柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日は京都で高校時代の剣道部の同窓会があったのですが、残念ながら締め切りの真っ最中で、行くことができませんでした。
 あ~、今頃懐かしの京都はどんなかんじでしょうか。桜は咲いているのかな? 大好きな東山は、今、どんな色に染まっているのでしょう。

 東京は桜が満開だそうですが、我が家の玄関では、チューリップのつぼみが色づき始めました。
20070329222452.jpg

 ビオラも元気に咲いています。

 そして、見てください、今日の午後には、待ちに待った庭のたらの芽がこんなに急成長!!
20070329222421.jpg

 美味しそうですよね~~。明日はいっぱい収穫できそうです。
 すでにたらの芽のてんぷらを食したという愛媛県のYさん! 自慢のメールありがとうございます(笑)。私も明日は絶対食べますよ~~。

 さて、昨日も告知したとおり、明日の朝は「スーパーモーニング」で交通事故の特集です。
 警察のずさんな初動捜査に苦しむ被害者・遺族にスポットを当てた総集編です。ぜひご覧くださいね。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/29(木) 22:46:22|
  2. ミカの日記

土筆

 今朝、主人を駅まで送っていく途中、秘密の「土筆の園」にいっぱい土筆が出ているのを発見!
 帰りにそこで車を止め、採れるだけとって帰ってきました。ウ~ん、満足。締め切りで忙しい中でも、これだけはやめられません。
 空き地にしゃがみこんで、必死で土筆を採っていると、自転車で通りかかったおじさんたちに声をかけられました。千葉では土筆を食べる人が少ないので、いつも不思議がられるのですが、関西人は土筆を珍重するんですよね。

 さて、3月30日(金)の「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で、交通事故被害者シリーズの今年度の総集編が放映されることになりました。
 私もスタジオでコメントする予定です。ぜひ見てくださいね!
  1. 2007/03/28(水) 22:04:32|
  2. ミカの日記

ようやく本調子?

 今週に入って、ようやく花粉症の症状が落ち着いてきました。ひどいくしゃみ、鼻水、目のかゆみ、鼻声、そして薬による眠気からも少し開放され、なんだかようやくいつものパワーが湧いてきたような気がします。

 週末には、我が家のすぐ近くにあるライブハウスに、ジャズピアニストの谷川賢作さん(お父さんは、詩人の谷川俊太郎さん)が、ベース、トロンボーン、トランペットのスペシャルユニットで登場し、1メートルという至近距離で迫力の生演奏に酔いしれました。
 谷川さんは明日のNHK「そのとき歴史は動いた」でも生演奏されるそうなので、楽しみです!
 その後私は、4月7~8日に東金文化会館で行われる展覧会用の書道作品を仕上げ、今は来週発売予定の記事の執筆に取り組んでいるところです。

 庭はすっかり春の装いで、昨年植えたムスカリの球根が紫色の鮮やかな花を咲かせ、チューリップもつぼみが膨らみ始めました。
 何より楽しみなのは、タラの芽。今日も庭の隅っこのたらの木をチェックしたところ、まるで赤ちゃんのこぶしのような緑色の新芽が、茎の先端からから顔を出しはじめました。
 なんだかウキウキする季節です。
 
  1. 2007/03/27(火) 21:04:28|
  2. ミカの日記

花粉症でダウン

 今週に入ってから花粉症のピークに突入。なぜだかこの3日間は薬も効かず、くしゃみ&鼻水で疲労困憊です。
 この1行書くのに、すでにティッシュ2枚消費。あ~、苦しい。
 そんなわけで、ブログをおさぼりしてしまい申し訳ありません。

 昨年見つけた「秘密の土筆の園」に、土筆が芽を出していたので、明日はマスクをして、土筆を採りに行こうと思います。
 土筆は花粉症に効くと聞いたので、おひたしや天ぷらで味わって、楽しみながら、症状が改善することを祈るばかりです~~~。
  1. 2007/03/22(木) 22:06:56|
  2. ミカの日記

交通事故問題を考える国会議員の会

今日はぐっと冷え込みが厳しくなりました。
 これから、「交通事故問題を考える国会議員の会」に出席するため、国会議事堂の正面にある衆議院議員会館へ出向きます。

 本日の内容は、
1.活動報告等
2.インターロック等について社団法人日本自動車工業会よりヒアリング
3.道路交通法、刑法改正法案について法務省、警察庁、民主党よりヒアリング
 とのこと。
 行ってきま~す。
  1. 2007/03/16(金) 11:39:14|
  2. ミカの日記

