柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サンデープロジェクト『自賠責保険の実態』(1998年放送)

ちょっと古いですが、1998年に出演したサンデープロジェクトをアップしまし
た。
10年前の「自賠責保険の実態」(今もそれほど変わっていませんが)をご覧くださ
い。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/28(水) 14:16:37|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

澤野事件高裁判決後のテレビ画像アップしました!

『澤野事件』(大阪)の第2回目放送分をアップしました。
「スーパーモーニング」(テレビ朝日・2008.4.11)、高裁判決後の特集です。
ぜひご覧くださいませ。

澤野事件動画
  1. 2008/05/28(水) 14:01:48|
  2. TV・講演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーパーモーニングに出てきました

 今朝は5時45分に自宅を出発し、TV局へ。8時30分からの『シリーズ交通事故被害者 もう泣き寝入りはしない!』に出演してきました。
 自宅に帰ると、早速、たくさんのメールが入っていました。
 ご自身と息子さんが闘って、必死で冤罪を晴らしたという方からも切実な体験記が送られてきました。
 また、先ほどは、お嬢さんを事故で亡くされたお父さんから、下川さんと連絡をとりたいというメッセージが入ったところです。
 以下は今日送ってくださったメールからの抜粋です。この方々も、ご家族が事故にあって苦しまれた体験をお持ちです。

 みなさん、メッセージありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------
 
柳原三佳さん出演のテレビ朝日「シリーズもう泣き寝入りはしない」を見ました。
改めて警察や司法の無責任さや社会システムの限界を知りました。
 
停車中の車にバイクが後ろから追突しバイクの青年が亡くなったとされた事件。
実は車の方がバイクを追い越し前に無理に割り込んでの衝突が真実あると、
父親の下川さんは科学的な証明をもって闘っております。しかし裁判所は矛盾
だらけの事故調書を採用し続けるという呆れたものです。
 
 息子さんの無念を晴らす為10年にも渡って闘い続けております下川さんご家族
の信念に敬意を表すると共に、こんな司法や行政の無責任な行為を許して良いのか
と強く思います。

-------------------------------------------------------------------------

 つい今りしがた、テレビ朝日に偶然チャンネルを合わせましたら、下川正和さんのreport 番組でした。
 長期に渡り、下川さんの涙ぐましい限りのご努力、社会的な意義の深い柳原さんの追求レポート。
 下川さんはかけがえの無い大切な大切な息子さんを悲しい事故で亡くされたことを先ず、心より
 お察知申し上げます。、
 その後の分析追求で私がお役に立つかどうかわかりませんが以下のような体験をもっております。
 (後略)

---------------------------------------------------------------------------

私も見ました。
始まってすぐ「今、警察捜査のこと放送してるよ!」と知人2人から
電話がありました。うちの裁判のことも知ってるのでこの頃は皆、
警察捜査や捏造や裁判などに関心を持ち、‘目覚めた’ようです。

交通事故は身近であって身近でない。遭って初めてその実態が
わかるものです。まだ事故に遭ってない一般市民は「交通事故
なんて関係ない」ではなく「こんなことがあるんだ」と知っておかないと
事故に遭ってからでは遅いのです。それくらい「いい加減な捜査」は
蔓延しているのではないかと思います。放送の力は大きいので
社会の力になっていくと思います。
  1. 2008/05/28(水) 12:32:23|
  2. TV・講演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日、「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で『下川事件』放映です

 告知が遅くなってしまいました。
 明日、5月28日朝、「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で、『下川事件』(熊本で起こったバイクと乗用車の死亡事故)を特集します。
 この事件、一昨年にも特集したので、覚えておられる方もいらっしゃると思います。
 事故から10年経ちましたが、ご両親は今も真実を求めて、東京地裁で二度目の民事裁判を闘っておられます。
 放映はAM8:30頃からです。
 私も明日は、スタジオへ行きます。
 ぜひご覧くださいね!
  1. 2008/05/27(火) 21:50:45|
  2. TV・講演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柳原三佳のドキュメンタリー・動画アップしました!

 すでに告知しましたが、今日から「週刊現代」で連載がスタートしています。
 また、今夜は「示談交渉人裏ファイル」のドラマです。皆さんぜひご覧くださいね!
 
