柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兵庫県加西市の飲酒死亡事件、危険運転致死傷罪で起訴!

 速報です!
 先日、このブログでも発信していた、兵庫県加西市の生田さんの息子さん二人が亡くなった事件で、検察は危険運転致死傷罪での起訴に切り替えたとのことです。

 署名の方は現時点で、6万5508人分が集まりました!
 ニュース記事が配信されたら、またお知らせします。

 名古屋の眞野さんも、現在署名活動をおこなっておられます。
 私のサイトにもアップしましたので、問題意識を感じられた方は下記をクリックし、ご協力いただければ幸いです。

署名のお願い

署名用紙

<ひき逃げ死亡>遺族ら「飲酒運転に厳罰を」と訴え 名古屋
毎日新聞 1月29日(日)1時50分配信

 名古屋市北区で昨年10月、車にひき逃げされ死亡した名城大1年、真野貴仁さん(19)=同区=の遺族らが28日、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ、無免許、酒気帯び運転)などの罪で公判中の外国人の男の罪名を法定刑がより重い危険運転致死罪に変更するよう求め、同市中区の栄交差点で署名活動を行った。

 29日も午後1時から3時ごろまで同じ場所に立ち、2月3日に名古屋地検に提出する。

 貴仁さんは10月30日午前3時50分ごろ、友人に会うため北区清水の市道を自転車で走行中、男の車にはねられた。車はそのまま逃走したが、県警は間もなくブラジル国籍のマルコス・アウレリオ・ベルトン被告(47)を逮捕した。

 真野さんの遺族は、起訴の罪名が最高刑懲役20年の危険運転致死ではなく、同7年の自動車運転過失致死だったことについて、検察官から「逮捕時のアルコール濃度が低かった」などと説明されたという。12日に名古屋地裁であった初公判で、被告は「友人とテキーラ6杯、ビール3杯を飲んだ」と認めた。

 父哲(さとし)さん(50)と母志奈さん(43)は「厳罰を適用しなくては、事故は減らずに同じ思いをする遺族が増えてしまう。これでも危険運転致死傷罪が適用されないのかと世に問いたい」と話す。

 署名活動には貴仁さんの友人や支援者も加わった。全国の被害者遺族でつくる「飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者全国連絡協議会」幹事、井上郁美さん(43)=千葉市=は「全国の会員が事件の行方を注目している。あきらめずに再捜査を求める必要がある」と話した。

 署名の問い合わせは哲さん(090・3958・1199)へ。【高木香奈】

スポンサーサイト
  1. 2012/01/31(火) 19:16:04|
  2. ミカの日記

『冤罪ファイル」NO、15に記事掲載

 悪質な交通事件の加害者が、危険運転致死傷罪で不起訴になり、納得できない遺族が声を上げる事例が相次いでいます。 
 警察や検察がしっかり捜査した上で苦渋の判断をしたというのなら話は別ですが、素人でも聞き込みに行けるような場所をまったく捜査していないといった事実もあり、大変な問題だと思います。
 一方で、杜撰な思い込み捜査は冤罪も生み出しています。

 昨日発売された>■冤罪ファイルNO15

には、信じられないような事件がたくさん登場します。
 柳原三佳は、下記の記事を執筆しました。
 この事件を担当された名古屋の川口創弁護士http://kawaguchihajime.com/library_koutsu.htmlは、ご自身が学生時代に交通事故で重傷を負われ、その処理にさまざまな理不尽を感じられた経験をお持ちです。
 司法修習時代には、柳原三佳の講演会を二度も主催してくださり、私自身も大変ありがたい機会を与えていただきました。
 今回の事件は、交通事件ではありませんが、川口弁護士の弱者に対する誠実なまなざしと、仕事に対する熱心さが実を結んだ事案といえるでしょう。
 法曹界の全ての人が、こういう姿勢でお仕事をしてくだされば、理不尽な処理になく被害者遺族や、冤罪に苦しむ人たちはいなくなるのでしょうね。

