柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「見せない」が前提だからできる「捏造」

 またしても、こんな事件が発覚しました。
 こういう不祥事は、調書の早期開示が実現すれば、やりたくったって無理でしょう。
 でも、ちゃんと逮捕して「おわび」をした新潟県警の対応はまだましだと思います。
 明らかに調書が捏造されているのに、それを放置したまま、「捏造はありえない」と突っぱねる警察も少なくないからです。

 最高裁で棄却された、高知の白バイ死亡事故、また、以前取材させていただいた、大阪の「澤野事件」などがその象徴的な事件です。
http://www.mika-y.com/info/sawano.html
 高知の事件ではスリップ痕が怪しいし、澤野事件では、目撃者の調書が、完全に捏造されているのですが……。


●調書偽造の警部補を逮捕 事故を早期に処理のため

 新潟県警の警部補が交通事故調書などを偽造していた問題で、県警捜査2課は28日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、五泉市大川前、交通企画課警部補、熊倉政彦容疑者(41)を逮捕した。動機は交通事故を早期に処理するためで、余罪は30-40件に上るという。

 調べによると熊倉容疑者は平成13年9月から18年3月まで小出署、18年3月から20年3月まで秋葉署に勤務し、交通事故事件捜査を担当。小出署に勤務していた17年11月、管内で発生した軽傷事故の捜査で、虚偽内容の供述調書2通を同12月ごろに作成するなど、計3件の軽傷事故で供述調書や実況見分調書など9通を偽造した疑い。

 同日、県警本部で会見した池田宏警務部長は「誠に遺憾。関係者の方々および県民の皆様の信頼を損ねたことに対し、深くおわび申し上げる」と陳謝。「他の職員に比べて業務上の過重な負担はなかった。交通違反切符の偽造などの余罪については、今後の捜査で明らかにしたい」と話した。

8月29日7時50分配信 産経新聞

スポンサーサイト
  1. 2008/08/29(金) 20:01:18|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死因究明「異状死の解剖率を2倍に」、衆院委が法相に提言書

 昨日、ついに提言書が提出されました!
 取り急ぎ、それを報じたニュースをアップします。

●死因究明「異状死の解剖率を2倍に」、衆院委が法相に提言書

 衆院法務委員会(下村博文委員長)の超党派議員団が28日午前、保岡法相と会い、異状死の解剖率の低さなどが問題となっている死因究明制度の改革を訴える提言書を提出した。

 保岡法相は「死因究明対策をどうするか、政府一体で考えていく必要がある。まずは(進め方や手順を整理する)ロードマップやプログラム法などをつくり、改革に向けた道筋をつけていくべきだ」と述べ、抜本改革に前向きな姿勢を示した。
 制度見直しをめぐっては、解剖医らでつくる日本法医学会も年内に提言を国に示す方針。今後、制度改革の動きが本格化しそうだ。

 提言書は、死因不明の全死者に対し、解剖や薬毒物検査などが適正に行われる体系的な新制度の創設が必要だとし、当面の目標として、異状死の解剖率を5年後に現在の2倍の20%(年間3万件)とすることを掲げ、審議会の設置などを求めている。

 同委員会は5月から、全委員を対象にした異例の勉強会を設置するなどして現状の問題点を洗い出し、7月に死因究明先進国とされるスウェーデンを視察した下村委員長らが提言書をまとめた。

(2008年8月28日12時55分 読売新聞)
  1. 2008/08/29(金) 13:56:53|
  2. 検視・司法解剖問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

NEWS 衆院法務委が死因究明改革提言へ!

 ニュース速報です!
 かねてから問題提起してきた「死因究明制度改革」の必要性。
 明日、下記の提言が法務大臣に提出され、具体的に制度改革に向けて動き始めることになりました。
 これまで、声を上げてくださったたくさんのご遺族、そして現場で頑張ってこられた法医学者や国会のみなさんに敬意を表したいと思います。


●異状死解剖「5年で倍増」、衆院法務委が死因究明改革提言へ 

 異状死の解剖率の低さなどが問題となっている死因究明制度について、衆院法務委員会の超党派議員団が制度改革を求める提言をまとめ、28日に保岡法相に提出する。

 異状死の解剖率を5年後に2倍の20%(年間3万件)となるよう体制を整備することや、新制度創設を検討する審議会の早期設置を盛り込んだ。

 提言は下村博文・法務委員長(自民)と与野党筆頭理事ら5人連名となっている。死因究明制度の役割について、「犯罪見逃しを防ぐだけでなく、国民の健康と安全の確保、事故の再発防止などまで幅広い」と強調。

