柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<酒気帯び運転>基準値…個人差大きく厳格化見送り?

出版業界にとってGW前の締め切り前倒し(GW進行)はかなり大変。GWに印刷所が止まってしまうので、締め切りが前倒しになるわけです。おまけに我が家は、娘の留学手続きでバタバタ……。まだしばらくこの忙しさは続きそうです。
 
 さて、昨日こんなニュースが流れました。
 皆さんどう思われますか? 低濃度とか、反応に個人差、とか、そんなことを論ずる前に、「飲んだら乗るな!」で押し通すべきではないでしょうか。低濃度でも、アルコールが出たら、即アウト、にすべきです。
 ただし、飲酒検知の方法はもっと科学的に、客観的に行われるべきだと思います。検知管をすりかえたり。濃度を書き換えたり、そんなことが簡単にできるようでは、何を決めたって無理だと思います。

<酒気帯び運転>基準値…個人差大きく厳格化見送り 警察庁
4月26日12時13分配信 毎日新聞

 酒気帯び運転に問われる基準値が適正か、検討を進めていた警察庁は26日、基準値未満の飲酒では個人差が大きく、ほとんど影響のない人もいるとして、当面は基準値の引き下げは行わない方針を固めた。しかし、「低濃度のアルコール摂取でも視覚刺激の反応がにぶくなる」との結果もあり、さらに研究を続けるとしている。


■私の元には、このニュースをごらんになった飲酒事故のご遺族・椋樹立芳さんから、早速怒り心頭のご意見がが寄せられています。ぜひ読んでみて下さい。

柳原様

 飲酒運転事故を撲滅することを目的に、関係機関が検討したり、また、有識者を集めて検討してきた結果が、この程度の理由で、酒気帯びの基準値の引き下げを見送るのか。幼稚園の子供の判断のレベル以下の決定である。

 飲酒事故をゼロ化を目指して運動してきた大勢の遺族等の願いを無にするもので、このような考えでは、飲酒運転事故は絶対に減少しない。その責任は誰が取るのか。
[<酒気帯び運転>基準値…個人差大きく厳格化見送り?]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/04/27(金) 09:00:00|
  2. ミカの日記

最高裁判決「故意立証は損保に」

 自動車保険金の支払いをめぐり、契約者にとっては画期的な最高裁判決が下されました。
「盗難は故意」「事故は偽装」「事故ではなく自殺」といった損保会社のよくある一方的な主張に歯止めがかかればなによりです。
 この裁判の原告の方には、「本当によく頑張ってくださいました、お疲れ様でした」と言いたいですね。

<車両保険訴訟>(4月17日12時31分配信 毎日新聞)

■盗難巡り故意立証は損保に 最高裁
 自動車が盗まれた際の保険金支払いを巡り、盗難の立証責任が損保会社とユーザーのどちらにあるかが争われた訴訟で、最高裁第3小法廷(上田豊三裁判長)は17日、「第3者に車が持ち去られた事実」はユーザー側に、「ユーザーが自分の意思で第三者に持ち去らせたかどうか」は損保会社に立証責任があるとの初判断を示した。その上でユーザー敗訴の2審判決を破棄し、審理を福岡高裁に差し戻した。従来の下級審判決に比べ、ユーザーの立証責任を軽減する判断で、同種訴訟に影響を与えそうだ。(社会面に解説)
 保険金支払いを巡っては、商法や損保契約の約款に「保険会社はユーザーの故意で生じた損害について支払う責任はない」との免責規定がある。高級車の盗難では自作自演の保険金詐欺もあり、従来の下級審判決は「自分の意思(故意)による持ち去りではないとのユーザーの立証が不十分で、偽装盗難の疑いがある」として、ユーザーの請求を退けることが多かった。
 第3小法廷は「ユーザーは持ち去りに関与してないとの立証責任を負わない」と指摘。損保会社がユーザーの関与を立証できず、裁判所もユーザーの意思による持ち去りかどうか不明と判断した場合、損保会社が敗訴することになる。
[最高裁判決「故意立証は損保に」]の続きを読む
  1. 2007/04/18(水) 07:34:13|
  2. ミカの日記

今月の「ミスターバイク」

 昨日は主人と共にオーストラリア大使館へ留学の認証手続きに行ってきました。オーストラリア領事が私たちのパスポートと顔を確認し、ハンコを押してくれるだけの手続きなのですが、英語でしゃべる必要もなく、ほっとしました(笑)。
 娘の出発まであと2週間。私も主人も締め切りの真っ最中で、気ぜわしい毎日です。
 さて、告知が遅くなりましたが、「ミスターバイク」5月号に、柳原三佳の記事が掲載されています。ぜひ読んでみてくださいね。

■新『一瞬の真実』 
(番外編)

今国会で刑法の一部を改正
「自動車運転過失致死傷罪」新設
さらに、改正後は、バイクも「危険運転致死傷罪」の対象に

しかし、本当に大切なのは「捜査の適正化」だ!

