柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

速報! あいおい損保に金融庁の検査が入った

 金融庁は、現在検査実施中の金融機関のひとつが、あいおい損保であることをHPで発表しました。
http://www.fsa.go.jp/receipt/k_jyouhou/fsa.html#02
 久々にゆったり気分にひたってお花見をしているとき、あいおい損保○○支店には抜き打ちの厳しい検査が入り、大変なことになっていたようですね……。
 ちなみに、私は昨年「週刊朝日」で、あいおい損保の払い渋りを何度も告発してきましたが、引き続きこの追及は続けていくつもりです。

 上記HPにも書いてありますが、損保の払い渋りなど問題事案を抱えておられる方は、この機会に金融庁へ報告されることをおすすめします。そして、今回の検査で、苦しんでいる被害者が具体的に救済されることを願うばかりです。
 弱者の声がかき消されない世の中になるよう、みんなでがんばりましょう!
スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 18:27:44|
  2. ミカの日記

春の香り

 今日は、朝から降っていた雨が突然やんで青空になったので、すぐ近くの「昭和の森」という大きな公園へ、お友達と一緒に梅の花を見に行きました。満開の時期を少しはずしてしまいましたが、しだれ梅は見事に咲き誇っていました。
20070228143909.jpg

 昭和の森から大網方面に下った小中池公園の前には、まるで黄色いじゅうたんを敷き詰めたような、菜の花畑が! 
20070228141235.jpg

 もう、すっかり春ですね。帰りにはひな祭り用の桃の花と菜の花の切花を買い求め、これからお雛様と一緒に飾るところです。

 さて、さきほど「交通事故後遺障害者家族の会」の方から、日本財団ブログの記事を紹介されました。先日「スーパーモーニング」で放映した「根本事件」の被害者家族も、この会の支援を受けてこられました。こうした支援団体の地道な活動が、たくさんの被害者を救済しているのですね。

http://blog.canpan.info/koho/archive/74

交通事故被害者を支援 家族会が法律相談会も開催 [2007年02月15日(木)]

 2006年の交通事故の死者は6352人で6年連続減少した。しかし、負傷者は1999 年から8年連続で100万人を超え、一命をとりとめたものの重い脳障害による後遺症で、つらい日々を送ることを余儀なくされている被害者・家族も少なくない。こうした人たちの交流と支援を目的に活動しているのがNPO「交通事故後遺障害者家族の会」(koisyo、北原浩一代表)だ。結成以来5年半が経過、koisyoの活動は被害者家族の大きな力になっている。
[春の香り]の続きを読む
  1. 2007/02/28(水) 14:26:00|
  2. ミカの日記

盲導犬の卵ちゃん

 今朝は雲ひとつない青空。いいお天気です。
 庭に出ると、またふきのとうがたくさん頭を出していたので収穫しました。今日は蕗味噌を作ってみようかな、と思っています。
 表へ出ると、梅の花も満開で、こういう日はのんびり散歩を楽しんでみたくなりますね。

 さて、久しぶりに盲導犬の卵ちゃんの写真が送られてきたのでご紹介します。すっかり大きくなりましたね~。
 あと10日ほどで、お母さん犬のもとを離れ、盲導犬としての第一歩を踏み出すのだそうです。

20070226102544.jpg

20070226102441.jpg

  1. 2007/02/26(月) 10:42:38|
  2. ミカの日記

今日のTV特集への反響

 朝6時15分に自宅を出発して六本木のテレビ朝日へ。8時55分からの生放送に出演し、お昼前には自宅に戻ってきました。
 今日もたくさんの反響をいただいています。
ごらんになってくださったみなさん、どうもありがとうございました。

