柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

亡くなった妊婦さん(松村幸姫さん)のご主人へのインタビュー

第3部は、この事件でお亡くなりになった妊婦の松村幸姫さんのご主人へのインタビューです。

無免許運転が危険運転として認められないのはなぜなのか? 

幼い二人の娘さんを残して突然亡くなった奥様。

今、ご主人はどんな思いで娘さんたちを育てているのか。
そして、まもなく生まれる予定だった7カ月の胎児・愛鈴ちゃんが、事故死者としてカウントされない悔しさ……。

事故から2か月目の月命日に、様々な思いを語っていただきました。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/28(木) 11:16:24|
  2. ミカの日記

京都亀岡・無免許暴走10人死傷事故 被害者遺族座談会の第二部

昨日に引き続き、座談会の第二部を公開いたします。

 一瞬の交通事故が、当事者だけでなく、親、兄弟、配偶者、祖父母、叔父、叔母、従姉妹、甥、姪……、本当に多くの人たちを悲しみのどん底に突き落とすということを、みなさんに知っていただきたいと思います。

  1. 2012/06/28(木) 10:04:30|
  2. ミカの日記

京都亀岡・無免許暴走10人死傷事故、被害者遺族座談会の動画をアップしました

 6月23日に収録した、京都亀岡・無免許暴走10人死傷事故、被害者遺族座談会の動画をアップしました。
 まずは、第1部です。
 解説はまた後程加えますが、みなさん、ぜひご覧ください。

  1. 2012/06/27(水) 15:03:15|
  2. ミカの日記

明日は京都へ

 明日(あ、もう今日ですね)は、早朝から京都に取材で出かけます。
 無免許運転の少年の無謀運転によって、10人の方々とお腹の赤ちゃんが死傷した、亀岡の事件を取材させていただくためです。
 先日は、亡くなった妊婦さんのお父さんとお兄さんにインタビューしましたが、明日はほかの被害者やご遺族にもお話を伺う予定です。

 じっくり伺ってみなければわからない「真実」というものがあるはずです。

 事故は一瞬ですが、被害者の苦しみは永遠に続きます。

 あの日からちょうど2ヶ月。
 この間にどんな出来事があったのでしょうか-----。

 24日は、先日も告知したとおり、下記の総会が行われます。
 お申込みいただいた皆様、会場でお会いしましょう!


■【6月24日交通事故被害者全国支援総会のお知らせ】

●開催日時:2012年6月24日(日) 13:00~17:00

●場所:東京シティエアターミナル(半蔵門線水天宮前直結・その他) 要予約です。 

■ 特別講演:厚生中央病院 医療ソーシャルワーカー  安仁屋(あにや)様

■特別シンポジウム:コーディネーター、柳原三佳さん(ジャーナリスト)
 .
 出演者は小沢樹里さんと当会会員の佐々木尋貴さん、そして阿部潤一さんです。

小沢樹里さんは昨年国内ではじめて飲酒運転ほう助を勝ち取られた方です。ご遺族でもあり後遺障害のご家族でもあります。

 佐々木尋貴さんは当会の会員でご遺族です。
 交通事故によるご子息の他界を機に警察官を辞め、当時の経験を活かし、現在事故調査のお仕事をされています。

 阿部潤一さんも当会の会員です。詐欺、窃盗、飲酒運転の3つの前科がある加害者が飲酒運転の上信号無視で起こした事故で、お嬢様が1級障害を負われました。今も介護を必要として暮らしておられます。

 シンポジウムでは、警察や行政への怒りではなく、家族が悲しみをこらえて立ち上がり、大きな傷を抱えながらも前向きな心持ち続けている心情をお聞きしたいと思っています。

 詳しくは当会までお問い合わせください。
交通事故被害者家族ネットワーク 080-3154-2748(担当 上田)
http://www.jiko-kazoku.com/index.html
  1. 2012/06/23(土) 01:32:54|
  2. ミカの日記

本日(21日)、夕方の富山テレビで松尾さんのスイスでのスピーチが紹介されます!