 事件性の有無で所管官庁が異なるなどの現行制度に対し、死因不明の全死者について、解剖、コンピューター断層撮影法(CT)、薬毒物検査などが体系的に行われる制度を新設する必要があるとした。

 欧米の多くが50%以上という異状死解剖率に対し、まず現状を倍増する目標を掲げ、〈1〉法医学の専門教育を受けた刑事調査官(検視官)の増員と警察官の検視能力の向上〈2〉大学の法医学教室の予算確保と専門家の育成――など早急な現行制度の運用見直しを提案。

 並行して抜本改革の検討を求めている。

 法務委員会は5月から委員長主催で全委員を対象にした勉強会を開くなど異例の対応で提言をまとめた。政府は昨年12月に法務、厚生労働など4省庁で改革のための検討会議を設けたが、作業は進んでいない。

(2008年8月27日14時33分 読売新聞)
  1. 2008/08/27(水) 15:04:48|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日~明日の「イブニング5」(TBS)で死因究明問題特集

 本日午後5時30分頃から、TBSの「イブニング5」という報道番組で、死因究明問題が特集されます。
 先日「週刊現代」(講談社)で連載した「変死体事件簿」にご登場くださったご遺族が、取材に応じておられます。
 みなさま、ぜひごらんください。

●「イブニング5」(TBS) 17:30~

「息子は自殺ではない!」
死因不明社会ニッポン
真相求める両親の思い



 さらにお知らせです。
●7月23日に「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で放送した「白倉事件」(北海道)が、無事に動画アップ完了しました!
http://www.mika-y.com/info/sirakura.html

 ずさん捜査に立ち向かい、真実究明に取り組む白倉さん夫妻の闘い、そして、実況見分調書の早期開示に関する国会質問の模様も、このVTRの中で紹介されています。
 大変重要なテーマですので、みなさん、こちらもぜひご覧下さい。
  1. 2008/08/27(水) 12:58:01|
  2. TV・講演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「下川事件」(熊本)東京地裁判決

 今日から娘の高校もスタートし、我が家の夏休み気分も終わり。また、早起きしてお弁当作り……り……、という生活が戻ってきます。
 とはいえ、朝のお弁当作りも、あと数ヶ月で終わってしまうんだなあと思うと、なんとなく寂しいものです。(いや、ひょっとすると進学してもまだ続くかもしれませんが??)

 さて、昨日は、ずっと取材を続けている「下川事件」の判決がありました。
 この事件は、今年5月28日の「スーパーモーニング」で特集し、その2日後、国会でも取り上げられて話題になりました。
 日本一週ツーリング中だったライダーと、乗用車の衝突死亡事故。警察はバイクの一方的な追突事故として処理をしましたが、遺族は納得できず、ずっと事故の真実を追い続けてきました。
 そして、実況見分調書に貼付されている写真が、事故直後に撮られたものではないのではないか? という疑惑が浮上したのです。

 今回の裁判では、遺族が、
『熊本県警が虚偽の実況見分調書を作成したため死亡した息子に一方的な過失が問われ、精神的苦痛を被った』
 として熊本県を相手に損害賠償を求めていたのですが、8月25日、結果的に東京地裁は遺族の訴えを全て退ける判決を下しました。

 父親の下川正和さんは、昨夜、こう語っておられました。
「残念な結果ですが、これが現実です。裁判官にはこちらが出した客観的な証拠に対して具体的な理由を示した上で否定してもらいたいものです」
 そして、即日、控訴の意向を明らかにされました。

 つい先日最高裁で棄却された「高知白バイ事件」の片岡さんも、同じ気持ちでしょう。
 客観的な証拠を出しているのに、なぜ裁判官はそれを見ることも、検証することもせず、結果ありきの判決文を作文するのでしょうか?
 連続の裁判結果に、夏の疲労が噴出しそうです!
  1. 2008/08/26(火) 11:35:21|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バースデーメッセージ!