 その中から、1通のメールをご紹介します。差出人は、数年前にお子さんを事故で亡くされた、お母様です。私も全く同感です。

『本日のスーパーモーニングの「もう泣き寝入りはしない」の最後に「厳罰化の盲点」、よくぞ最近益々厳罰化の流れに進む中でおっしゃって下さったと嬉しく思いました。
 厳罰化に見合った体制が出来ていない限り、被害者遺族が本当に求めている真実の解明はないし、被害者遺族の本当の立ち直りの為の心の整理が出来ない。
損保や弁護士はもちろん、運送会社等、本当に無責任。加害者もそれらになんと言われようと、正しい判断と証言をしないといけないのですが、まあ~思っていた以上に加害者というのは弱いし、事故直後は被害者遺族が現実を受け止められないのと同じで、加害者も自分の犯した罪や現実に向き合えない人種なのだと改めて実感します。
そこへ関係者が人道にはずれたアドバイスをするんですものね、加害者は目先の事だけで楽な方へ安直に乗っかる。
 気が弱いものだから刑務所に入り冷静になると、今度は自分の付いた嘘に苛まれている。(一部ですが)
 気がついた時点でも遅くはないから被害者遺族に真実を伝えればよいものを、それも出来ない。
初動の時点に問題がありますね、加害者にとって何が本当の救いになるのか関係者もわかっていない?
私なりにジレンマを抱えているのは確かです。どうしよう~!! 
 でも「安直な厳罰化」だけはやめて頂きたい、もっと時間を掛けて具体的な問題点を浮き彫りにしてから、総体的に適切であり、抑止に効果的な厳罰化であってほしいと願うばかりです。』
  1. 2007/02/23(金) 14:27:02|
  2. ミカの日記

明日の「スーパーモーニング」(テレビ朝日)

 2月23日(金)の「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で、
『シリーズ・交通事故被害者~もう泣き寝入りはしない!』
 の第6弾が放映されます。

 今回取り上げるのは、拙著『交通事故被害者は二度泣かされる』(リベルタ出版)にも収録されている「根本事件」(千葉)です。
 事故発生から5年4ヶ月。その間の被害者とその家族の苦しみをレポートしながら、ずさんな警察捜査の問題と、重度後遺障害者の深刻な現状を訴えます。
 8時50分くらいからスタートの予定ですので、皆様ぜひご覧くださいませ。
  1. 2007/02/22(木) 20:00:08|
  2. ミカの日記

ふきのとうの天ぷら

 2月のはじめに芽を出し始めたふきのうとう。やっと食べごろ(?)になってきたので収穫し、昨夜は天ぷらにしました。
 今年のふきのとうは特に香りがよく、土を洗い流している時からぱあっと春の香りが広がります。
 ふきのとう以外にも、にんじん、ブロッコリー、さつまいも、しいたけなどなど、野菜中心に彩りよく揚げていくのは楽しいもの。天つゆも、昆布とかつおの濃いめのだしで美味しく作りました。
 深夜に帰宅した主人には、リクエストに応えて「野菜天ぷら丼」を作りました。うまいなあ~、と言って食べてくれるのはうれしいのですが、深夜に「天丼」は、メタボ……まっしぐらなので、控えなければ。
 それにしてもこれだけあったかいと、たらの芽や土筆も今年は早いでしょうね。去年、素晴らしい「土筆の楽園」(空き地)を発見したので、早めにチェックしに行こうと思っています。

 さて、今週はまた「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で、『交通事故被害者特集』の予定です。
 2月23日(金)の朝、8時30分~9時30分の間に放送されますので、皆様ぜひ見てくださいね。
 
  1. 2007/02/21(水) 20:13:58|
  2. ミカの日記

法制審議会刑事法(自動車運転過失致死傷事犯関係)部会

祖母の通夜、葬儀を終えて自宅に戻った後、私は腰を痛め、一時は歩くことも困難な状態に……。
 先月、仕事部屋の大掃除と模様替えをしたときから、なんだか痛いなあ、と思っていたらどんどん悪化し、ついに最悪の状態に陥ってしまいました。
 週末、病院に行き、鎮痛剤をもらってきましたが、まだまだもとの状態に戻るには時間がかかりそうです。