 お知らせです。

 今日の夕方、富山BBTテレビが、『巻子の言霊』の松尾幸郎さんの世界尊厳死大会でのスピーチの模様を特集します。

 6:15分PMくらいからの放送だそうです。

 富山の皆様、ぜひ、ご覧下さいませ。

 松尾さんのチューリッヒでのスピーチについては、2日前のブログでもご紹介したとおりですが、現地でのお話は大成功に終わったようです。

 無事に帰国され、安心しました!

 富山の放送は、また後日、ブログにアップしたいと思います。

 取り急ぎのお知らせでした。
  1. 2012/06/21(木) 07:23:59|
  2. ミカの日記

TV紹介の道路で事故 運転の少女逮捕

 最近のバラエティー番組のあり方に、大きな疑問を感じます。

 一般公道で、視聴者が真似をしたら、明らかに危険が生じることは想像できたのではないでしょうか?
 しかも、それをこんな下品な名称で紹介する?

 その結果が、この重大事故です。

「道路上の段差で車が浮くような感覚」は、いったい時速何キロで得られるのか?
 しっかり検証すべきだと思います。

■<千葉3人死傷>TV紹介の道路で事故 運転の少女逮捕

毎日新聞 6月19日(火)21時8分配信

 テレビ番組で「チンさむロード」として紹介された千葉県松戸市内の路上を車で走行中に3人を死傷させたとして、県警松戸署は19日、運転していた茨城県坂東市の無職少女(19)を自動車運転過失致死傷容疑で逮捕した。

 容疑は5月28日午後9時50分ごろ、松戸市横須賀1の歩道に乗用車で乗り上げ、近くの大学生、竹原維人さん(18)をはねて死亡させたほか、同乗の女性(20)と男性(19)に重傷を負わせたとしている。運転していた少女も重傷で入院。同署は退院を待って逮捕した。同署によると、少女は「取り返しのつかないことをした」などと供述しているという。

 現場のすぐ手前に、道路上の段差で車が浮くような感覚になる橋があり、10年にフジテレビのバラエティー番組「人志松本の○○な話」のコーナーで「股間がふわっとなる」という意味を込めた「チンさむロード」として放送されていた。捜査関係者によると、少女らは事故前に繰り返しこの橋を車で渡り、シートベルトをせずに番組のまねをしていた可能性もあるという。

 同署は車体が浮いた際にハンドル操作を誤ったとみて、危険運転致死傷罪の適用も視野に調べを進める。

 フジテレビ広報部の話 番組では法定速度を守るよう視聴者に注意喚起していた。事故については、事実確認が取れていないのでコメントできない。【黒川晋史】
  1. 2012/06/20(水) 11:40:51|
  2. ミカの日記

『巻子の言霊』の松尾さんが、世界尊厳死大会(スイス)で日本代表のスピーチを行われました

 一昨年出版した『巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語』(柳原三佳著・講談社)の主人公である、松尾幸郎(yukio matsuo)さんが、このたび、スイスのチューリッヒで開催された世界尊厳死大会でスピーチを行われました。
 私も現地へ行きたかったのですが、今回は断念……。
 スイスから、スピーチの内容が送られてきましたので、皆様に『英文のまま!!』公開いたします~。

makiko.jpg

 『巻子の言霊』はまもなくドキュメンタリ-ドラマ化される予定なのですが、先日「徹子の部屋」(テレビ朝)に、出演された女優の木内みどりさんが、このドラマについてコメントされていましたね~。
 ということは、巻子さん役は???
 局から正式に発表があり次第、皆様にはお知らせしたいと思っています。
 もう少し待っていてくださいね!
 ドラマ化になる前に、まだ原作を読んでいない方は、ぜひ読んでみてくださいね~。

 この事故の概要については、本を読んでいただければわかりますが、亀岡の事件と同様、未成年による居眠り運転、センターラインオーバーの正面衝突事故で、巻子さんは全身まひの後遺症を負われています。
 被害者にとっては、不可抗力の事故でした。

 では、松尾さんのスピーチ、英語がお得意な方は、声に出して読んでみてくださいね!


Good afternoon.

This is a story of a day almost six years ago when an incident occurred that dramatically and permanently changed the lives of my wife, Makiko, myself, and our entire family in a most tragic way.

On July 1st, 2006 around 8 pm, just as it was getting dark and rainy, Makiko was driving home after visiting her nephew’s family in our home town of Toyama City, Japan. Suddenly, she was hit head-on by a car that crossed the center line into her lane. **The driver was a 19 year old boy who just got his driver’s license a month prior. He had fallen asleep at the wheel when he collided into her car.

