柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

亀岡暴走 無免許運転厳罰化を検討 遺族の訴え国動かす

 無免許運転の厳罰化が具体的に検討されています。
 まずは道路交通法の罰則引き上げから、着手される模様です。

 先週のニュースですが、お伝えします。
 名古屋の真野さん、京都/亀岡の中江さんをはじめとするご遺族、本当に頑張ってくださいました!

__ (41)亀岡
(インターネットライブ放送・交通事故被害者家族ネット、水天宮スタジオより)


亀岡暴走 無免許運転厳罰化を検討 遺族の訴え国動かす 京都

産経新聞 7月25日(水)7時55分配信


 亀岡市で集団登校中の小学生ら10人が無免許の軽乗用車にはねられ死傷した事故を受け、松原仁国家公安委員長は24日の閣議後の記者会見で、無免許運転の罰則引き上げを検討するよう警察庁に指示したことを明らかにした。松原委員長は20日に上京した被害者家族と面談、「遺族の方らと直接お話し、その思いを強くした」と述べた。「二度と同じ悲しみを味わってほしくない」。事故から3カ月、遺族らの切実な訴えを受け国がようやく動き始めた。(矢田幸己)

                   ◇

 今回の事故で、遺族たちにとって最も納得できない点の一つは、車を運転していた無職少年(18)が、無免許運転を繰り返していたことで、逆に「運転の技能そのものはあった」と判断され、危険運転致死傷罪の適用を見送られたことだった。遺族たちは再発防止のためにも、同罪の適用対象に無免許運転を加えることを強く要望している。

 一方、同罪は、交通事故の加害者に対し特例的に重い責任を問うため、その対象範囲を限定的にとらえるべき、というのが現行法の考え方だ。

 これについて、川本哲郎・同志社大法学部教授(刑事法)は「免許を取得していない者が無免許運転を繰り返せば適用の対象から外れることは、想定していなかった」と指摘。

 「飲酒運転は悪質で厳罰に処されるという認識は社会全体に広がっているが、無免許運転に対するドライバーの意識はいまだ低い。刑法の全面改正には時間が必要だが、法の抜け穴を修正するのは急務。道交法における無免許運転の量刑を重くすることで抑止につながる」と、道交法改正の必要性を示した。

 一方、国会でも6月、超党派の国会議員が「危険運転致死傷罪を考える超党派の会」を設立。危険運転罪の適用要件緩和や自動車運転過失致死傷罪における法定刑の引き上げなど、立法措置を視野に会合を重ねている。警察庁の検討と合わせ、今後の動きが注目される。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 10:45:51|
  2. ミカの日記

『巻子の言霊』(講談社)NHK/BSでドキュメンタリードラマ化決定!

 一昨年出版した『巻子の言霊 愛と命を紡いだある夫婦の物語』(柳原三佳著・講談社)のドキュメンタリードラマ化が正式に決定しました。

「まばたきで"あいしています”~巻子の言霊~」

●放映日:9月2日(日)夜10時からNHKBSプレミアムで初放送。

●主な出演:夏八木勲さん、木内みどりさん


 なお、松尾さんと昨年USTREAMで対談した模様は以下から視聴できます。

http://www.ustream.tv/recorded/17116997

 このドラマに関する情報は、追ってお伝えしますね。
 まだ原作を読んでいないという方、ぜひ読んでみてくださいませ。

makiko.jpg

●『巻子の言霊』
  1. 2012/07/27(金) 10:21:30|
  2. ミカの日記

たくさんの動きがあった1週間

 わ~、ブログを書こう書こうと思いつつ、またしてもこんなにおさぼりしてしまいました。
 来月出版予定の単行本の最後の校正作業もようやく終わりが見えてきて、少し一息つけたところです。

 先週は、名古屋の眞野さん、京都亀岡の中江さんをはじめとする遺族会のみなさんと一緒に、民主党の議員さんたちの集まりに出席してきました。
 7月8日、名古屋のシンポジウムでご一緒したメンバーです。

 眞野さんと中江さんたちは、今、無免許運転を抑止するための厳罰化に向けて、活発に活動しておられます。

 その声を、前原さんが直接聞き、議員に広く呼び掛けてくださったのです。

 7月20日午前9時、衆議院議員会館の会議室で行われた会議の模様をご覧ください。
 眞野さんと亀岡事故の遺族、被害者の家族が、被害の実態と加害者の悪質性を、切々と訴えられました。