 さて、今日はお知らせです。
 柳原三佳のHPの中の、「柳原三佳のプロフィールのページに、8年前に放送された、柳原三佳の活動を追うドキュメンタリー「活人生活」(被害者の側に立って)の画像がアップされました。(約30分)。
 今、高3の娘がランドセルを背負っている、懐かしい映像です。
 また、VTRのなかでは、当時のミスターバイク編集長、週刊朝日副編集長、北海道交通事故被害者の会の前田代表、そしてなんと警察庁の方まで登場して有り難いコメントをくださっています(うちの主人も登場してます)。
 ただし、登場される方々の肩書きや役所名などは、2000年当時のものです。それをご了承の上、ご覧くださいね。
 VTRの最後の最後に、私の小さな仕事部屋が映るのですが、そこまで見てくだされば、私が誰のファンか、おわかりいただけるでしょう!
(ちなみに、あのポスターは、たばこ屋さんのおばさんに頼んで、はずすときにいただいたものなんですよ~~)
 うちの主人は、そのポスターの人物と身長&体重&足の長さはほぼ同じなのですが、顔だけは全然違うんですよね~~。まあ、主人にも同じようなことを言われておりますが(笑)。
 それにしても、あの取材から8年たちましたが、交通事故を取り巻く状況はあまり改善していないように思います。
 来月、6月13日には、朝日新書から「自動車保険の落とし穴」(600円)という新刊を出版しますので、ぜひぜひ読んでみてくださいね!
  1. 2008/05/26(月) 12:01:15|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日から「週刊現代」(講談社)で「葬られた”変死体”事件簿」連載スタート!

 明日から「週刊現代」(講談社)で、「葬られた”変死体”事件簿」の連載をスタートします。

 第1回目は、和歌山県のご遺族を取材しました。

和歌山・中3男子「怪死」事件
「いじめを受けていた15歳息子の死を 
警察は検視すらせずに『自殺』と断定した」


「警察は息子の遺体も見ず、写真の1枚も撮らず、どうやって飛び降り自殺と判断したのでしょう。私たちはこの残酷で冷血な警察の言動や行動を忘れる事ができません」
そう語るのは、和歌山市で自転車店を営む丸谷光生さん(52歳)、るみさん(50歳)夫妻だ。………

 続きはぜひ記事を読んでみてください。
 全国各地のご遺族とともに、日本の死因究明制度のおかしさを訴えていきます。

 
  1. 2008/05/25(日) 17:04:23|
  2. 柳原三佳の執筆記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月26日(月) 「示談交渉人裏ファイル パート6」ドラマです!

 明日、26日夜、TBSミステリー劇場で、おなじみ「示談交渉人甚内たま子裏ファイル」が放映されます。
 このドラマの原作は、「示談交渉人裏ファイル」(柳原三佳・浦野道行著)です。この機会に、本のほうもぜひ読んでみてくださいね!

■示談交渉人甚内たま子裏ファイル⑥5月26日(月) よる9時

 渡辺えりのはまり役第6弾!! 高速道路で起こった事故、複雑に絡み合う人間関係。上司・勝田と協力しあって、人情ある解決を目指すたま子、今回はいかに!?

みどころ

 たま子が勤める大日東保険損害調査部の部長・勝田が乗っていた同級生の車が事故に!どうやら警察は、勝田たちの乗った車がスピードを出し過ぎて、前方不注意で前の車にぶつかったと見ているようだ。怒り狂う勝田、真相を探るたま子。 調査が進み、真相に近づく度に新たな謎が! 高速道路で起こった事故に、人間関係が複雑に絡み合う。前回から登場した、たま子の新しい同僚・宇梶剛士とのコンビネーションも冴え渡る渡辺えりの人気シリーズの第6弾。いつもは保険金を出したがらない保険会社の上司・勝田と協力しあって、人情ある解決を目指すたま子。今回はいかに?