 そんな中、今日は法務省の法制審議会刑事法(自動車運転過失致死傷事犯関係)部会第二回会議に出向き、NPO法人交通事故後遺障害者家族の会の方と、意見陳述をしてきました。
 一団体に与えられえた時間は15分。質疑応答もほとんどなく、あっさりとしたかんじで終わりました。
 もちろん、被害者側の意見を聞くことは大切ですが、正直言ってなんだかかたちだけのような気がしないでもありませんでした。本当は、もっとじっくり現場の実態に目を向け、耳を傾けてほしいのですが、現実にはこうやって法律が作られたり改正されていくんですね。
 まあ、2輪車除外の「危険運転致死傷罪」が、ようやく「自動車運転過失致死傷……」に改正されるのはよいのですが、そんなことは当然で、なぜ最初からそうしなかったのか、理由を聞きたいくらいでした。 
 NPO法人交通事故後遺障害者家族の会の意見書の一部を以下に抜粋します。訴えたいことは山ほどありますが、今回はこの点を強調しました。 [法制審議会刑事法(自動車運転過失致死傷事犯関係)部会]の続きを読む
  1. 2007/02/19(月) 22:47:47|
  2. ミカの日記

105歳、祖母の死

一昨日、私の母方の祖母が亡くなりました。数え年で105歳。まさに、大往生です。
 今日はこれから、兵庫県の宝塚市にある祖母の自宅で葬儀が営まれます。
 祖母の100歳祝いの写真は、下記に出ています。
http://www.mika-y.com/gallery_grandmother.html

 明治、大正、昭和、平成の四時代、戦争で息子を失い、食糧難の時代に子供を育て、苦労も多かったと思いますが、最後まで明るく生き抜いたおばあちゃんでした。
 
  1. 2007/02/13(火) 09:25:18|
  2. ミカの日記

ひき逃げ犯逮捕のご報告

 1月15日のブログで、名古屋市内で発生したひき逃げ死亡事件の目撃情報を求めていたのですが、この事件のご遺族・副島さんから、昨日、下記のメールが届きました。
 
「お世話になります。以前、貴ブログにひき逃げ事件を掲載していただきました、副島と申します。
 警察の方の捜査により、ひき逃げ犯人が逮捕されました。今後、またご相談させていただだく事があるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。」


 卑劣なひき逃げ事件が二度と起こらないよう願いつつ、ご協力いただいた皆様には、私からもお礼申し上げます。


 

  1. 2007/02/10(土) 18:41:46|
  2. ミカの日記

今月の「ミスターバイク」3月号

 今発売中の「ミスターバイク」3月号(モーターマガジン社)に、柳原三佳執筆の記事が掲載されています。
 保存版の重いメッセージです。ぜひ読んでみてください。

■新『一瞬の真実』 <番外編> 追悼特集
 
気骨の交通事故鑑定人を偲んで……

駒沢幹也氏が遺した最期の“メッセージ”


「遺族にとって最も残酷な外圧は、生き残った加害者の『嘘』である」

「人は誤りうるが、物は誤ることができない」

取材・文/柳原三佳

(リード)
昨年9月26日、交通事故鑑定人・駒沢幹也氏が、89歳で永眠された。自らも最愛の孫をバイク事故で失うという辛い経験を持つ駒沢氏。遺族の切実な訴えに耳を傾けるそのまなざしは、いつも優しく、事故の「痕跡」に向ける目は常に厳しく光っていた。今回は、「新・一瞬の真実」番外編。駒沢幹也氏から柳原三佳に送られた、渾身の直筆メッセージを公開する。

  1. 2007/02/08(木) 13:22:29|
  2. ミカの日記

書初め作品が「特選」に入賞!

 年明けに一生懸命仕上げた書初めが、全日本書芸文化院の「第58回全国書初め大会」の特選に選ばれました。やった~~!
 忙しくって、挫折しそうになったのですが、やっぱり頑張って仕上げてよかったと思います。
 入賞作品は、2月11日(日)、池袋サンシャインシティ文化会館4F展示ホールBに展示されます。
 ちなみに、私の雅号は「柳原涛楓(とうふう)」です。
 お近くの方、また書道にご興味のある方、他にもたくさんの素晴らしい作品を見ることができますので、ぜひお運びくださいね。
 
  1. 2007/02/07(水) 16:22:32|
  2. ミカの日記

本日の朝日新聞「私の視点」

 本日の朝日新聞「私の視点」に、「死因究明」問題の取材でお世話になっている千葉大学法医学教室・岩瀬博太郎教授の原稿が掲載されています。
 タイトルは、『死因究明制度・犯罪捜査の偏重を改めよ』です。
 日本の死因究明制度の不備によって現れてきているさまざまな問題点が凝縮された、中味の濃い内容です。
 みなさま、ぜひ読んでください。

