柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

よいお年を

 あと3時間あまりで2006年も終わりですね。
 我が家は早めに夕食を終え、一息つきながらゆっくり新年を迎えます。
 明日、元旦は、JR東日本の「正月フリー切符」で、東北方面へ列車の旅に出かける予定です。
 今年一年、たくさんの方と出会い、たくさんの方々にお世話になりました。心より御礼申し上げます。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 それでは皆様、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 20:47:52|
  2. ミカの日記

死亡事故の目撃情報を求めています(名古屋)

 クリスマスも終わり、お正月の準備などでにぎわうこのシーズン。でも、私の元には、事故の真相を追求するご遺族や被害者の方々からの連絡が後を経ちません。

 10月5日に名古屋市内で起こった死亡事故です。自転車の青年が信号無視をしたということで、すでに相手方のドライバーは不起訴処分となりました。
「あんなに広い道路で、なぜ……?」
 ご遺族は今も納得できず、客観的な情報を求めておられます。
 この事故について情報をお持ちの方がおられましたら、ぜひご協力をお願いいたします。

<以下、ご遺族からのメールを転記します>

■発生時間/2006年10月5日木曜日 午後10時40分頃

■発生時の天候/雨

■発生場所/名古屋市千種区の鏡池通2丁目交差点(交差点角に見附小学校、ミニストップがあります)。名古屋高速道路道路 東山線 四谷出口との合流地点のある交差点です。

■被害者は身長165cm、体重約65kg、28歳男性。名古屋大学院生。紺色の反射剤のついた雨合羽を着用。

■自転車は20インチのコンパクト車。色はシルバー。

■めがね(フレームはシルバー系で、わりと小さなサイズ)を愛用していましたが、いまだに発見されていません。どなたか現場で見かけられた方はおられませんでしょうか?

■相手車両は、スバルのレガシィ B4のセダンタイプ。2000年もしくは2002年式。(排気量1994cc。車両重量1480kg)ボンネットにエアーインテーク空気取り入れ口あり。色はシルバー。品川ナンバー。

■自転車は見附小学校方面からミニストップ方面(北から南)へ横断歩道を横断中、鏡池通線を山手通から中区(東から西)へ走行してきた相手車両と横断歩道上で衝突。弟は衝突後、交差点中央まで飛ばされ、自転車は右斜め前対向車線側へ飛ばされました。

■午後10時49分、救急車現場到着。11時05分、現場発車。事故後相手車両は、交差点を越えた先の横断歩道の先で車を停車。実況見分は、午前3時近くまで行われた模様。

■10月7日の新聞には、千種署はいずれかが信号を無視したものとみて調べていると記載されております。
 
 この事故の目撃者を捜しています。些細な情報でも結構です。どうぞよろしくお願いいたします。

<連絡先>
〒814-0155 福岡県福岡市城南区東油山6-2-26
伊藤 香織(被害者の姉)
FAX 092-861-2800
E-mail t6lyjp@yahoo.co.jp
  1. 2006/12/28(木) 12:19:04|
  2. ミカの日記

父の命日

 今日は冷たい雨が降る中、仕事で都内へ出ていました。
 夕方から雨脚が強くなり、今も低気圧の影響でものすごい暴風雨。電車がストップする前になんとか家までたどり着くことができ、ほっとしていますが、車の乗り降りをするだけでびしょぬれでした。

 今日、12月26日は私の父の命日です。
 13年前、父は入院先の救命救急センターで、意識を回復することなく息を引き取りました。
 咽頭炎で耳鼻科に通院、1週間後に出血性胃潰瘍で倒れました。原因は、ステロイドなどの過剰投与。つまり、医療過誤でした。
 初孫である私の娘は、当時まだ3歳。優しいおじいちゃんのことは、ほとんど覚えていません。その後に生まれた妹たちの子供も、おじいちゃんのことを知りません。

 あと10年でいいから、長生きしてほしかったな……。
 年々大きくなっていく娘の姿を見ながら、いつもそう感じます。
  1. 2006/12/26(火) 21:22:54|
  2. ミカの日記