内 容

 甚内たま子(渡辺えり)が勤める大日東保険損害調査部の部長・勝田(小野武彦)は、高校時代の同窓会に参加するため、同級生の吉岡(小野寺昭)と伊豆の温泉地へと向かっていた。蕎麦屋を営む吉岡は、商売でも使用しているワゴン車に蕎麦打ち道具一式を持ち込み、勝田を助手席に乗せて運転をしていた。吉岡の店の写真を見ようと、助手席に座っている勝田が吉岡の携帯をいじっていると、急ブレーキがかかる。高速道路の第3車線を走っていた白い乗用車が、中央分離帯にぶつかり急停止した。そして、その車体後部に吉岡が車で衝突してしまったのだ。
 勝田はかすり傷で済んだものの、吉岡の意識が戻らない。白い車の運転手・北村(かなやす慶行)は即死。どうやら警察は、勝田たちの乗った車が無理な追い越しをしようとスピードを出し過ぎて、前方不注意で前の車にぶつかったと見ているようだ。つまり、吉岡が加害者ということになっていた。このままでは、事故の全額損害賠償を吉岡が払うことになってしまう。勝田は、そんなのデタラメで、悪いのは「白い車とぶつかった赤いスポーツカーだ!」と言い、赤いスポーツカーを捕まえることを宣言する。
 早速、聞き込みを始めるたま子、住倉(宇梶剛士)。北村の通夜に訪れ、北村の妻・千晶(いとうあいこ)に挨拶をするたま子たちに、なぜか千晶は事故当時、北村は一人だったのかと尋ねる。そして、北村家から出てきたたま子たちの様子を往来に停めた車の中から見ている男の姿が…。
 たま子が再び千晶と会うと「北村が死んだのは自業自得」と言い、さらに、たま子たちの様子を見ていた男が、千晶と千晶の母親を捨てて消えた父親・汐見(山本圭)だということなどを知るとに。
 調査が進むなか、吉岡の意識が戻った。そんな吉岡は、事故に遭ったとき目にしたドクロマークを探すことに…。
 調査が進み、真相に近づく度に新たな謎が! 高速道路で起こった事故に、複雑に絡み合う人間関係。
 前回から登場した、たま子の新しい同僚・宇梶剛士とのコンビネーションも冴え渡る渡辺えりの人気シリーズの第6弾。いつもは保険金を出したがらない保険会社の上司・勝田と協力しあって、人情ある解決を目指すたま子。今回はいかに?
  1. 2008/05/25(日) 15:15:25|
  2. TV・講演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

去年の今頃は……

 ここ数日、綱渡り状態で仕事をしています。
 出張から帰ってきて、毎日ほとんど座りっぱなしなので、体が固まってしまいそうです。
 最近の気分転換といえば、庭へ出て絹さやを収穫することかな?
 さっとゆでたり、バターで炒めたり、娘のお弁当に彩りを添えたり、この時期、絹さやは大活躍です。
 とにかく採りたてはおいしいですよね~。
 
 そういえば、去年の今頃は、オーストリアにいました。
 いちばん思い出に残っているのは、ホイリゲで生演奏を聞きながら、ワインを味わったことかな?
 いや、アウトバーンでネズミ捕りにひっかかったこと??
 オペラ座でオペラを鑑賞したこと??
 とにかくいろいろあった珍道中でしたが、ほんとに、あっという間に1年って経ってしまうものですね。
 明日の夜は束の間の休息。
 「鼓童」のライブに行ってきま~~す!! 楽しみだなあ。

  1. 2008/05/22(木) 00:07:35|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

強行軍

 一昨日から出張していて、今夜は宮崎のホテルでパソコンを打っています。
 今回の取材旅行は、かなりタイトで、ハードでした。

 15日の朝、千葉の自宅を出発して羽田空港へ。
 羽田空港から関西空港へ。
 関西空港からバスで和歌山へ。
 和歌山で取材を終えると、今度は新大阪経由で名古屋へ。
 名古屋で取材を終え、そのまま岐阜へ。
 岐阜で宿泊し、16日の朝は「水谷事件」の裁判を傍聴するため、名古屋高裁へ。
 今度は、セントレア空港へ移動し、そこから宮崎空港へ。
 宮崎空港でレンタカーを借り、都城市で取材。
 その後、宮崎市内へ戻り、宿泊。


 とまあ、こんなかんじです。
 それにしても、2日間でよくこれだけ回れたものだと、自分でも驚いています。

 しかし、何より驚くのは、今回訪れた全ての場所に、事故や事件の処理に納得できない人たちがいるということです。
 ちなみに、今日お会いしたご遺族は、息子さんの死から13年たっても、闘い続けておられるのです。
  1. 2008/05/17(土) 01:51:34|
  2. ミカの日記