 ぜひ読んでみてください。


<『冤罪ファイル』15号」>
 
『被告人にも、矜持がある、誇りがある』

弁護士による執念の現場検証で
逆転無罪を勝ち取った
『名古屋・強盗殺人未遂事件』

「巻き込み冤罪」の恐怖

取材・文/柳原三佳(ジャーナリスト)

(リード)
『強殺未遂は無罪 捜査の不手際を指摘』という大見出しで名古屋高裁の判決結果が報じられたのは、05年3月24日のことだった(中日新聞)。強盗殺人未遂罪に問われた被告人は、なぜ高裁で逆転無罪を勝ち取ることができたのか、そして、この事件の捜査にはどんな不手際があったのか----。雑誌「季刊刑事弁護」の第3回最優秀新人賞にも選ばれた、「巻き込み冤罪」事件をレポートする。
  1. 2012/01/30(月) 10:34:40|
  2. ミカの日記

名古屋のご遺族から、署名のお願い

 またしても、危険運転致死傷罪での起訴が見送られた悪質事件の情報が寄せられました。
 まずは、ご遺族から届いた署名のお願い文を読んでみてください。
 こうした事件が「過失」で済まされていくとしたら、先の法改正は何のためにおこなわれたのか? 本当に疑問を感じます。
 ご協力いただける方は、ぜひよろしくお願いいたします。
 *これから署名用紙をアップいたします。


「署 名 活 動 の お 願 い」

 昨年の10月30日、名古屋市北区でブラジル人による飲酒運転、無免許、無車検、無保険の無謀な運転で大学生1年の長男 貴仁19歳を亡くしました。
 自転車で横断歩道を渡ろうとしていた所をひき逃げされたのですが、事故の直前にも別の車に追突して逃走中、一方通行を逆走した上での事故でした。
 
 被告人は、テキーラ6杯、生中3杯飲んだとの自供ですが、一緒に飲んでいた数の友人も誰も見つかっておらず、お店の証言もない、目撃者がいないなど捜査が全く進んでいません。

 遺族側が直前まで飲んでいたお店の聞き込みで、有力な証言を得たのですが警察は一体何を捜査していたのでしょうか。

 私達は危険運転致死罪での起訴を望んだのですが、1月12日の初公判で検察が起訴した内容は自動車運転過失致死、道路交通法違反でした。
 逃走した為、逮捕時のアルコール濃度が低かった事などがその理由です。
 被告人と戦うと言うより遺族に対し自動車運転過失致死で説得しようと努力している検察側は職務怠慢とさえ感じます。
 何の補償も謝罪も無く、危険運転致死罪での起訴も望めない遺族は、泣き寝入りするしかないのでしょうか?
初公判の1月12日、中京テレビ、every.でも取り上げて頂きました。
 亡くなった貴仁の友人がYouTubeにアップしたようです。
ご覧頂けませんか?
 詳細は、名古屋飲酒運転ひき逃げ死亡事故
または
http://www.youtube.com/watch?v=IiHHyk-y3-A
 にて検索できます。
 よろしくお願い致します。
眞野 哲
  1. 2012/01/27(金) 12:05:58|
  2. ミカの日記

元警察官・佐々木さんのライブ放送を見て

 先週行ったインターネットライブ放送をご覧になった交通事故遺族の椋樹さんより、下記のメールが届きました。
 椋樹さんは今から21年前、現職警察官だった息子の裕之さんを悪質な飲酒事件で亡くされました。
http://www.zc.ztv.ne.jp/abj5yi75/

 裕之さんがお元気なら、今、48歳。
 元警察官の佐々木さんと同年代です。

(以下は、椋樹さんからのメールです)

 動画見ました。
 自転車で時速30キロで平地を走行するのは、可能ですが、非常に困難です。走れても少しの時間しか走れません。下り坂を走るときは可能ですが。
 以前から私たちが言っているように、事故後にすぐに、事故現場の証拠を集めろと言っていますが、ほとんどの人は、そんな事は出来ないと言われます。そんな事する暇はないと言われます。
 佐々木さんに、私が書いた本を見せてあげて下さい。何かの参考になると思います。