One month before the accident, we were in the U.S., visiting our daughter who had just given birth to our first grandchild--a baby girl.** We were so happy and enjoyed our short, three week stay with our granddaughter. Makiko went back to Japan, and I left for Las Vegas for a business convention.

Sadly, we didn’t receive the bad news until more than 24 hours after the accident. My daughter, my son, and I flew immediately from three different locations in the U.S., and linked up in Japan. By the time we finally arrived at the hospital, it had already been 3 days since the accident. Makiko was in an ICU unit, connected to a respirator. Her doctor said “If she regains her consciousness, she would most likely be in a vegetative state, and that is if she is lucky.”

She did regain her consciousness after a couple of weeks, but she was almost completely paralyzed. The only thing she could move were her eyelids—she could blink, and her mouth—she tried to talk, but her vocal cords were paralyzed too.

**Her doctor told us that she had probably lost memory of the accident and of a time period before and after the accident. We later learned that she did not even remember how happily she took care of her new, baby granddaughter, which was very sad. A month later, she was fitted with a feeding tube and had a diaphragm pacemaker implanted; both of which she still depends on to sustain her life.

**When she regained her consciousness, we tried to communicate. Since her hearing was not impaired, we told her to blink her eyes twice if the answer is YES, and to close her eyes if the answer is NO. While this meant that she could answer YES and NO questions, still she was not able to express herself.

**With her speech therapist, we experimented with a computerized communication aid, with no success. Then we tried one called “Let’s Chat” made by Panasonic. This device is more mechanical and easier to operate and follow, but very time consuming, having to pick out one letter at a time. However, we had no success with this device either, despite the speech therapist working with her for half an hour everyday for 8 months. It is designed for patients who can push the button themselves.

The doctors and therapists gave up all hope of her ever being able to use a communication device, but later on someone gave me an idea; “why not use her blinking as a signal ?” In other words, my wife gives me signals by blinking, and **I push the button for her. It worked!

**After 2 years and 9 months had passed since the day of the accident, Makiko was finally able to communicate and express herself, even only one or two sentences a day. I was thrilled, but the thought of her being trapped in her own body for 2 years and 9 months made me want to cry.

As soon as we started to communicate I decided to record everything she spelled out. **I now have 3 notebooks full of notes which I have titled, MAKIKO NO KOTODAMA, which translates to A MESSAGE FROM MAKIKO’S SOUL.

(The book titled Makiko no Kotodama was published 2 years ago by Mika Yanagihara)

Our ancestors believed that a language is not just a means to convey a message. It has a much deeper meaning with a spiritual power. It occurred to me that the words she spells out, which take so much time and intense concentration, are like a ray of light coming from far distance. To me, all those words are very deep and truly spiritual.

**Since we began our little communication, she has constructed the following sentences, on more than one occasion:
I love you.
I am grateful to you.
I am alright because you are with me.
I love you more than anything in the whole world.
I want to be with you always.
Do you really, really love me?

**Makiko’s other repeated messages have been quite depressing:
Kill me please.
I am determined to die.
**I want to die with you.

To try to help her develop a more positive attitude, I told her:
**“I have a grave built for you and me right next to my ancestors’ grave, which was built in 1850, more than 150 years ago. We will be together permanently, here and in the future life.”

**I continue to visit and be with her almost every day as I have done for the last 6 years and will take care and protect her for as long as I can until her last moment. The thought of dying before her, leaving her all alone in this world, is unbearable. I am sure she feels the same way. Two years ago, this became a real possibility when I had surgery to remove pancreatic tumor. **I just wish that I could let my wife follow me to our grave when I die.

People who love the opera surely know Puccini’s Madame Butterfly. Just before she sings her very last, heart breaking aria, she takes the dagger given by her father, holds it with both hands, kisses the blade, and then reads the words inscribed on the blade.

“He shall die with honor.... who no longer can live his life with honor “ (repeat)

Cio Cio San was a daughter of a SAMURAI. To die with honor and dignity was our tradition until one hundred fifty years ago. To die with dignity is not a new concept. However, in modern Japan, people have forgotten this. We must be reminded that to die with dignity is our heritage, our tradition, and our proud culture.

