやげものやさんで買ったことがあるんですが、なんと5~6本で300円くらいしました。こんな高級食材をたっぷり食すことができるなんて、幸せだな~~。
 
20060518142215.jpg


 今夜はこれを使って餃子を作ってみようかな、なんて思っているんですが、美味しくできるかしら? 時間ができたら、豚のばら肉でも買いに行きましょうっと。
  1. 2006/05/18(木) 14:27:18|
  2. ミカの日記

「生命のメッセージ展in国会」に行ってきました

 昨日、「生命のメッセージ展in国会」に行ってきました。
 昨日の会場は、国会議事堂の正面にある「憲政記念館」。私も医療過誤で亡くなった父のパネルと久しぶりに会ってきました。

 20060517120845.jpg


 また全国各地から来ておられた被害者のご家族とお話しすることができました。

 本日17日(水)は、衆議院第二議員会館 第一会議室
 明日18日(木)は、衆議院第二議員会館 第一会議室・第三会議室
 で開催されます(この両日入場できるのは、国会議員、官庁、開催関係者に限定されています)。

■命のメッセージ展:被害者のオブジェで遺族の思い訴える--/東京

 ◇千代田区の憲政記念館
 交通事故や犯罪で肉親を亡くした遺族が、生前の肉親をかたどったオブジェを展示して命の大切さを訴える「生命のメッセージ展」が16日、千代田区永田町1の憲政記念館で開かれる。故人の身長に合わせて白いパネルをくりぬいたオブジェ116体や、遺族メッセージ、被害者一人一人の靴を展示する。
 同展は01年に始まり、全国を巡回している。国会周辺での開催は03年に続いて2回目で、国会議員や官僚にも被害者や遺族の思いを伝えることが目的だ。展示は午前10時~午後5時で、午後2時から大阪府池田市の児童殺傷事件の遺族・本郷紀宏さんや、子どもたちの安全対策の専門家らによるパネルディスカッションもある。
 早稲田大に入学直後に無免許、飲酒運転の車にひかれて息子零(れい)さん(当時19歳)を亡くした神奈川県座間市の鈴木共子さん(56)は「交通事故犠牲者は数字上では減っているが、日々犠牲者は出ている。統計に載らない事故後24時間以降の死者もいる。議員や官僚にも数字ではない現実を見ていただきたい」と話している。【青島顕】

5月16日朝刊
(毎日新聞)

 
  1. 2006/05/17(水) 12:11:06|
  2. ミカの日記

北海道・前田敏章さんからのお知らせ

いつもお世話いただいています。

1 長谷部拓磨君交通死事件(前回報告2006-4-27)公判内容の変更のお知らせ。
  5月22日の意見陳述は4回目へと延期になりました。

これまでの2回(4/12 4/26)の傍聴支援ありがとうございました。
第3回公判が5月22日に行われますが、昨日の打ち合わせで内容に変更があったとのことです。

22日は被告側から新たに証拠提出があるということで、この日は書面の確認のみの短時間(10分程度?)で終わる予定となり、当初予定された長谷部さんの意見陳述は4回目の公判ということになりました。4回目公判の日程は22日に決まりますので、改めて連絡致しますが、傍聴支援をお願い出来る方は4回目によろしくお願いします。

予想ですが、被告側は約80席の傍聴席を埋めたこれまでの公判でのやりとりから危機感も抱き、あくまで執行猶予を得るための画策をしているものと思われます。

以上ですが、意見陳述の準備など気力を振り絞っている長谷部さんから、皆様によろしくという連絡がありました。

2 白倉さんの事件の公判前整理手続きに関連して、以下の道新記事がありまし
[北海道・前田敏章さんからのお知らせ]の続きを読む
  1. 2006/05/17(水) 11:54:04|
  2. 前田敏章さん(北海道)情報

交通事故遺族からのメール

 静岡県にお住まいの山岡理恵さんという方から、下記のメールをいただきました。
 事故後、加害者の国籍の関係で、非常に大きな問題が発生しています。
 ご協力いただける方はぜひよろしくお願いいたします(この事故は、今週「ザ・ワイド」という番組で取り上げられたそうです)。


<山岡さんからのメール>

 私の最愛の娘、理子(2歳)は昨年10月に相手の信号無視により亡くなりました。
 加害者は日系ブラジル人、事故後、一度も謝罪もなく母国に逃亡。
 現在、ブラジル国との間に、引渡し条約がなく国際指名手配されているにも
かかわらず、逮捕出来ない状況です。
 私たちは、現在、国に条約の締結を求めて署名活動をしています。
詳しくは 
< URL > http://www.geocities.jp/ritotan2/
をご覧頂けると幸いです。

 理子の加害者は、最初から逃げていたのではありません。事故後も警察の事情聴取を受けています。にもかかわらず、事故から6日後に国外に逃亡していたのです。
 なぜ、強制逮捕しておいてくれなかったのか?
 逃げる可能性は十分考えられたはずです。そこでしっかりマークしておいてくれれば、私たちは今、こんな思いまでして活動することはなかったのです。 
 なぜ?なぜ?理子には基本的人権はないのでしょうか?
 まだ2歳です。これからまだまだいろんなことをしたかったのです。
させてあげたかったのです。
 私が、チャイルドシートにしっかり固定させておいてあげればよかったた……。
 毎日毎日、自分を責めます。でもだからといって、このまま終わってしまってはあまりにも理子が不憫でなりません。
 逃げた加害者も許せません、しかし警察にも十分、問題があったと思っています。
 警察に抗議に行ったときに、「今は、青信号でもねぇ~」と言われました。
では、何を信じて運転すればいいのか? それと同時にだから仕方ないから
あきらめなさい・・・ということでしょうか?
 それに警察のミスについてはどうなるのでしょうか? 警察は決して謝ったりしませんでした。
「任意保険にも入っているから逃げる必要がなかったからマークしていなかった。」と。
 私たちは、そのときにブラジルに逃げても逮捕は出来ないということをしりませんでした。