 私は車の前方にショックセンサー式のドライブレコーダーを3台、常時録画方式を2台、家庭用のビデオカメラレコーダーを一台。後方には、ショックセンサー式を1台、家庭用のビデオカメラレーダーを1台装着しています。他 人から見ればアホ丸出しです。それは万が一の故障や、想定外の事態を考えての装着です。
 原発も想定外の,非常事態のことを予想して何重もの色々な種類の対策を設備しておけば、あんな事にならなかったのに……。
 
  1. 2012/01/26(木) 16:31:54|
  2. ミカの日記

緊急署名のお知らせ

今朝は千葉でもうっすらと雪が積もっていました。
 移築した古民家(長屋門)の屋根も、初めての雪化粧です。

P1110828.jpg

 でも、8時頃には大きな屋根からたくさんの雪解け水が流れてきました。
 束の間の銀世界でした。


 さて、北海道交通事故被害者の会の前田さんより、下記のメールが届いております。
 「生命のメッセージ展」でも、呼びかけを行っています。
 皆さまにもぜひご協力いただきたく、私のブログにも転記させていただきます。
 どうぞよろしくお願いいたします。

********************************

①緊急の署名のお願いです。
 
 生命のメッセージ展のメーリングで呼びかけられました。
 皆様も全国ニュースでご存じと思います。昨年12月10日、兵庫県で皆既日食観察中の小学生の兄弟が、飲酒による危険運転の軽トラックにはねられ死亡という事件がありました。
 加害者は当然危険運転致死罪で裁かれるべきものと思いますが、しかし警察は危険運転致死罪で送検したものの、神戸地検は状況証拠が乏しいなどの理由で自動車運転過失致死罪で起訴したというのです。

 この不当な判断に対し、ご両親が署名運動を始めました。生命のメッセージ展の代表、鈴木共子さんからMLで送られてきた署名用紙を添付します。
 趣意は添付のご両親の訴えにあります。鈴木さんや井上ご夫妻が中心となり私たち被害者が署名運動を行って作られた危険運転致死傷罪が正しく適用されなければ、悪質な危険運転による犠牲を無くすことはできません。

 全国からの大きな世論で神戸地検の方針を改めさせましょう。

 署名の送付先も添付の文書に明記していますが、提出期限が1月末とされています。ご協力頂ける場合は、早急にご両親宛送付下さるようお願い致します。

 札幌の佐藤京子さんは単独でも札幌駅前で街頭署名を行うことを決意し今日から行動を起こしました。私も明日夕方(16時半~18時)参加します。

 なお、私のホームページに署名用紙のPDFをアップしています。
http://www.ne.jp/asahi/remember/chihiro/

 ②関連しますが、北海道札幌市で2010年7月に赤信号無視のトラックの犠牲になった真島以明(いざや)さんの加害者の裁判(検察は真摯にとりくみ、状況証拠を固めるのに1年以上かけて危険運転致死罪で起訴しました)が、札幌地裁でいよいよ2月27日から始まります。

 裁判員裁判のために集中審理となり、
 札幌地裁での審理は
 2月27日は13時30~、
 2月28日と29日は10時~(いずれも17時まででと思います)
判決公判は
 3月2日15時の予定です。