Naturally I am not advocating suicide. I am only emphasizing the spiritual aspect of how to live, how to age and eventually how to die in accordance with our tradition.

Today in Japan, there is nothing in our judicial system to support individual´s choice to die with dignity. **As a start, this can be accomplished in Japan by introducing a law to make the Living Will a legal document. I hope all of you lend your support to this law.

Thank you.

■昨年放送した松尾さんへのインタビューは、下記をご覧ください。



  1. 2012/06/19(火) 10:50:31|
  2. ミカの日記

過失致死傷罪で少年起訴=危険運転罪は適用せず―車暴走10人死傷・京都地検

■亀岡事故、運転少年を運転過失致死傷罪で起訴

読売新聞 6月17日(日)16時37分配信

 京都府亀岡市で集団登校中の児童ら10人が軽乗用車にはねられて死傷した事故で、京都地検は17日、京都家裁に送致後、少年審判で検察官送致(逆送)が決定された無免許運転の無職少年(18)(亀岡市)について、自動車運転過失致死傷罪と道交法違反(無免許運転)で起訴した。

 同過失致死傷罪より罰則の重い危険運転致死傷罪の適用は見送った。

 遺族や被害者家族は、少年が先月14日に自動車運転過失致死傷などの非行事実で家裁送致された直後から、逆送を見込み、危険運転致死傷罪での起訴を求め、賛同する21万人超の署名などを地検に提出していた。

 しかし、家裁送致段階で同罪の適用を見送った地検は、少年が以前から無免許運転を繰り返していたことなどから、故意犯を対象とする同罪の構成要件である「運転技能がない」を満たさず、事故原因は「居眠り」という過失であると改めて判断した。

 事故は4月23日朝に発生。少年は無免許で車を運転中に児童らの列に突っ込み、女児2人と付き添いの保護者の女性の計3人を死亡させ、他の児童7人に重軽傷を負わせたとされる。
.最終更新:6月17日(日)16時37分

****************************

 本日の結果です。

 無免許運転を繰り返し、過去に処分まで受けていた少年ですが、このような検察判断となりました。

 無免許、つまり十分な技能も知識もないことを自分で知りながらハンドルを握ったのに。
 「無免許で運転してはならない」と、法律で定められているのに?
 
 無免許運転による重大事故を食い止めるにはどうすればよいのか?
 道路交通法の罰則の引き上げ、そして、交通教育の徹底から始めなければならないのかもしれません。

***************************

<道路交通法>

第64条 何人も、第84条第1項の規定による公安委員会の運転免許を受けないで(第90条第4項、第103条第1項若しくは第3項、第103条の2第1項、第104条の2の3第1項又は同条第3項において準用する第103条第3項の規定により運転免許の効力が停止されている場合を含む。)、自動車又は原動機付自転車を運転してはならない。

罰則

道路交通法 第117条の4 次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。 2 法令の規定による運転の免許を受けている者(第107条の2の規定により国際運転免許証等で自動車等を運転することができることとされている者を含む。)でなければ運転し、又は操縦することができないこととされている車両等を当該免許を受けないで(法令の規定により当該免許の効力が停止されている場合を含む。)又は国際運転免許証等を所持しないで(第88条第1項第2号から第4号までのいずれかに該当している場合、又は本邦に上陸した日から起算して滞在期間が1年を超えている場合を含む。)運転した者


  1. 2012/06/17(日) 16:24:51|
  2. ミカの日記

6月24日 「交通事故被害者全国支援総会」のお知らせ

 今朝、雨上りの庭に出てみると、今満開の薔薇「ブルーリバー」の花びらに、カエルさんがちょこんと座っていました。

変えるとブルーリバー

 ブルーリバーの甘い香りに包まれて、なんだか気持ちよさそうです。

 今日は、京都・亀岡の事件で、検察が判断を下す日とのこと。
 結果が気になります……。

 さて、次の日曜日は、東京で、(社)交通事故被害者家族ネットワーク主催の「交通事故被害者全国支援総会」が開かれます。
 参加には事前申し込みが必要ですが、会からのお知らせを転記させていただきますね!