 さて、今夜は、某ナイスミドルから届いたバースデーメッセージをご紹介しましょう!
 差出人のYさん(YはYでも、主人ではありません!!)、今まで何人の美女を泣かせてきたんでしょうね~~(笑)。
 Yさん、短歌つきの素敵なメッセージ、ありがとうございました。

*****************************************


三佳さん

今日早朝のNHKラジオで、本日の誕生花は「なでしこ」と言っていました。

花言葉は「純愛」だそうです。

真におめでとう御座います。

なでしこ「撫子」で、なでたくなる様な可憐な花と言うことです。

この時期に咲きますが季語は秋なんです。

なでしこに因んだお歌が沢山あります


「草の花は、なでしこ。
唐のはさらなり、大和のもいとめでたし」
清少納言(せいしょうなごん) 枕草子

「野辺(のへ)見れば 撫子の花 咲きにけり
わが待つ秋は 近づくらしも」 万葉集

「わが屋戸に まきし撫子 いつしかも
花に咲きなむ なそへつつ見む」
大伴家持 万葉集

「うら恋し わが背の君は 撫子が
花にもがもな 朝な朝(さ)な見む」
大伴池主 万葉集

「久方の 雨は降りしく 撫子が
いや初花に 恋しきわが背」 大伴家持 万葉集
  1. 2008/08/25(月) 00:36:06|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高知白バイ事件、スクールバス運転手の上告棄却

 高知で起こったスクールバスと白バイの衝突死亡事故。
 私は『フライデー』や『ミスターバイク』、『冤罪ファイル』で、この事故のことをずっと記事にしてきました。
 テレビでも度々特集しているのでご存知の方も多いと思います。
 スクールバスの運転手をしていた片岡さんは、
「バスは右折待ちのため停止していた。急ブレーキはかけていない」
 と無罪を訴えてきましたが、最高裁は上告を棄却。ついに片岡さんは収監されることになります。
 詳しくは下記の、支援者の方々のブログをご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/730065.html

 この事件の警察・検察の捜査、そして裁判所の判断には、どうしても納得できないことがあります。
「急ブレーキをかけたというなら、バスの中に乗っていた大勢の生徒たちは、そのときどうなったのか?」
 裁判官はそのことを検証する気はなかったのでしょうか?
 この点については、私なりに今、まとめているところですが、いったい、裁判って? 最高裁ってなんなんだろう? というのが、今回の速報を聞いたときの第一印象でした。

 下記は、片岡さんのブログです。
 このブログの開始月(2007.11月)の書き込みに、「フライデー」の記事に関するご本人の感想が書かれています。
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954
 実は、片岡さんからSOSの連絡をいただいていたのは、これよりもっともっと前だったんです。さまざまな事情があり、すぐにマスコミ報道できなかったのですが、もっともっと早く、各メディアがスクラムを組んで動いていれば、もう少し違う展開もあったかもしれない、そんな気もします。
 なくなられた白バイ隊員のご遺族も、お辛い思いをされてきたと思います。ご遺族には何の罪もありません。警察が納得の行く捜査をし、裁判官もきちんと判断していれば、こんな結果にはならないはずです。
 しかし、私はあえてはっきり言いたいです。
 この事件は「冤罪」です。大変なことがこの国で起こり続けています。

■春野の交通死亡事故:バス運転手の実刑確定へ 最高裁が上告棄却 /高知
8月23日17時2分配信 毎日新聞


 春野町(現・高知市)でスクールバスを運転中に白バイと衝突し、県警交通機動隊員(当時26歳)を死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた仁淀川町森、無職、片岡晴彦被告(54)に対し、最高裁第2小法廷(津野修裁判長)は20日付で上告を棄却する決定を出した。禁固1年4月の実刑とした1、2審判決が確定する。片岡被告は無罪主張していた。
 1、2審判決によると、片岡被告は06年3月、スクールバスを運転して国道脇の駐車場から出た際に安全確認を怠り、右から進行してきた白バイと衝突し、隊員を死亡させた。【北村和巳】(8月23日朝刊 )

*昨日は『アクセス集中』との表示で、自分もブログを開くことができない時間帯があり、書き込むのが遅くなってしまいました。すみません
  1. 2008/08/24(日) 07:09:22|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ホームページに「スーパーモーニング」の最新特集をアップしました

 今日は『秋』を思わせる、涼しい風が、ときどきですが吹いていますね。
 我が家の周りの田んぼでは、早くも稲刈りが始まっています。
 昨夜は、突然の雷雨があり、その影響で一時停電してしまいました。
 ちょうどそのとき、一生懸命打っていた原稿がパアになり、今日は朝からパソコンの中を探してみたものの、結局消えてしまっていることが判明。がっかりして今また必死で打ち直しています。
 原稿の締め切りがたまっているのに(いくつか締め切りを過ぎているものもあり……)、本当に運が悪いものです。