TV放映のお知らせ

 昨日のブログでもお知らせしましたが、本日12月21日(木)の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日)で、交通事故鑑定人・駒澤幹也氏の追悼特集が放映されますので、ぜひご覧ください。夕方5時半頃からです。
(こちらは放送されない地域もあります)

 それから、明日、12月22日(金)の「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で、交通事故被害者特集第4弾が放送される予定です。朝8時半頃からです。
 取材すればするほど、ずさんな捜査と損保会社の一方的な対応に憤りを感じる事件です。
 私もスタジオでコメントしますので、ぜひご覧ください!
(こちらは全国ネットです)
  1. 2006/12/21(木) 10:25:33|
  2. ミカの日記

さようなら、駒澤先生

 今年、一番悲しかったこと。それは、交通事故鑑定人・駒澤幹也氏がお亡くなりになったことです。先週、お世話になった仲間と一緒に、お墓参りに行ってきました。冷たい雨に打たれ、真っ赤に色づいた紅葉がより美しく光っていました。

 駒澤先生と出会ったのは16年前。それをきっかけに、私は本格的に交通事故の取材をすることになりました。
 「週刊朝日」での連載<交通事故ホームズの事件簿>、それをまとめた単行本『痕跡は訴える』。
 また、その後も『交通事故鑑定人~鑑定歴50年駒澤幹也の事件ファイル』など、たくさんの記事や本で、駒澤先生の鑑定を紹介させていただきました。

 これは昨年、米寿のお祝いのとき一緒に撮った写真です。
 駒澤先生との写真は、これが最後となりました。
 本当に心の優しい、素晴らしい先生でした。

20061220221809.jpg


 21日、テレビ朝日の「スーパーJチャンネル」で、駒澤先生の追悼番組が放送されます。夕方5時半頃からだそうです。
 駒澤先生がとっても可愛がっておられた、被害者の女の子も登場されると思います。ぜひご覧ください。
  1. 2006/12/20(水) 22:29:00|
  2. ミカの日記

今週の「週刊朝日」

 今週発売の「週刊朝日」(朝日新聞社)に、柳原三佳執筆の記事が掲載されています。

あいおい損保の"超払い渋り”追及第4弾!
 
 母の死を"自殺”とする理由を教えて

 警察は「事故」と判断した白昼の港の転落死 遺族が涙の訴え


(リード)
本誌であいおい損保の"超払い渋り”の実態を追及した記事に対して、全国からの情報が続いている。その中に、佐賀県の遺族から届いた切実な手紙があった。警察が「事故」だと認定した転落死をあいおい損保が十分な説明もないまま「自殺」と断定し、保険金を支払わないというのだ。

 佐賀県唐津市の呼子という、静かな港街で起こった事件です。
 先月、現地へ飛び、ご遺族にお話を伺ってきました。みなさま、ぜひ読んでみてくださいね。

 この問題は、なにもあいおい損保だけにかぎったことではありません。今も私のもとには、いろいろな損保会社の理不尽な払い渋りに遭っている人たちからの情報が相次いでいます。
 金融庁の指導の下、各社は不払いの調査を行っていますが、こういう事案は一体どうなるのか?
 自社の調査結果には、おおいに疑問が残ります。
 引き続き、"超払い渋り”の取材、続けたいと思います。
  1. 2006/12/18(月) 22:50:32|
  2. 柳原三佳の執筆記事

落下物事故

 12日の朝、関越自動車道で追突炎上死亡事故が発生しました。あの事故の第一の原因は、路上に落下していた「はしご」だったそうです。
 昨日は、トラックの車輪が脱輪して、歩行者の命を奪ったあの事件が無罪になったそうですが、道路上の落下物は本当に危険です。
 先日「ミスターバイク」の」連載で、ジャーナリスト・寺澤有さんの「落下物訴訟」(事故車のバンパーが高速道路上に放置されており、寺澤さんのバイクがそれに乗り上げ、非常危険な目にあった事件)の記事を取り上げたところですが、突然目の前をふさぐ落下物は、最悪の場合、大事故につながり、死傷者まで出してしまうのです。
 私も20年以上、バイクや車に乗り続けてきましたが、思い返してみればかなり危険な落下物に遭遇してきました。