 特別講演とシンポジウムの模様は、後日、USTREAMで動画を配信いたしますので、ぜひご覧ください。


■【6月24日交通事故被害者全国支援総会のお知らせ】

●開催日時:2012年6月24日(日) 13:00~17:00
●場所:東京シティエアターミナル(半蔵門線水天宮前直結・その他) 要予約です。 

■ 特別講演:厚生中央病院 医療ソーシャルワーカー  安仁屋(あにや)様

■特別シンポジウム:コーディネーター、柳原三佳さん(ジャーナリスト)
 .
 出演者は小沢樹里さんと当会会員の佐々木尋貴さん、そして阿部潤一さんです。

小沢樹里さんは昨年国内ではじめて飲酒運転ほう助を勝ち取られた方です。ご遺族でもあり後遺障害のご家族でもあります。

 佐々木尋貴さんは当会の会員でご遺族です。
 交通事故によるご子息の他界を機に警察官を辞め、当時の経験を活かし、現在事故調査のお仕事をされています。

 阿部潤一さんも当会の会員です。詐欺、窃盗、飲酒運転の3つの前科がある加害者が飲酒運転の上信号無視で起こした事故で、お嬢様が1級障害を負われました。今も介護を必要として暮らしておられます。

 シンポジウムでは、警察や行政への怒りではなく、家族が悲しみをこらえて立ち上がり、大きな傷を抱えながらも前向きな心持ち続けている心情をお聞きしたいと思っています。

 詳しくは当会までお問い合わせください。 080-3154-2748(担当 上田)
http://www.jiko-kazoku.com/index.html
  1. 2012/06/17(日) 10:58:29|
  2. イベント告知

危険運転議連 第一回勉強会の動画(6月13日開会)

6月13日に開かれた、超党派 危険運転議連 第一回勉強会の動画です。
 ノーカット版でお送りします。
USTREAMにアップされましたので、ご覧ください。
 名古屋の眞野さん、亀岡の中江さん、二組のご遺族が無免許運転の厳罰化を訴えておられます。

  1. 2012/06/15(金) 14:08:08|
  2. ミカの日記

8年前に干されたままの、『洗濯物』 に込められた思い

 私の執筆した本 『遺品 あなたを失った代わりに』(晶文社)の中の『洗濯物』というエッセイに登場してくださったお母さまへのインタビュー動画です。
 
 場所は、東京・日野市にある「いのちのミュージアム」です。

 

中土さんは8年前、母の日に、4歳の息子さん・こうたくんを事故で失われました。
 その思いを語っていただいています。

 中土さん作の絵本は下記の通りWEB閲覧を可能にしました。
 これはこうたくんのお友達がみたという夢をもとに作られたストーリーです。
 ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。
 
http://www.jiko-kazoku.com/pdf/2012-5/hosinokodomotati.pdf

 後半にこのエッセイをモチーフにアーティストのスギハラヨシコさんが作曲された、ピアノ曲『洗濯物』の演奏、そして、一番最後には、東海テレビが同じくこのエッセイをもとに製作した交通事故撲滅のためのスポットCMも編集されています。

みなさま、ぜひご覧くださいませ。
  1. 2012/06/15(金) 10:54:09|
  2. ミカの日記

交通事故の背後責任とは?

昨日は、無免許運転者による悪質事故の遺族、眞野さん(名古屋)と、中江さん(京都)にインタビューさせていただきました。
 そのお話に関連して、無免許の背後責任に関して、参考になるブログがありましたのでご紹介します。

http://jikochosa.co.jp/blog/?p=197

 執筆者は、元警察官で交通事故の遺族でもある佐々木さんです。


**********************


■交通事故の背後責任とは?


 無免許運転で重大な交通事故の結果が発生すると、徹底した捜査(調査)により背後責任を追及する、という言葉がコメントとしてでてきます。
 さて、ここで背後責任とは何を意味するのでしょうか?