(リード)
飲酒、暴走など悪質運転者による死傷事故が相次ぐ中、大きな高まりを見せていた厳罰化運動。そんな中、法制審議会は「刑法の一部を改正する法律案」をまとめ、「自動車運転過失致死傷罪」の新設と、「危険運転致死傷罪」の対象範囲を二輪車にも拡大する案を今国会に提出することになった。「交通犯罪」の裁きは、この先どう変わるのか? ちょっと堅い話だが、ライダーの立場から、今回の改正ポイントをしっかりチェックしておこう。
  1. 2007/04/13(金) 14:32:42|
  2. 柳原三佳の執筆記事

桜も散り始め…

桜の花びらが、あちこちではらはらと舞っています。週末には束の間のお花見を楽しむことができましたが、夕方からは突然の雨になり、夜桜見物を中断せざるを得なくなった方も多いのではないでしょうか。

 さて、明日から高校の新学期が始まりますが、うちの娘は今月末から1年間、オーストラリアへ留学することになり、今その準備で大忙しです。
 今週は夫婦そろって大使館へ行ったり、いろんな手続きをしなければなりません。
 とにかく、英語が苦手な私は、いろんな英文の書類に目を通すだけでへとへとです。
 ただ、唯一の楽しみは、娘が留学中に最低1回は現地へ行って観光すること。そのとき、娘が通訳できるくらい英語が上達していれば、こんなに嬉しいことはないのですが……。
 さて、いったいどんな1年間になるのでしょうか。
 
  1. 2007/04/09(月) 16:50:12|
  2. ミカの日記

脳の“掃除屋”?

昨日は、ずいぶん前に取材したある事件の現場へ何年ぶりかで訪れました。今、その事件を題材に、シナリオを作成するという新しいジャンルにチャレンジしているのです。
 その事故現場は、以前とあまり変わっていませんでしたが、確実に時は流れ、当時36歳だった被害者の男性は、大きな障害を背負いながら、間もなく50歳を迎えようとしています。

 さて、今週の「週刊朝日」に私が書いた記事は、脳に大きな障害を負った被害者に対し、損保会社が「余命は10年」などとひどい主張をしているケースを取り上げたものでした。
 今日は下記のようなニュースが流れてきました。
 いつの日か、科学の進歩で治療法が見つかり、意識がよみがえるのでは……、という思いをかけて必死で介護をしている家族にとって、こうしたニュースは希望の光となります。命があってこそその希望はつながることを、損保会社にはよく認識してもらいたいものです。


■脳の“掃除屋”を活性化 九大と山梨大、物質発見

2007年4月5日 18時03分

 損傷した脳の神経細胞を除去する“掃除屋”の役割を担う細胞「ミクログリア」の活動を高める物質を、井上和秀九州大教授や小泉修一山梨大教授らの研究チームがラットで発見し、英科学誌ネイチャー(電子版)に5日発表した。

 この物質は、DNAの成分である塩基や糖から成る「UDP」と呼ばれる化合物。ミクログリアはアルツハイマー病や慢性疾患の神経因性疼痛などに関与しており、UDPでその活動を制御できれば、治療につながる可能性があるという。

 研究チームは、免疫細胞などの表面で細胞外からの情報を受け取っている「P2Y6」というタンパク質が、ミクログリアの細胞表面でも働いていることを発見。このタンパク質に結合するUDPをミクログリアに投与したところ、異物を食べて除去する働きが活発になった。

 井上教授は「損傷した神経細胞からは(周囲の細胞も壊してしまう)タンパク質分解酵素なども流れ出し危険。ミクログリアによる除去の引き金をUDPが引いているのだろう」と話している。
(共同)
  1. 2007/04/06(金) 13:57:42|
  2. ミカの日記

今週の「週刊朝日」

 先週の金曜日は、「スーパーモーニング」に出演するため、早朝にお迎えの車がやってきました。
 年度末で渋滞を予想していましたが、あっという間に都内に到着。あまりに早く着いたので、運転手さんがちょっと遠回りして、桜のスポットを走ってくれました。
 自宅の近辺はまだ全然咲いていないのに、都内はどこもかしこも満開!! 朝から青山墓地の桜のトンネルをくぐりぬけたりして、しばしのお花見を楽しむことができました。
 で、翌土曜日、「まだこのへんは三分咲きやろ~?」と渋る主人を「都内は満開だから、千葉も今日は咲いているわ、絶対に」と説得し、「昭和の森」という大きな自然公園へ……。
 ところが、標高が少々高いせいもあってか、主人の言うとおり。花はまだほとんど咲いていませんでした~~。
 同じ関東地方でもこんなに開花時期に差があるんですね。仕方がないので、近所の美味しい讃岐うどん屋さんが開店するまでドライブし、しこしこうどんを味わって帰ってきました。
 結果的に、「花よりうどん」でした。

 さて、本日発売の「週刊朝日」(朝日新聞社)に、柳原三佳執筆の記事が掲載されています。

■追及 保険会社の”超払い渋り”

「植物状態なら早く死ぬ」と、保険金カット
 二重に傷つけられる交通事故被害者

(リード)
損保会社による大規模な「不払い」が相次いで発覚。業界の「払い渋り」体質が指摘されている。さらに、こんな実態があるのをご存知だろうか。交通事故で「植物状態」になった被害者の”余命”を短く見積もって、数千万~数億円の保険金を払い渋る事例が多く、被害者を二重に苦しめているのだ。

 とても深刻な問題です! ぜひ読んでみてくださいね。
  1. 2007/04/03(火) 13:59:36|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。