自民主催の死因究明制度の勉強会を発足

 来月出版予定の本の校正と、近々連載予定の記事の取材などで、時間にゆとりがない毎日です。
 ブログもなかなか書けませんでしたが、5月10日には久米宏さんの番組(TBSラジオ)に千葉大学の岩瀬博太郎教授が生出演され、私たちの共著『焼かれる前に語れ」(WAVE出版)を大きく紹介していただけました。
 本を出してから半年が経ちましたが、ますます注目を浴びていて嬉しい限りです。

 そんな中、死因究明問題については、国会も本格的な動きに乗り出しました。
 今日は第一回目の会合で、岩瀬教授が講師を勤められます。
 私もこれから傍聴取材に出かけるところです。
 司法解剖の現場から、日本国民にとって重要な問題提起がなされることでしょう!

■衆院法務委員で「死因究明」勉強会、力士暴行死など受け

 大相撲・時津風部屋の力士暴行死事件などを受け、衆院法務委員会は13日、理事懇談会を開き、下村博文委員長(自民)主催の死因究明制度の勉強会を発足させた。14日に初会合を開く。党派内や議員有志の勉強会とは異なり、委員会活動の一環と位置付けており、全委員に参加を促す異例の取り組みになるという。

 超党派の立場から見直し論議を加速させる必要があると判断した。

(2008年5月14日03時09分 読売新聞)
  1. 2008/05/14(水) 06:43:36|
  2. ミカの日記

NHK『ナビゲーション』動画アップ

 4月18日に出演したNHKの死因究明特集を柳原三佳のHPにアップしました。
 ぜひ見てくださいね!
  1. 2008/05/08(木) 20:19:22|
  2. ミカの日記

「ミスターバイク」6月号

 GWもあっという間に終わってしまいました。
 我が家には、奈良から私の妹の家族(5人+犬1匹)、同じ県内に住む主人の姉の家族(3人)、そして、私の母とうちの家族3人が大集合し、いただいた新鮮なお魚を握り寿司にしたり、焼き物にしたり、最終日には庭でバーベキューをしたりして楽しみました。
 子供たちのために、庭でテントを張ってやったら大喜び。私も久しぶりに姪っ子や甥っ子とともに童心に帰ってはしゃぎました。
 また写真をアップしたいと思います~!

 今月の「ミスターバイク」に、柳原三佳の記事が載っています。
 とはいえ、今回の記事は、記事とはいえませんが……。
 まあ、国会の会議録の最新情報がばっちり掲載されているので、ぜひ読んでみてくださいね。

 さて、これからまた打ち合わせで都内へ出発です。

■新『一瞬の真実』 

取材・文/柳原三佳

詳細速報! 愛媛&高知の白バイ事件 ついに国会で追及

警察が当事者の事故は第三者機関が監視すべき?

「不祥事はマスコミに騒がれて初めて不祥事となる」!??
警察の驚愕内部文書も大公開

(リード)
4月11日、国会・法務委員会で、本誌が追及を続けている2つの白バイ事件が取り上げられた。国に対して鋭い質問を浴びせたのは、「交通事故問題を考える国会議員の会」の事務局長でもある、民主党の細川律夫衆議院議員。警察は身内の不祥事にどう対応しているのか? 
警察庁に続き、鳩山法務大臣も苦しげに答弁した。その模様をお伝えしよう。神奈川県警の“訓示”のくだりは必見だ!
  1. 2008/05/07(水) 13:46:07|
  2. 柳原三佳の執筆記事

置き去りにされる被害者

 来月出版予定の本は、交通事故や自動車保険に関するものなのですが、執筆に当たって、これまでに取材してきたさまざまな事件を振り返ると、本当に理不尽なことがなんとたくさん起こっていることかと、あらためて愕然とします。

 そんな中、交通事故後遺障害者家族の会の会員さんより、NHKの特集のことを教えていただきました。
 下記のHPで、TVの録画が見られます。
●NPO法人 交通事故後遺障害者家族の会
http://koisyo.com/koisyovideo/

 私も早速見させていただいたのですが、自賠責保険がこうした被害者を事故の後遺障害と認めないという事実を知り、10年前にこうした問題を「週刊朝日」で告発したときと、何も変わっていないのだなと怒りを覚えました。

 置き去りにされている被害者が、あまりにも多いと思いませんか……。
  1. 2008/05/01(木) 18:04:05|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。