 簡単に解釈すれば、一般的に無免許の者がどのような経過を辿って車を運転し交通事故に至ったのか、ということを明らかにすることだと思います。飲酒運転の背後責任という場合もほぼ同義に受け取って間違いないと思います。

 また、交通事故という結果の発生が生じなかった場合にも、単純無免許運転や飲酒運転の背後責任を追及することもあります。通常一般的に考えられている無免許運転の背後責任というと、誰が車を無免許の者に貸し与えたのか? という点に関心が集中しがちです。ところが一般に知れ渡っている以上に、背後責任の追及は奥が深いものなのです。

具体的には①車両貸与、②運転指示、③運転依頼、④運転指導、⑤運転交替、⑥見張りなどの態様があります。
 それぞれの態様は読んで字のごとくですが、当然、犯行が既遂となる日時場所の特定は異なり、犯行を裏付ける実況見分や聞き取りなど着眼点が大きく異なってきます。また、背後責任を追及する上で、さらに難しくするのが、このような態様には、全て幇助犯であるのか教唆犯であるのかを擬律しなければなりません。

 いずれの場合も、無免許運転の者が、もともと無免許運転をしようとしていたのか、無免許運転をする意思のなかった者に犯意を起こさせたかを慎重に判断しなければならず、これらは当事者しか知らないことを供述のみに頼って擬律判断をしなければならず、極めて困難な作業となることがわかると思います。無免許運転の実行者が、もともと無免許運転をしようと考えていたのか、あるいは無免許運転する意思なんてなかったのに教唆されて無免許運転の犯意が初めて生じたなどは、完全に内面的な心情によるもので物的な証拠はありません。

 まして先輩後輩の上下関係に敏感で精神的に未熟な少年などではよほど慎重に捜査を遂行しなければ事案の真相究明、すなわち背後責任で真に責任を負うべき者の所在が誤ってしまう危険があるのです。

 いかなる交通事故鑑定でも解析できる分野ではなく、無免許運転や飲酒運転が交通事故の当事者となっている方がこのブログをお読みになる機会があるのなら、参考になされてください。不自然さは捜査書類の中に求めなければなりません。


<昨日収録したライブ放送>

 昨日収録したインターネット放​送の中で、妊婦さんだった娘さんを亡くされた中江さんの​お話を聞き、私は絶句しました。病院の処置室で娘さんの​臨終を告げられた後、それでもお父さんは、切開された脇​腹から、医師がしていたのと同じように、直接自分の手を​入れ、まだ温かい娘さんの心臓を必死でマッサージされた​そうです。

 その暖かい感触は、今も掌に残っていると……​。

 VTRの00:20~頃にそのお話が出てきます。ご遺​族がマスコミに取り囲まれ、マイクを向けられたのは、そ​の直後のことだったそうです。

 無免許で30時間も走り続​けた加害者と、彼に車を貸し、また同乗していた友人たちに​、この放送を見てもらい、ハンドルを握るということの重​さをかみしめてもらいたいです。



  1. 2012/06/14(木) 12:21:36|
  2. ミカの日記

6.13 超党派議連勉強会の報道


■危険運転適用助力を

 悪質運転による死傷事故が全国で相次ぐ一方で、立件のハードルが高い危険運転致死傷罪のあり方を考えようと、国会議員約60人が今月5日に設立した「同罪を考える超党派の会」の初の勉強会が13日、衆院第2議員会館(東京都千代田区)で開かれた。亀岡市で児童ら10人が死傷した事故の遺族が招かれ、同事故に同罪が適用されていない現状と悔しさを改めて訴えた。(上野将平)
 出席したのは、集団登校の児童らの付き添い中に、おなかの女の子とともに亡くなった松村幸姫さん(26)の父、中江美則さん(48)。

 中江さんはまず、無免許で事故を起こし、自動車運転過失致死傷(最高刑・懲役7年)などの非行事実で検察官送致(逆送)された亀岡市の少年(18)について、より罰則の重い危険運転致死傷罪(同・懲役20年)での起訴を求める署名が、遺族の1人が開設した会員制交流サイト・フェイスブックから署名用紙を入手できるようにしたこともあり、郵送を含めて21万1831人分が集まり、地検に12日に提出したことを紹介。

 そのうえで、同罪を巡る現状について今回の事故を踏まえ、「事故の原因は居眠り運転という過失と判断され、同罪は適用されておらず、悔しい。捜査をやり直し、とにかく同罪を適用してほしい。先生方に助けていただきたい」と時折、声を詰まらせながら訴えた。

