柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胸がいっぱいになった旅

それにしても、暑いですね……。
 今、夜の7時です。
 私の仕事部屋は、二階建ての家の二階にあるのですが、今、あえてクーラーをつけずにこのブログを書いていると、まるでサウナにいるような汗が噴き出てきました。
 どうせこの後、お風呂に入るのだから、とことん汗をかいてやろうと、頑張ってクーラーをつけずにいますが、きっとこの汗で500グラムは痩せることでしょう……(苦笑)。

 今日はJR京葉線が、変電所の火災による停電でストップしていたそうで、そのことを夕方のニュースで初めて知りました。
 主人は京葉線を使って会社に行くので、どうなったかしらと電話をしてみたら、案の定、途中で特急が止まり、海浜幕張で降ろされてしまったそうです。
 私も出張のときは必ず京葉線を利用するのですが、新幹線や飛行機に乗るような予定だったらいったいどうしていたでしょうか?? 電車の中で缶詰めになった方々の中には、取り返しのつかない事態になった方も多いのではないでしょうか……。

 先週末は、岐阜から富山へ移動。その後、小松空港から羽田行きの最終便に乗り、千葉の自宅に戻ってきました。
 40代で奥様が交通事故に遭い、1年たった今も意識が戻らないという夫・Aさん。
 お父様が事故で高次脳機能障害を負い、真実究明をしながら家族で懸命に介護をしておられるというBさん。
 そして、60代の奥様が交通事故で全身麻痺になり、以来3年間、ずっと一人で寄り添い続けてきたという70代の夫・Cさん。
 2日間の間に、交通事故で人生を変えられてしまった被害者とそのご家族にお会いしました。

 一瞬の事故を境に降りかかる過酷な運命----。
 しかし、それをしのぐ家族の愛情に、胸がいっぱいになりました。

 あまりにたくさんのことがありすぎて、何から書いていけばよいのかわかりませんが、ハンドルを握るということの重さを、やはりこれからも伝え続けていかなければならないと、強く思った旅でした。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/30(木) 19:12:53|
  2. ミカの日記

ブルーベリーの収穫

 我が家の庭では、今、ブルーベリーの実が熟して食べごろになっています。
 朝になって見に行ってみると、きのうはまだ色が赤っぽかった実が、一晩でふか~い紺色になっていて、力を入れなくてもポロリと枝から離れます。
 1回に十数個しか収穫できませんが、とりたてのブルーベリーを洗って口に入れると、甘酸っぱくて、何ともいえぬ美味しさです。

 小さな畑では、毎日、ナス、ピーマン、ししとう、プチトマトが収穫できます。
 ナスやピーマンは、さっと素揚げして、おだしにくぐらせる「揚げびたし」が我が家の定番。今朝もしっかり朝食の一品になりました。
 今、ゴーヤも小さなかわいい実をつけ始めています。
 収穫が楽しみです!!

 さてさて、先週、長野県の佐久総合病院で行われたシンポジウム。
 報告が遅くなりましたが、こんな感じで会場のみなさんともディスカッションすることができました。
 私の左隣にいらっしゃるのは、夕張医療センター・センター長の村上先生です。
 先日、「村上スキーム ~地域医療再生の方程式~」という本を読ませていただいたのですが、歯に衣着せぬご意見に、胸がすかっとしました!
 みなさんもぜひ読んでみてください。

P7110174.jpg
  1. 2009/07/23(木) 21:38:55|
  2. ミカの日記

奈良で土用の丑の日を

 なんだかあわただしくしているうちに、すっかりブログをおさぼりしてしまいました。
 10~11日は、長野で行われたシンポジウムに出席し、ホームレス状態になっている人たちを支援しておられる活動家の湯浅誠さんや、夕張で医療再生の活動に取り組んでおられる医師の村上智彦先生など、多くの方とお話しすることができました。とっても有意義な2日間でした。

 週明けには、私の医療過誤裁判で和解勧告がありました。
 最終的に決定するまでには、あと1カ月ほどかかりそうです。裁判を抱えていると、やはり精神的に落ち着かないものですね……。

 そして、この3連休は、父の17回忌法要のため、奈良の実家に車で行ってきました。
 主人と運転を交代して行ったのですが、高速道路1000円効果か? 車が多く、行きも帰りも激しい渋滞に巻き込まれてしまいました。
 でも、ひさびさにたくさんのいとことその子供たちが勢ぞろいして、法事とは思えない賑やかな集いとなりました。
 賑やかなことが大好きな父だったので、きっと喜んでいたことでしょう。

 ちょうどこの日は土用の丑の日。ある方から生のウナギを大量に送っていただいたので、それを実家の庭で炭焼きにして食べました。
P7190290.jpg
 たれの香ばしい匂いがじゅ~じゅ~という音とともに、ただよってきます。
P7190291.jpg
 主人は汗びっしょりになりながら、大量のうなぎを焼き上げ、親族一同、脂の乗った焼きたてウナギにに舌鼓を打ちました!!
 ほんと~に、美味しいうなぎでした!! 送ってくださったJさん、本当にありがとうございました~!!