損保10社不払い 金融庁、週内にも処分へ

 今日も損保の不払い問題に関する取材をしていました。今、帰りの電車の中です。
 またしても各社に処分が下されそうですね。保険会社として、業務停止くらいの処分で済まされる問題でしょうか。
 だって、実際にはもっとひどい、意図的な「払い渋り」が行われているのが現実なのですから……。

■損保10社、「第三分野」不払い 金融庁、週内にも処分へ
3月13日16時8分配信 産経新聞


 金融庁は13日、医療保険や介護保険などの「第三分野」の保険金不払い問題で、東京海上日動火災保険など約10社に対し週内にも行政処分を下す方針を固めた。不払いの規模が大きかった東京海上日動などには、第三分野商品の販売停止など一部業務停止命令を出す方向で検討している。

 損保は大手6社だけで平成13年7月から18年6月までの5年間に約4400件、12億円以上の第三分野の不払いが明らかになるなど、多数の不払いが発生しており、金融庁では各社に不払いの状況を報告させていた。

 その結果、商品開発部門と支払い部門の連携不十分など、審査や支払い体制に不備があったと判断。東京海上日動には、第三分野商品の新規募集や商品認可申請などについて3カ月程度停止して、体制確立を促す方向で調整。日本興亜、あいおい損害保険に対しても一部業務の停止を命じるとみられる。

 第三分野商品に関しては、三井住友海上火災保険が昨年6月、販売停止を含む行政処分を受けたが、今年2月に処分解除されている。

 損保では第三分野以外でも、自動車保険の特約などの大量不払いが発覚。大手5社だけで32万件以上の不払いが明らかになっており、各社は今年2月~6月の完了を目指して社内調査を進めている。

最終更新:3月13日16時8分
  1. 2007/03/13(火) 19:36:24|
  2. ミカの日記

調書捏造事件

昨日は、都内で中学時代の同窓会があり、28年ぶりに懐かしい友達と再会することができました。卒業してからの長い年月、みんなそれぞれ自分の道を一生懸命歩んできたんだなあ、と思うと、なんだか胸がいっぱいになりました。
 次は、還暦祝い?? あなおそろしや。

 さて、昨日、ある被害者のご家族が、こんなニュースを送ってくださいました。 これは構造的な現象で、拙著「交通事故被害者は二度泣かされる」(リベルタ出版)に、千葉県警で起こったそっくりの事件についての記事が掲載されています。当事者にとっては絶対許せない行為ですが、こうした罪を犯した警察官個人を攻める前に、交通事故捜査のあり方を根本的に見直すことが必要だと思います。

■警官不祥事:警部補が事故供述調書など偽造 静岡県警
 交通事故関係者の供述調書などを偽造したり、未処理の事故を書類送検したように見せかけたとして、静岡県警は9日、運転免許課の男性警部補(43)を虚偽有印公文書作成容疑などで静岡地検浜松支部に書類送検し、同日付で懲戒免職にしたと発表した。当時の上司9人も本部長訓戒などの懲戒処分とした。

 調べでは、警部補は浜松東署と天竜署に勤務していた97年3月~昨年8月、5件の交通事故で容疑者や目撃者の供述調書や、実際にはしていない実況見分調書を偽造。10件の事故で事件処理簿に虚偽の日付を書くなどして、未処理なのに送検したように偽って報告した疑い。署長の決裁印を勝手に使い無断で送検した死亡事故もあったという。警部補は「未処理事件を上司に指摘されたくなかった」などと容疑を認めている。

 昨年8月に運転免許課に異動後は、資料を持ち帰り自宅机に隠していたが、翌9月に自賠責保険の調査員の問い合わせで不正が発覚した。【稲生陽】

毎日新聞 2007年3月9日 20時52分
  1. 2007/03/12(月) 20:13:33|
  2. ミカの日記

盲導犬の卵ちゃんの旅立ち

 本ブログでその成長を紹介させていただいてきた「盲導犬の卵ちゃん」、明日、いよいよ繁殖ボランティアさんのおうちを旅立って行くそうです。
 これが最新の「お散歩写真」です。見てください! こんなに大きくなっていたんですね~。

20070308175409.jpg


20070308175429.jpg


 これからたくさんの訓練を積んで、素晴らしい盲導犬に成長してもらいたいものです。頑張ってね!!