傍聴支援をしたいと思います。

取り急ぎの「報告とお願い」でした。
 
前田敏章

<以下は、ご遺族からの呼び掛け文です>

皆様へ

「飲酒運転による交通死亡事故に対する「危険運転致死罪」適用を要望する署名活動にご協力をお願いいたします。

生田直介
生田伊津子

皆既月食観察中の小学生兄弟軽トラックにはねられ死亡
皆さん、このようなニュースの見出しをご記憶のことと存じます。これは私たちの息子たちのことです。
私たちは、加西市北条町に夫婦と息子二人の4 人家族で暮らしていました。
小学生の息子 敦弘(12 才)と汰成(8 才)の二人は、平成23 年12 月10 日午後11 時5 分頃、加西市上野町の県道で、53 歳男性の運転する軽トラックにはねられ死亡しました。
息子たちは皆既月食を観察しようと、母伊津子とともにいつも通っている空手教室を訪問して帰宅しようとしていたところでした。私が忘れ物を取りに戻った束の間の出来事でした。加害者は、2 軒の飲食店で酒を飲み、飲酒運転の状態で軽トラックを運転し、二人の息子をはねてガードレールに正面衝突し、さらにその衝撃で軽トラックは反転し、反対側の電柱に激突しました。汰成は即死、敦弘は救急車で救急センターに搬送されましたが、
間もなく死亡が確認されました。
加害者の呼気からは、0.4 mg/L という基準を大幅に上回るアルコールが検出され
ました。
目撃者の話では、加害者は泥酔し意識が朦朧とした状態であったといいます。事故は深夜であったとはいえ、現場は見通しの良い緩やかな左カーブであり、正常な運転では事故を起こすことはあり得ません。また、事故車の状態からかなりのスピードで衝突したことが伺えます。
この悲惨な事故に対して、私たち遺族は、厳罰である『危険運転致死罪』での起訴を求めていました。また警察も『危険運転致死罪』で送検しましたが、神戸地検は状況証拠に乏しいとの理由で、罰則の軽い『自動車運転過失致死罪』のみで起訴しました。
私たちは、過失といううっかりミスで息子たちが殺されたとは思えません。
どうか私たちの事情、心情をふまえ、趣旨をご理解頂き、署名をお願い申し上げます。
  1. 2012/01/24(火) 00:19:53|
  2. ミカの日記

息子を交通事故で失った元警察官・佐々木さんのインタビュー

 ブログにインターネットライブ放送をアップしたのですが、エラーが発生し、ご迷惑をおかけしました。
 大変中身の濃いお話を伺うことができました。
 ぜひご覧くださいませ。

  1. 2012/01/23(月) 18:23:38|
  2. ミカの日記

今日はディナークルーズ

 今日はこれから主人と横浜港へ向かい、ロイヤルウイングという船に乗りに行きます。
 あいにくの雨で残念なのですが、船上で美味しいディナーが食べられるそうなので、とっても楽しみ!
(実は私、船が苦手なのですが、2時間程度なら大丈夫かな?)
 
 この船は昔、関西汽船の「くれない丸」という名前で活躍していたそうです。
 船マニアの主人は子供のころから何度もこの船に乗っていたそうで、たくさんの思い出があるのだとか。
ロイヤルウイング(旧くれない丸)

 今は名前を変えて、横浜にいますが、間もなくこの船もお役目を終えるそうで、なんだか寂しそうです。

 では、そろそろ出発しま~す。

 
 
  1. 2012/01/22(日) 12:06:43|
  2. ミカの日記

息子を交通事故で失った元警察官へのインタビュー

  1. 2012/01/20(金) 20:19:50|
  2. ミカの日記

明日のインターネットライブ放送

 新年早々、しばらくご無沙汰してしまいました。
 というのも、ブログに書き込んだ内容がアップする際に突然消えるという現象が起こったり、文字がなかなか変換できなかったりというストレスのたまるトラブルが相次ぎ、ほんと~に困っていました。
 今もドキドキしながら打っていますが、どうやらパソコンの不具合らしく、思い切って買い替えることに決めました。

 さて、明日(1月20日)は11時半から、交通事故被害者家族ネットワークの水天宮スタジオより、今年初めてのインターネットライブ放送を行います。
 ゲストは、元警察官の佐々木さん。一昨年、息子さんを交通事故で失われたご遺族でもあります。
 インタビューは約1時間を予定しています。
 ライブでご覧になれない場合でも、あとで録画を見ていただけますのでご安心くださいね。
http://www.jiko-kazoku.com/live-bc/index.html