●バイクで北海道内の一般道を走行中、トラックの荷台から、引き抜いたばかりと見られる道路標識が落下。後ろを走っていて積載方法があまりにもいい加減だったので、危険だと思い車間距離を開けていたから助かりました

●首都高湾岸線を車で走行中、目の前にはしごが落下しているのを発見。ハンドルで逃げました

●名阪国道を車で走行中、すぐ前のトラックから鉄パイプが落下。フロントガラスを突き破るんじゃないかと思わずのけぞりましたが、幸い、車にぶつからずセーフ

●なんと言っても最大級は、千葉東金道路に落下していた「プレハブハウス」。あまりに大きすぎて、あれ、こんなところに工事現場の事務所でもできたのかしら? と目を疑いました

 とにかく、小さなものまで含めれば、落下物の遭遇経験は山のよう。幸い、大事故に至ることなく現在に至っていますが、特にバイクでのツーリング中は、道路上の枯葉や松ぼっくりが命取りになることもあるんですね。
 落ちる可能性のあるものを積んでいる車、道路に落ちる可能性のあるものが敷地内にある土地の所有者、何らかの事故で落下物をばら撒いてしまったドライバーは、十分に気をつけてもらいたいと思いました。

 さて、今日はこれから原稿の締め切り2本。
 それを仕上げたら、今夜はお医者様のグループと「アルコール消毒会」と称した○○会です。身体の中から、しっかり消毒してきたいと思います(笑)。
  1. 2006/12/14(木) 07:50:32|
  2. ミカの日記

同窓会

 最近、中学の同窓生掲示板が立ち上がり、とっても盛り上がっています。
 仕事の合間にその掲示板をのぞくと、懐かしい名前が続々……。
 一体、あの頃から何年がたったのでしょう。
 でも、ほんとに気持ちはあの頃のままです。
 うちは主人も同じ中学出身(2学年上)なので、有名な先生の名前なんかが登場すると、いろいろ話が通じるので面白いです。

 で、来年の1月2日に、奈良で同窓会が開かれることになりました。
 このブログを見ている、奈良市立富雄中学校卒業(昭和54年3月)の方がおられましたら、ぜひご一報ください! まってま~す。

 さてさて、今日の写真は、我が家の玄関に飾っているクリスマスリース。、
 これも私の手作りです。「ホットメルト」という接着剤でいろんなものをくっつけていくだけ。楽しいですよ!
 これは前に作ったものなので、今年ももっと大きいのを作ってみようかなあと思っています!
 
20061206110011.jpg

  1. 2006/12/12(火) 21:52:35|
  2. ミカの日記

今日の「ど根性もみじ」

 あと20日で、今年も終わりですね……。
 仕事の合間に少しづつ部屋の片付けや掃除をしようと思うのですが、ほとんど進んでいません。
 たぶん、今年もこのまま新年を迎えてしまうのでしょう。

 さて、我が家のフェニックスに寄生している「ど根性もみじ」、12月6日のブログの写真と比べてみてください。あれから5日しか経っていませんが、ずいぶん紅葉してきましたので写真をアップしま~す。
 いかがですか? なかなかきれいに色づいているでしょう?
 今がまさに、ベストシーズンです。

20061211144437.jpg


20061211144508.jpg


 それにしても、このもみじの木、年々成長して大きくなってきましたが、このまま育てていてよいものでしょうか??
 そのうちフェニックスの幹がバキバキと裂けてしまわないかと、ちょっと心配です。  
  1. 2006/12/11(月) 15:37:36|
  2. ミカの日記