 さて、死因究明問題を考えた後は、盲導犬の卵ちゃんの成長ぶりを見てなごみましょう。ほら、いつの間にか目がパッチリ開いています。

kuro.jpg


 哺乳瓶でミルクを飲んでいる子犬ちゃんも……。
20070206115131.jpg

 飼い主さんからは、次のようなメッセージが添えられていました。
「そろそろ離乳食も始まり、ウンチの量も増え、居間が戦場になりつつあります」
 
  1. 2007/02/06(火) 11:54:46|
  2. ミカの日記

「財界展望」3月号に三井住友海上の払い渋り記事

 節分も過ぎ、今日はいいお天気です。
 庭の隅っこでは、ふきのとうが頭を出し始めています。
 珍しい野鳥たちの訪れも例年より早いかんじですね。ウッドデッキのテーブルの上に、自作の「干し芋」を干していたら、野鳥がつつきにきて散らかしてしまいました。あ~あ。
 それにしても、異様な暖冬です。天変地異が起こらなければいいのですが……。

 さて、今発売中の「財界展望」3月号に、柳原三佳の執筆記事が掲載されています。
http://www.zaiten.co.jp/zaiten/200703.shtml

■岐阜地裁に提出された鑑定書には明らかな矛盾

  『あくまで保険金ゼロを主張する
   三井住友海上払い渋りの非情さ』

(リード)
損保業界の「払い渋り」は一向に改善する気配がない。事故状況が不透明である場合に必要なのは、それを徹底的に究明することであって、闘う術を持たない被害者を、大企業による払い渋りの論理で苦しめることではないはずだ。

 みなさま、ぜひ読んでみてくださいね。

*いつもこのブログで紹介させていただいていた、北海道・前田敏章さんからの「報告とお願い」は、2月より、柳原三佳のHP「情報コーナー・ご協力のお願い」の中で紹介させていただいています。随時アップしていきますので、こちらもぜひご覧ください。
http://www.mika-y.com/bbs/help/
 また、このコーナーでは、事故の目撃者捜しなど、読者の皆様からのお願い等を掲載しています。ご希望の方はメールにてご一報くださいませ。
  1. 2007/02/05(月) 10:13:16|
  2. 柳原三佳の執筆記事

HPリニューアルOPEN!

午前中の生放送「スーパーモーニング・シリーズ交通事故被害者~もう泣き寝入りはしない!~」(テレビ朝日)に出演してきました。
(今回取り上げた「保土ヶ谷事件」は、拙著『死因究明~葬られた真実~』(講談社)にも収録されていますので、ぜひ読んでみてください)
 今日は放送直前、被告(監察医)側代理人から「放送をとりやめるように」といった内容の通告が入ったそうです。こちらは真実を淡々と報じるのみですから、別に気にしてはいませんが、生放送中に反論的なコメントを送ってきたため、それを急遽読み上げたりと、最後がちょっとバタつきました。
 まあ、いろいろ抗弁する前に、「頭を解剖しない司法解剖」「本人とわかる写真のない司法解剖」が、はたして「司法解剖」として通用するのかどうか、監察医と神奈川県警には、はっきり答えていただきたいものです。

 さて、すでにお気づきになった方もおられるかと思いますが、本日より「柳原三佳のHP」がリニューアルいたしました。
 これから徐々に更新作業を進め、さらに多くの情報を発信していけるよう頑張りたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 
  1. 2007/02/02(金) 15:22:28|
  2. ミカの日記

「スーパーモーニング」(テレビ朝日)

 2月2日(金)の「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で、交通事故被害者シリーズ『もう、泣き寝入りはしない』が放送されます。
 取り上げる事件は、神奈川県で起こった「保土ヶ谷事件」。
 今年で事故から10年目になりますが、ご遺族は今も高裁で真実を追及して闘っておられます。
 日本の死因究明システムのずさんさを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。
 午前8時50分くらいからの放送予定です。
 私もスタジオでコメントしますので、ぜひ見てくださいね!
  1. 2007/02/01(木) 19:58:02|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。