 で、昨日は、いとこの子供たちと一緒に、奈良の大仏さんを見に行きました。
 うちの愛犬も連れて行ったのですが、鹿に吠えかかったら、反対に鹿に蹴りを入れられてしまったそうです(私は、シカせんべいを買いに行っており、見ていなかったのですが……)
P7200312.jpg

 久しぶりに足を向けた大仏殿。広場の芝生が見事でした。
P7200316.jpg
 灯台下暗しと言いますが、奈良に住んでいるときには気付かなかった素晴らしいモノが、こんなに近くに、こんなにたくさんあったのだなあ~~と、改めて感じた夏の午後でした。

 約1300キロを移動し、体はちょっと疲れ気味ですが、心にはたっぷり栄養を補給できた、そんな1週間でした。
 さてさて、今週末も大移動の予定ですが、パワーを蓄えて頑張らねば!!
  1. 2009/07/21(火) 18:25:34|
  2. ミカの日記

明日は長野でシンポジウム

 今日は非常に蒸し暑い一日でしたね~~。
 夕方、少し涼しくなったので、仕事をひと段落させて電気の芝刈り機で芝生を刈り始めたのですが、しばらくするとモーターがストップ……。
 あ~、もう少しですっきりするところだったんですが、残念。

 さてさて、明日~明後日は、長野県の佐久総合病院で開催される『明日の地域医療を考える』と題したシンポジウムに出席します。
http://www.valley.ne.jp/~sakuchp/gyouji/daigaku/summer09/summer09.htm
 夏の長野は魅力的ですよね!
 本当は、バイクに乗って行きたい気分。
 夏の高原をツーリングしたくてたまりません~~。

 というわけで、明日、皆様と会場でお目にかかれることを楽しみにしております!


P1050950.jpg 新しいファイヤーテーブルの上に、お気に入りのハンギングパラソルが大活躍の夏!!
(これは、いとこが我が家に遊びに来てくれたときの一こまです)

P1050933.jpg夜はこんな風に、お酒を飲みながら「ファイヤ~」しています!!



  1. 2009/07/09(木) 18:57:28|
  2. ミカの日記

自動車保険値上げ 割引競争が体力削る ?

 今日の「朝日新聞」一面トップの記事、ご覧になった方も多いと思います。
 つくづく、自動車保険の自由化って、いったいなんだったんだろう? と思います。
 この記事では、
「自動車市場の縮小を加速させかねない懸念もある。」
 ということを強調していますが、それ以前に、この不況下、自動車保険料のさらなる値上げで、保険加入を断念する「無保険車」が増える……、ということを心配すべきではないでしょうか?

 いつも言っていることですが、被害者は加害者を選べません。
 無保険車の被害に遭った方々の大変さを多数取材してきただけに、こうした損保業界の動きに対して、私は別の、もっと深刻な問題に「懸念」を感じています。


■自動車保険値上げ 割引競争が体力削る 
  不払い問題影響
2009年7月8日「朝日新聞」

 自動車保険の保険料が一斉に引き上げられる見通しになった。競争激化で損保各社の収支が悪化しているうえ、少子高齢化に伴い自動車市場の縮小が進んだことが響いた。損保各社は保険料値上げで収支の改善を見込むが、さらなる自動車市場の縮小を招く「悪循環」に陥りかねない。

 自動車保険料引き上げの背景には、損保各社の収支が悪化していることがある。

 98年の保険料自由化にともない、一律だった保険料を、各社が参考純率を目安に独自に設定できるようになった。自動車保険の無事故割引などを相次いで投入するなど、保険料の割引競争が激化。損保各社が「保険本業でもうけられない体質」も招いた。

 少子高齢化で国内の自動車販売の伸びは期待しにくく、保険引き受け損益の慢性的な赤字体質が続いていた。そこに金融危機による極度の販売不振が追い打ちをかけた。自動車保険の保険料収入は01年度のピークには3兆6700億円だったが、08年度には3兆4500億円に減った。

 保険金不払い問題で各社は再発防止策に経営資源の投入を迫られ、システム投資などのコストがかさんだ。再発防止策を迫られたことが保険金支払いの増加につながり、さらなる収支悪化を招いた。

 こうした状況のなか損保各社は今回の参考純率アップの前に保険料の引き上げに着手。昨春以降、大手各社は1~3%程度の値上げをした。

 今回、初めて年齢別の引き上げ幅を公表したのも、世代別の事故率の違いを保険料に反映させる狙いがある。その結果、事故率の高い高齢者の引き上げ幅が上がった。

 これまで多くの損保会社は保険料を引き上げる際、契約者の年齢による差はつけず、一律でおこなっていた。今回、初めて契約者の世代に応じて異なる引き上げ幅の基準が示されたことで、方針を変える社も出てきそうだ。