寄せ植え

 今日はそんなに寒くありませんが、朝から冷たい雨が降っています。
 私はいつものように6時に起き、娘のお弁当と朝食を作り、今朝は車で6キロ離れた駅まで送っていきました。
 その途中で、交通事故現場に遭遇。けが人が出ていなければよいのですが、毎日通る交差点だけに緊張してしまいます。
 朝は主人がわりとゆっくりの出勤なので、これから起こしてまた2度目の朝食作り。今日は私も都内へ出かけるので、やることがいっぱいです。
 あ~、主婦って大変ですよね~~。

 さて、最近私は「寄せ植え」に凝っています。
 グリーンショップでいろいろな寄せ植えを観察し、それを参考にお花の苗を買って、植木鉢の中でアレンジしていくのです。

 これなんていかがでしょう?

20061206110037.jpg


 もうすぐお正月なので「葉牡丹」の色違いを中央に植え、バックには「アメジストセージ」という紫色がきれいなハーブをあしらいました。
 ところが! 一昨日、肥料を入れたら、葉牡丹が急成長してちょっとびっくり。あまり伸びすぎると、バランスが崩れてしまうのに~~。
 くれぐれも、肥料の入れすぎには気をつけなくては。
  1. 2006/12/08(金) 07:37:37|
  2. ミカの日記

本日発売「ミスターバイク」1月号

 本日発売の「ミスターバイク」2007.1月号(モーターマガジン社)に、柳原三佳の記事が掲載されています。ぜひ読んでみてくださいね。

■新『一瞬の真実』 FILE NO.18  吉田事件 (前編)なぜ「死人に口なし」事件は繰り返されるのか

「ノーヘル」「自殺行為」「信号無視」……、警察が突きつけた根拠のない言葉の数々

「息子は赤信号無視なんかしていない!」

(リード)
“赤信号無視で交差点に突っ込んだ事故”そう決め付けられていたスクーターの青年は、実は完全な「被害者」だった……。11月1日、前橋地裁太田支部で下された民事裁判の判決は、加害者の言い分と警察の捜査結果を完全にくつがえす結果となった。事故直後から「自殺行為」とまで言い切った警察、死亡事故の捜査とは思えないようなずさんな捜査。そして、次々と変遷する加害者の証言や不誠実な運送会社の対応に苦しめられながらも、息子の無実を信じ、現場に通いつめた両親の闘いの日々をレポートする。今回はその前編。もの言えぬ被害者が、事故直後から一方的に「加害者」として扱われる恐ろしい現実と遺族の苦悩が浮かび上がる。
  1. 2006/12/07(木) 23:48:22|
  2. 柳原三佳の執筆記事

911・ボーイングを探せ!

 このところ、出張が入ったり、原稿書きなどに追われて、長い間ブログをおさぼりしてしまいました。
 新幹線の中からブログにアップしたつもりの原稿が、うまくつながっていなかったりして……。すみません。

 それにしても、あっという間に12月。急に寒くなってきましたね。昨日は美味しそうな大根やすじ肉があったので、朝からおでんをことこと煮込みました。
 コタツに足を突っ込んで、おでんをフーフーしながら食べていると、ますます「冬」って雰囲気が高まってきますね。

 そうそう、昨夜はおでんを食べながら「911・ボーイングを探せ」というDVDを見ました。911事件で飛行機に突っ込まれたとされているアメリカのペンタゴンの痕跡を検証し、どう見てもボーイングが突っ込んだはずがない、という陰謀説を唱える内容でした。
 非常に説得力があり、いったいボーイングはどこへ行ったんだろうと、主人とともに推理しまくりました。が……、やはり答えは出てきません。
 このDVD、面白いですよ。皆さんもぜひごらんください。

 さて、我が家の庭のフェニックスに寄生している紅葉が、今年もそろそろ色づき始めました。
 フェニックスの葉におおわれているせいか、周囲の紅葉より少し紅葉は遅いようです。これから真っ赤になるまで、毎日観察しながら楽しもうと思います。
 我が家の「ど根性紅葉」、写真でお楽しみください。

 20061206105718.jpg

  1. 2006/12/06(水) 10:58:06|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。