■一部の方に、9日(金)の「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で、交通事故被害者特集を放映するかも、とお話しましたが、来週以降に延期になりました。ご了承くださいませ。
  1. 2007/03/08(木) 17:58:55|
  2. ミカの日記

[ミスターバイク」4月号

「今日、母の葬儀だったんです……」
 つい先ほどかかってきた電話口の向こうで、若い男性は力なくそうつぶやきました。
 これまでたくさんのご遺族から電話やメールをいただいてきましたが、葬儀のその日に、私の本を見て連絡をしてこられた方は初めてで、思わず返す言葉が見当たりませんでした。
 事故の状況を聞く限り、今後乗り越えていかなければならない問題はあまりにも大きすぎるものでした。しかし、逃げることはできない……。本当に辛い現実です。

 さて、今月の「ミスターバイク」4月号には、柳原三佳の“タンデムトーク”が掲載されています。
 第6回目ゲストは、バイクショップ経営&二輪車安全運転指導員の山田穂子さん。彼女も辛い経験を乗り越えて、「今」を語ってくださいました。

(タイトル)

大好きなバイクと共に、最愛の息子の死を乗り越えて
日本中の道をPeaceRoad(ピースロード)に。

「思いやりの心が広がれば、 悲しい事故はなくなります」

(リード)
今年9月、群馬県の国道122号線で開催予定のイベント『ピースコミュニケーションプロジェクト』。ライダー同士がすれ違いざまに人差し指と中指を立てて交わす、あの「ピースサイン」を通して、悲惨な交通事故を1件でも減らそうというのが目的だ。この初の試みに挑戦したのは、夫と共にバイクショップを経営し、二輪車安全運転指導員の資格も持つ山田穂子さん。彼女は12年前、18歳だった息子をバイク事故で失った母親でもあった-------。
  1. 2007/03/05(月) 19:29:00|
  2. 柳原三佳の執筆記事

「保土ヶ谷事件」の特集がHPで見られます

 2月2日(金)に放映された「スーパーモーニング」(テレビ朝日)の特集が、保土ヶ谷事件のHPでご覧いただけます。
 交通事故のずさん捜査、日本の死因究明制度の問題が浮き彫りになっています。
 見逃した方は、ぜひご覧くださいね。

●保土ヶ谷事件の記録

http://www.independence.co.jp/police/hodogaya/
  1. 2007/03/04(日) 19:00:49|
  2. ミカの日記

「自動車運転過失致死傷罪」 法制審要綱案

我が家の周辺では、昨日からうぐいすが鳴き始め、庭に訪れる野鳥の数も日増しに増えてきました。
 娘がお弁当に入れておいたりんごを残してきたので、それを木の枝に刺しておくと、どうしてわかるのか、すぐに鳥たちが飛んできて、あっという間になくなってしまいました。今日はこれから、同じ木の枝にみかんを刺しておいてあげようと思います。

 さて、「自動車運転過失致死傷罪」がいよいよ創設されるようです。しかし、いつも主張していることですが、正当な捜査と情報開示の実現が先ではないかと思っています。今日も、冤罪かもしれない死亡事故の情報が私の元に寄せられました。
 皆さんはこの流れ,どう思われますか?

■「自動車運転過失致死傷罪」 法制審要綱案 最高刑7年
2007年03月01日10時38分

 法制審議会の刑事法部会は、「自動車運転過失致死傷罪」を創設する要綱案をまとめた。5日の総会で答申されれば、法務省は関連法案を国会に提出する。交通事故の刑事責任は従来、業務上過失致死傷(業過)罪で問われてきた。新たな罪の創設は、「だれでも加害者になりうる」という過失犯への刑のあり方の模索と、遺族や被害者側の「なぜこんなに刑が軽いのか」という声の高まりとのせめぎ合いの着地点だ。

 最高刑は懲役・禁固7年。業過致死傷罪の上限を2年上回る。業過罪の対象は医療過誤や機械の操作ミスなど幅広いが、最近は上限の5年に近い判決のほとんどは自動車事故だった。「危険運転致死傷罪」(死亡時懲役20年以下)が創設されたものの適用範囲は狭く、遺族側から業過罪の引き上げを求める声が強かった。

 刑法は故意犯の処罰が原則。本来は例外の過失犯をどう厳罰化するかをめぐり、浮上したのが業過罪から切り離す方法だった。法務省は「自動車自体の危険性や、事故は本人の行為に多分に負うという特性から、切り離すのは合理的だ」と判断。遺族側には10年以上の上限を求める声も強かったが「過失犯の枠組みの中で業過と2倍の開きを作るのは難しい」(法務省)。業過全体の位置づけを考え直す時間はなく、「緊急立法的な措置」として踏み切った。
  1. 2007/03/02(金) 09:53:25|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。