 以下は、佐々木さんから届いた自己紹介文です。 
 きっと中身の濃いお話が伺えると思います。

****************************************

 S39生 まもなく48歳になります

 大学卒業後、約1年間ホテルマンを経て平成元年4月警察官を拝命しました
 交番勤務の後、交通機動隊勤務となり白バイと覆面パトによる交通指導取締りを契機に第一線の警察署においても、白バイ乗務と交通指導取締りや交通事故捜査係勤務を約13年勤めました
 その間に一般死亡事故、多重轢過事故、暴走族事件捜査など従事し、交通事件事故捜査に携わる現場の警察官人生です
 平成19年から平成22年までは警察本部留置管理課護送係という部署に勤務しました。
 この部署は被疑者及び被告人の検事取調や裁判時に戒護員として立会いに従事する業務のため、警察捜査、検事捜査、裁判実務、弁護活動など、数多くの司法の場の現実を自ら見て経験することができ、第一次捜査権を有する警察捜査の取扱われ方や検事調書の使われ方などを理解することができました

 平成22年長男高校3年(当18歳)は、通学のため自宅から最寄駅まで自転車で向かうため道路を横断中、時速100キロで進行してきた青年の運転する軽自動車に衝突され約47mほど跳ね飛ばされ、救急救命センターに搬送されましたが2週間意識を回復することなく同年他界しました
 治療中に医師から「助かる見込みはありません、仮に心臓が停止した場合、蘇生術を施せば心機能は回復しますが弊害として心臓マッサージによって肋骨が折れたり、事故によって傷ついた他の臓器をさらに損傷するおそあります。それでも保護者として心臓が停止した場合、蘇生術を施すことを希望しますか?それもとそのまま自然の成り行きにまかせますか?」という問いに「自然に任せて下さい」と答えた自分の選択が正しかったのか、今も悩み続けてます

 遺族の立場を経験したことで、保険制度や民事裁判(調停)の仕組みもよく理解できまた、自ら交通事故捜査係の警察官として遺族の立場になったことで、これまでに自分が扱ってきた重傷事故や死亡事故の家族の方々の心の痛みを経験し、現在の捜査側の仕組がもたらす様々な問題も見えてきました
 このような経験から、そのまま県警組織に残っていたのでは、事故形態の真相究明や遺族の心の痛みに応えることは不可能だと考え警察官を辞職しました

 辞職後は、交通事故鑑定の仕事につき、交通事故の真相究明につとめようとしたのですが、そこでも見えてきたのは歪んだ内容の鑑定書で裁判が継続している事実でした
 明らかな誤認があっても警察の実況見分調書は有力な証拠採用されていることがわかり、その原因は実況見分調書と同等以上に対応する調査報告書や鑑定書を提出する民間機関がほとんど存在しないためで、遺族が二度泣かされる原因となっていることもわかりました

***********************************

 お話の続きは、明日、ライブ放送でゆっくりと伺うことにしたいと思います。
  1. 2012/01/19(木) 15:00:50|
  2. ミカの日記

あけましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年末はブログの更新もままならず、焦っていたのですが、裏庭に移築した古民家(長屋門)の内装と食器の整理に追われていました。
 こんな雰囲気のカウンターが出来上がり、大晦日のぎりぎりまでお片づけ……。
 お節料理もゆっくり作る暇がありませんでした。
P1110619.jpg

 主人は今も、高い梁の上に登って、配線工事の真っ最中です。
 トントントンという金槌の音が、仕事部屋まで聞こえてきます。
(実は、年賀状もまったく書けていなくて、ずいぶん遅れてしまうことを先にお詫び申し上げます~~)

 でも、今年は松山から主人の両親が来てくださり、12月から同居を始めた私の母と、私たち親子3人+ワンちゃん2匹での賑やかなお正月です。
 今日はこれからお客様と新年会。
 総勢18名で盛り上がりそうです。
 さ~て、どんなお料理を出そうかしら??
 今、せっせと下ごしらえをしているところです。

 古民家が完成するまでは楽しくも慌ただしい毎日ですが、早く落ち着いて仕事のほうも頑張らねば~~。
 今年は全く違うジャンルの本にもチャレンジする予定です!

 さて、新年最初のインターネットインタビュー放送をご紹介します。
 先月、銀座で個展をされた、水上卓哉さんとご両親のお話をどうぞお聴きください。

 
  1. 2012/01/01(日) 15:06:18|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。