 長くなりました。申し訳ありません。どうか、私たちを助けてください。
  1. 2006/05/12(金) 10:56:11|
  2. ミカの日記

本日発売「フライデー」

 雨が続いています。
 豚のひき肉が100グラム50円と、とっても安かったので、今日は手作りシュウマイを作ることにしました。
 具材には、たけのこと干ししいたけ、ねぎのみじん切りを入れ、調味料を入れてよく練りこみます。そして、真ん中には庭で収穫した絹さやを飾り、蒸し器で蒸します。
 さっき、試しにいくつか蒸してみたのですが、とってもジューシーに美味しく仕上がりました! ついついキッチンでつまみ食いしすぎてしまうから、いけませんね……。
 
 さて、本日発売の「フライデー」(講談社・5/26号)に、柳原三佳執筆の記事が掲載されています。

■追及レポート「交通事故放置死」を「病死」にねじまげられて…

 神奈川・保土ヶ谷事件
 デタラメ司法解剖を認定した横浜地裁の「愚」


(リード)
「死んじまったもんはしょうがねえじゃねえか!」夫の死の真相を追及する妻に、当時の保土ヶ谷警察署長はこう言い放ったという。あれから9年、神奈川県警と監察医の不正を訴える裁判の判決が言い渡された。それは、「司法解剖」の定義をもゆるがす、理不尽な判断だった。

*4月25日に下された「保土ヶ谷事件」の判決レポートです。
 みなさま、ぜひ読んでみてくださいね。
  1. 2006/05/11(木) 18:03:56|
  2. 柳原三佳の執筆記事

北海道・前田敏章さんからのお知らせ

いつもお世話いただいています。

急ですが、「公判前整理手続き」に関する白倉事件を取り上げたTV放映のお知らせです。

道新の報道があり、UHBもとりあげ、先日は毎日新聞が大きく報道した「公判前整理手続き」の問題点と白倉さんの事件ですが、HTB(北海道テレビ放送)が堀江事件と関連してこの問題を取り上げ、白倉さんに取材に入りました。明日の「イチオシ」で特集するそうです。

HTBの5月10日(水)のHTB「イチオシ」
18:17~のローカルニュースです。

道内の方是非ご覧下さい。

関連情報は下記
http://www.ne.jp/asahi/remember/chihiro/shirakuraindex.htm
  1. 2006/05/10(水) 13:25:18|
  2. 前田敏章さん(北海道)情報

「生命のメッセージ展in国会」のお知らせ

 今、我が家の小さな畑では、絹さやが収穫期を迎えています。今日もたくさん摘み取り、筋を取ってさっと茹で、胡麻和えにしたりサラダにしたり、いろいろな味を楽しんでいます。
 獲りたての絹さやは、ほんとに甘くって、美味しいですね~。
 
 さて、来週は「生命のメッセージ展in国会 Part 2」が開かれます。
 5月16日は一般の方も来場できますので、ぜひいらしてくださいね。

■「生命のメッセージ展in国会 Part 2」

2006年5月16日(火) 憲政記念館一階会議室(この日のみ一般公開)
     5月17日(水) 衆議院第二議員会館 第一会議室
     5月18日(木) 衆議院第二議員会館 第一会議室・第三会議室
*17日、18日は国会議員、官庁、開催関係者に限定。3日間共に10時~17時。

テーマ:「戻らない いのち、変えられる 未来」

16日のタイムスケジュール

10:00 開会セレモニー

14:00 パネルディスカッション
テーマ  「安心して生きられる社会をつくるためには
      ~見えない第三者から子どもを守る~」
司会者  鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)
パネラー 本郷紀宏氏(大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件 遺族)
      渡部陽子氏(NPO法人ひさし総合教育研究所 理事長、
              ネット社会と子どもたち協議会 運営委員長)
      横矢真理氏(NPO法人子どもの危険回避研究所 所長)
      他 国会議員2名を予定

17:00 展示終了
  1. 2006/05/09(火) 18:22:02|
  2. ミカの日記

『ミスターバイク』6月号

ゴールデンウイークも今日で終わり。皆さん、どんなふうに過ごされましたか?
 私のほうは、ブログもすっかりお休みモードになってしまいましたが、海外旅行に行っていたわけではなく、仕事部屋の片付けやガーデニングなどに精を出していました。
 でも、今日は来週発売の週刊誌記事の締め切りで、完全に仕事モードに切り替わっています。

 さて、今月の『ミスターバイク』6月号(モーターマガジン社)は、久々にインタビュー記事・「柳原三佳の“タンデムトーク”」復活です。
 ぜひ読んでみてくださいね!

■柳原三佳の“タンデムトーク”

第4回目ゲスト はりきゅう師・春田長雄氏

少林寺拳法四段の「はりきゅう師」は、警察改革を唱える元警察官
「夢は『春下村塾』(?)を作って、青少年の育成をすることです」

(リード)
人なつっこい熊本弁で軽妙に語る春田長雄さんは、実にたくさんの「顔」を持つ。はり・きゅう師の治療院院長、少林寺拳法四段の武道家、尺八と踊りを楽しみ、警察批判を堂々と行う元警察官、そして、交通事故で重度の障害を負った娘を持つ父親……。本誌連載「一瞬の真実」では、春田事件を何度も特集してきたので覚えているという人も多いだろう。今月は久々に連載再開の「タンデムトーク」。横須賀の治療院に伺って春田さんにお話を伺った。
  1. 2006/05/07(日) 18:26:10|
  2. 柳原三佳の執筆記事

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。