 さて、今日はHPに新しいVTRアップのお知らせです。
 柳原三佳のHPのトップページに、7月23日に「スーパーモーニング」(テレビ朝日)で特集した『白倉事件』(北海道)をアップしました。(すみません、今ちょっとエラーが出ている模様です??)
http://www.mika-y.com/
 中学生のお嬢さんを亡くされたご両親が、事故の真実を追求して、必死で闘ってこられた記録です。
 見落としたという方はぜひご覧下さいね。
 また、この日の放送では、実況見分調書早期開示の必要性を取り上げ、5月30日の国会の模様も入っています。
 下記のページでは、その部分をコンパクトに編集し、国会会議録と共に紹介していますので、ぜひご覧下さい。
http://www.mika-y.com/journal_n/journal.html

 そうそう、今日は私のバースデーなんです!!
 それにしても、いったいいつの間に、こんなに年を重ねたのやら??
  1. 2008/08/22(金) 15:45:49|
  2. TV・講演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「冤罪FILE」NO.3 2008.9月号

 17日(日)の夜は、我が家の近くにある千葉県立東金病院の夜間救急外来で密着取材をし、医療現場の過酷な状況と地域医療崩壊の現状を目の当たりにしてきました。
 その模様を綴った記事は、私も参加しているNPOの下記のブログに掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

NPO法人地域医療を育てる会

 さまざまな書籍やTVの特集などで、「医療崩壊」という言葉は耳にしていましたが、実際にここまで来ているというのは、現場を見て初めてわかりました。
 医師不足は深刻です……。

 さて、話は変わりますが、今月発売の「冤罪file」に、柳原三佳の記事が掲載されています。
 
シリーズ 交通裁判 第二弾
「被告人」との往復書簡

熊本/岡山 交通冤罪事件簿
当事者不在で作られた実況見分調書


 冤罪を訴え続ける、二人の方のケースを取り上げました。
 ぜひ読んでみてくださいね
  1. 2008/08/19(火) 20:43:25|
  2. 柳原三佳の執筆記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「ミスターバイク」9月号(モーターマガジン社)

 ちょっと時間がたってしまいましたが、オーストラリア・メルボルンの取材から無事に戻ってきました!
 ひんやりと過ごしやすかった南半球から灼熱の北半球に戻り、成田空港にたどり着いたときは、あまりの熱気に「なにこれ~~」と叫んでしまったほどでした。
 連日の猛暑には、ホント、へとへとになってしまいますね。

 さて、しばらくブログをお休みしている間に、いろんな記事の告知が滞ってしまいました。すみません。
 とりあえず、今出ている記事などを順次アップしていきますので、まだ本屋さんに並んでいたら、ぜひ読んでみてくださいね。

 まずは、毎度おなじみの、「ミスターバイク」連載です。


■「ミスターバイク」9月号

新『一瞬の真実』 番外編

警視庁白バイ隊員から高校生2年生への暑いメッセージ
「スピードではなく、制動の名人になれ!」
学校のグラウンドで砂煙を上げての白バイ急制動実験に歓声が!


(リード)
7月14日、東京都立町田工業高校で、高校2年生を対象とした「交通安全教室」が実施された。講演の目的は、バイク事故による被害や後遺障害の実態を知り、安全に対する意識を高めること。そして、バイクの安全運転技術や、巻き込まれやすい事故の発生メカニズムを知り、事故防止に役立てること。「バイクに乗るな」とただ禁止するのではなく、「安全にバイクに乗るためにはどうすればいいか」を教えることの大切さを、身をもって体感できた1日だった。

  1. 2008/08/16(土) 15:37:34|
  2. 柳原三佳の執筆記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メルボルンより

 昨日から、死因究明関連の取材でオーストラリア・ビクトリア州のメルボルンに来ています。 
 VIFMという施設で、死因を究明するための特別な法廷や、解剖室など、さまざまなセクションを見学し、解説をしていただいています。
 それにしても、人の死に対する取り扱われ方というのは、国が変わるとここまで差が開くのでしょうか……。
 この驚きは、ぜひどこかで記事にしたいと思っています。

 さてさて、出発前には、真冬のオーストラリアは寒いよ~~、といろんな方から驚かされていましたが、実際に到着してみると、ちょっと涼しいかな? という程度で、まったく「寒い」という感じはありませんでした。
 ひんやり涼しい感じで、心身ともに快調です。
 日本はまだまだ暑いのでしょうね~~。
 
 というわけで、あっというまに取材も明日が最終日。
 引き続き、頑張りたいと思います!!
  1. 2008/08/07(木) 01:38:13|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。