 同会は、▽同罪の適用範囲拡大▽自動車運転過失致死傷罪の法定刑の引き上げ▽悪質な運転で死傷事故を起こした者を処罰する新たな罪の創設――のいずれかの立法措置を早急に検討するとしており、同会会長の大畠章宏衆院議員(民主)はこの日の勉強会で、「どのように改正すれば法の穴を埋められるのかを議論し、早く法改正の作業に入らなければならない」と話した。


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20120614-OYT8T00050.htm

遺族ら「危険運転致死傷罪の適用を」

 京都府亀岡市で登校中の児童らの列に少年が運転する車が突っ込み10人が死傷した事故で、遺族らが、より刑罰の重い危険運転致死傷罪の適用を国会議員らに訴えました。

 衆議院の議員会館を訪れたのは、京都府亀岡市の事故で亡くなった松村幸姫さんの父親の中江美則さんらです。児童と保護者10人が死傷した事故では、加害者の少年は自動車運転過失致死傷などの疑いで逮捕されていますが、中江さんらは、より刑罰の重い危険運転致死傷罪を適用できるよう法律を改正してほしいと訴えました。

 「娘と孫を亡くしてから法律の壁の前で立ち止まっている状態」(中江美則さん)

 これに対し、集まったおよそ20人の議員からは、「危険運転致死傷罪の適用のハードルが高すぎる。法改正に向けて努力したい」などの意見が出されました。

JNNニュース (6月13日11:39)  http://news.tbs.co.jp/20120613/newseye/tbs_newseye5053884.html



・ 亀岡暴走遺族 東京の法改正勉強会に出席 (京都府)

京都府亀岡市で、10人が死傷した事故の遺族が13日、東京の議員会館を訪れ国会議員らに危険運転致死傷罪の見直しを訴えた。事故で亡くなった松村幸姫さんの父・美則さんらは、全国の交通事故被害者とともに超党派の国会議員で作る危険運転致死傷罪の改正に向けた勉強会に出席した。亀岡市の事故の運転手だった少年は無免許だったが、京都地検は家裁送致の際に居眠りという過失犯だったことなどを理由に「危険運転致死傷罪」の適用を見送った。「危険運転致死傷罪」の適用条件に無免許や居眠りが含まれていないためだ。美則さんは現在の法律自体に疑問を感じ危険運転致死傷罪の適用を訴え続け、勉強会でも参加した国会議員にその思いを伝えた。京都地検は「危険運転致死傷罪」の適用が可能かどうか捜査を続けており、今月17日までに少年を起訴する方針だ。

[ 6/13 18:01 読売テレビ]  http://www.ytv.co.jp/press/kansai/D1261.html
  1. 2012/06/14(木) 12:09:41|
  2. ミカの日記

名古屋・亀岡 事故遺族インタビュー

今日は衆議院議員会館でおこなわれた『超党派 危険運転議連 第一回勉強会』を取材してきました。
 この会で意見陳述をされた名古屋のご遺族・眞野さん、そして亀岡事件のご遺族・中江さんに、会終了後改めてインタビューさせていただきました。
 関連記事や動画は、後程アップさせていただきます。

 配信の最初の6分ぐらいがミスでエコーがかかっています。その後はクリアな音声ですのでご了承ください。
総配信時間は1時間22分と長いものですが、大変貴重なお話が収録されています。
 何度かに分けていだいてでも結構です。ぜひ、最後までご視聴いただければ幸いです。

●出演
   眞野哲さん・眞野志奈さん
  眞野さんの事件を取り上げた記事はこちらです。
http://www.mika-y.com/2012/2012-2-28flash.pdf

中江美則さん・中江龍生さん(亀岡10人死傷事件のご遺族)

●インタビューアー
柳原三佳



■「危険運転致死傷」適用拡大を…超党派の会設立

 悪質運転による死傷事故が全国で相次ぐ中、国会議員約60人が5日、「危険運転致死傷罪を考える超党派の会」を設立した。

 同会は、「無免許運転でも繰り返し運転していれば『技能を有する』として危険運転致死傷罪が適用されないなど、法の矛盾も明らかになっている」と指摘。
〈1〉同罪の適用範囲の拡大
〈2〉自動車運転過失致死傷罪の法定刑の引き上げ
〈3〉悪質な運転で死傷事故を起こした者を処罰する新たな罪の創設
 ――のいずれかの立法措置を早期に検討する。
 今後、被害者遺族や関係省庁などからのヒアリングを実施する。