 損保業界は、保険料の引き上げで当面の収支改善を見込むが、自動車市場の縮小を加速させかねない懸念もある。

 国内新車販売台数は90年の777万台をピークに低落傾向が続いており、08年は508万台と3割以上も減った。保有台数は今年3月末現在で7529万台で、2年連続で減少した。政府は低燃費車などを対象にした「エコカー減税」で販売のテコ入れをはかるが、保険料引き上げが冷や水を浴びせる恐れがある。

 メーカー側からは「保険料引き上げは、事故との関係でやむを得ない措置なのだろうが、販売面では迷惑な話だ。新車の購入意欲をそがなければいいのだが」(幹部)と心配する声もあがっている。
  1. 2009/07/08(水) 17:18:25|
  2. ミカの日記

豚の脳みそ<続編>

 昨日のブログに書いた「豚の脳みそ」、相当インパクトがあったのでしょうか……??
 数名の方から、
「その後、どうなりましたか?」
「どんな料理をしたんですか?」
 と、問い合わせがありました。

 結局、その後、いろんなレシピを検索したのですが、最もシンプルな「酒蒸し」にし、ポン酢とワサビでいただきました。
 ほんとにくせがなく、においも全くなく、味わいは白子より美味しいかも?
(たぶん、何も言わずに出したら、みんな白子と間違うはずです)
 とにかく、絶品でした~~!!
 一緒に飲んだお酒もおいしかった~。

 というわけで、写真をアップしま~~す!(勇気のある人だけ見てください)

 P7060137.jpg

 で、これが、こんな感じの一品に変身!!

P7060142.jpg

珍味を食するためには、いろんな意味で、勇気が必要です、ね……。
  1. 2009/07/07(火) 18:33:46|
  2. ミカの日記

[ミスターバイク」8月号

 今月の「ミスターバイク」8月号に、柳原三佳の連載記事が掲載されています。
 先月、「週刊現代」でも取り上げた、東京の鈴村事件をレポートしました。
 鈴村事件も、その後大きく動き始めています。また改めてレポートしますね!
 「週刊現代」を読まれていない方、ぜひこの記事を読んでみてください。

■新『一瞬の真実』 

「被疑者」と「遺族」の名前を間違え、遺族が提出したフロッピーディスクは行方不明。刑事記録には無関係の書類が綴じられて……。

時効まであと3カ月!

刑事記録は本当に信用できるのか?


(リード)
今年5月から裁判員制度がスタート。一般市民が一部の刑事裁判に関わることになった。最高裁では、事件の審理で悲惨な記録を目にして精神的なショックを受けた裁判員の心のケアを充実させるため、臨床心理士らによるカウンセリングを受けられるような方針を決めたという。しかし、その「記録」自体、果たして正しいのだろうか? 今月は東京都で発生したある死亡事故の遺族の訴えを取り上げる。
  1. 2009/07/07(火) 14:45:34|
  2. ミカの日記

豚の脳みそ

週末は都内で行われた「地域医療を守り・育てる住民活動 全国シンポジウム」に参加してきました。
http://www.zcssz.or.jp/blog/?p=243
 北海道から九州まで、全国各地で活動している市民団体や医師、行政関係者らが集まり、具体的な取り組み事例の講演を聞いたり、その後は分科会に別れてさまざまな情報交換や交流をしました。
 私の住む地域も含め、地域医療は崩壊寸前まで追いつめられています。(すでに崩壊してしまったところもたくさんあるようです。
 しかし、それを食い止めるのは、最後は住民活動、そして医療者と住民の信頼関係なのだということを、はっきりと認識できた2日間でした。

 さてさて、話は変わりますが……。
 昨夜主人が、知り合いから「豚の脳みそ10頭分」をもらって帰ってきました。
 以前、キャンプ場でブタの丸焼をしたとき、最後に豚の脳みそをなめてとっても美味しかったという話をしたらしいんです。
 私もそのときぺろっとなめましたが、確かに、白子やアン肝もびっくりの珍味であることは間違いありません。
 でも、豚の脳みそなんてめったに手に入りませんし、以来食べたことはありませんでした。
 で、発泡スチロールの箱をおそるおそる開けると、超リアルな脳みそがそのまま透明のビニール袋につめこまれているではありませんか……!
 さて、どうしましょう? 
 朝からネットで調理法を検索し、とりあえず、蒸すかゆでるか炒めるか、刺身で食べるか??
 ところが、主人は箱の中の「脳みそ」を見ようとも、触ろうともしないんですよね~。
 なんだかんだいって、見るのが怖いみたいで、調理はぜ~んぶ私ひとりにやらせようという魂胆。
 結局、なにもしないまま「適当に料理しといて~」と、会社へ行ってしまいました。

 脳みそは、今もまだ、台所で氷詰めになったまま……。
 う~ん、中華のシェフか誰か、たすけにきてくれないかなあ~~。

  1. 2009/07/06(月) 12:41:46|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。