(2012年6月6日22時00分 読売新聞)


■危険運転致死傷罪適用を…亀岡事故21万人署名

 京都府亀岡市で児童ら10人が死傷した事故で、自動車運転過失致死傷などの非行事実で検察官送致(逆送)された亀岡市内の少年(18)について、遺族や被害者の家族らは12日、罰則の重い危険運転致死傷罪での起訴を求める21万1831人分の署名と意見書を京都地検に提出した。
 地検は同罪の適用可否を再検討し、17日までに起訴する見通しだ。

 おなかの女の子とともに亡くなった松村幸姫さん(26)の父、中江美則さん(48)は記者会見し、「故意犯を対象とする危険運転致死傷罪を適用すべきだとの意見に、多くの賛同をいただいた。地検はその声に応えてほしい」と話した。

 一方、事故前に無免許運転したとして、道交法違反(無免許運転)の非行事実で送致された亀岡市の土木作業員(18)の少年審判が12日、京都家裁であり、千葉康一裁判官は中等少年院送致の保護処分を決定した。

(2012年6月12日20時43分 読売新聞)
  1. 2012/06/13(水) 19:18:08|
  2. ミカの日記

生命のミュージアムを訪問して動画レポートしました!

 (社)交通事故被害者家族ネットワークでは、「USTREAM」を使って、定期的にインターネットライブ放送を行っています。

 今回は、東京・日野市にある「生命のミュージアム」にお邪魔し、館長の鈴木共子さんとスタッフの岩崎悦子さんに、ミュージアムを案内していただきました。
 ちょっと「ちい散歩」みたいな感じです!!

 ぜひご覧くださいませ。
 そして、まだ足を運ばれたことがない方は、ぜひ一度ミュージアムに行ってみてくださいね。

  1. 2012/06/07(木) 16:03:01|
  2. ミカの日記

『冤罪ファイル』7月号

 さわやかな風が、仕事部屋を通り抜けていきます。
 いい季節ですね。

 数日前、娘が庭から柿の葉っぱをとってきて、生サーモンで柿の葉寿司を作ってくれました。

柿の葉寿司

 美味しかったですよ~。
 つやつやの柿の葉っぱの緑と、サーモンの朱色が、素敵なコントラストです。

 さて、今月発売の『冤罪ファイル』に、下記の記事を執筆しています。
 交通冤罪が晴れても、消えない行政処分の不思議……。
 こういう事件を取材するたびに、死亡事故だったらどうなってしまうのだろうと恐ろしくなります。
 本人がここまではっきりと証言し、刑事裁判で無罪を勝ち取っているにもかかわらず、こういうことが起こっているのですから。

 実際に、これまで取材した事件の多くが『死人に口なし』的な処理をされているのが現実なのです。

 ぜひ読んでみてくださいね。

***********************************
 
シリーズ・交通裁判

■レポート

もうひとつの「冤罪」
自動車運転免許停止処分取消請求事件 ついに最高裁へ

前号既報
『善意の目撃通報者が一転、死亡事故の「被疑者」に……』

ようやく無罪判決を勝ち取ったのに、
なぜ行政処分は取り消されないのですか?

取材・文/柳原三佳(ジャーナリスト)

(リード)
ただ「目撃者」として通報しただけの男性が、事故から1年3か月後、突然、自動車運転過失致死罪の「被告人」として在宅起訴され、刑事裁判にかけられた。被害車両と接触すらしていなかった男性は唖然としつつ、懸命に無罪を訴えるしかなかったが、起訴から1年5か月後、その主張は受け入れられ、幸運にも無罪判決を勝ち取った(本誌NO.14で既報)。ところが、無罪判決が下される前におこなわれた免許停止処分が、いつまでたってもそのままであることに疑問と怒りを感じた男性は、神奈川県と公安委員会を相手に、免許停止処分の取り消しを求めて訴訟を起こした。その結果は……。交通事件でたびたび大問題になる、刑事判決と行政処分との理不尽なねじれ現象についてレポートする。




  1. 2012/06/07(木) 13:36:01|
  2. 柳原三佳の執筆記事

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。