P1120750.jpg
P1120743.jpg

 7月21日は、亀岡のメンバーと一緒に、東京日野市にある「いのちのミュージアム」に出かけました。

 ミュージアムでは、10年前に息子さんを無免許・飲酒の事故で失った鈴木共子さん、そして飲酒ひき逃げ重ね飲みの加害者に息子さんを奪われた岩崎悦子さんが、ご自身の体験を話してくださいました。

 亀岡のみなさんは、まだ事故から3カ月しかたっていません。
 けれど、鈴木さんや岩崎さんの、同じ体験をされた方のお話は、きっと心に響いたのではないでしょうか。

 こんな風に、和気あいあいと集合写真を撮利ました!
P1120857.jpg

 ミュージアムには、たくさんのメッセンジャー(理不尽な事件や事故で亡くなった方々の人型パネル)が展示されています。
 亀岡の事故で、妊婦さんだった御嬢さんを亡くされた中江さんと息子さんが、医療過誤で突然亡くなった私の父の写真を真剣に見てくださっている姿に、胸がじんとしました。
P1120864.jpg

 無免許運転を亡くすために活動は、着実に動きを見せつつあります。

 9月8日(土)に大阪梅田で、眞野さん、中江さんをゲストにシンポジウムを行います。
 そのときに、新しいニュースをお伝えできたらいいなあと思います!
  1. 2012/07/25(水) 23:13:56|
  2. ミカの日記

7月8日に名古屋で開催されたシンポジウムの動画です

7月8日に名古屋で開催された、(社)交通事故被害者家族えっとワークの支援集会シンポジウムの模様を以下からご覧いただけます。

 約90分のシンポジウムです。
 名古屋と亀岡の悪質運転事故のご遺族と衆議院議員を招き、無免許運転の厳罰化、抑止のための取り組みについて考えます。

 次回は9月8日、大阪・梅田の会場に両ご遺族を招き、同じテーマでのシンポジウムを開催予定です。

  1. 2012/07/12(木) 10:56:49|
  2. ミカの日記

『ガレージビルダー4』(八重洲出版)発売!

うちの主人が編集長をしている雑誌のひとつ『ガレージビルダー』(八重洲出版)の第4号が発売となりました(表紙撮影のロケ現場は我が家の庭で、素人モデルは我が家の一人娘です~!)。

今回は、私の書いた古民家移築の記事と、主人が書いた『親子井戸掘り体験記』も掲載されています(庭に掘った手掘りの井戸からは順調に冷たい井戸水が出ておりま~す!)。

井戸掘りにチャレンジしたい方は、ぜひご覧くださいませ~(笑)。

ガレージビルダー4
  1. 2012/07/09(月) 16:03:38|
  2. ミカの日記

京都死傷事故の遺族、前原氏に法改正求める

 昨日の名古屋でのシンポジウムには、大勢の方にご来場いただきました。
 当日の講演とディスカッションの模様は、後日、USTREAMで公開します。
 取り急ぎ、シンポジウムの前日のニュースからお伝えします。


■京都死傷事故の遺族、前原氏に法改正求める

日本テレビ系(NNN) 7月8日(日)3時43分配信

 京都・亀岡市で10人が死傷した事故の遺族が7日、民主党・前原政調会長と面会し、危険運転罪などについて法改正を求めた。

 今年4月、集団登校中の児童ら10人が死傷した事故で、京都地検は、無免許運転の少年(18)を自動車運転過失致死傷罪で起訴し、遺族が求めていた最高刑でより重い危険運転致死傷罪の適用を見送った。

 このため、事故で死亡した松村幸姫さんの遺族らは7日、京都市内で前原政調会長と初めて面会し、無免許運転の厳罰化と危険運転罪の適用範囲を広げるよう訴えた。

 これに対し、前原政調会長は、遺族と法相が面会する場を早急に設けることを約束したという。
  1. 2012/07/09(月) 12:44:53|
  2. ミカの日記

7月8日のシンポジウムのお知らせ

 8月に出版予定の本の締め切りが目前に迫り、毎日原稿とにらめっこしています。
 今回書いたのは、東日本大震災における身元確認作業がテーマの本です。
 たくさんの方々に取材をし、貴重な証言を得ることができました。
 早く皆様にお見せしたいです!!
 

 さて、今度の日曜日は名古屋で支援集会です。
 交通事故被害者家族ネットワークから送られてきたプログラムを転記します!
 お近くの方はぜひいらしてくださいませr。


<講演・シンポジウムの部>

午後2時~

■特別講演:名古屋総合リハビリテーションセンター高次脳機能障害支援部長 
        深川和利医師による講演

午後3時~

■シンポジウム 「無免許事故を考える」

<パネリスト>
眞野 哲さん・志奈さん
(交通事故遺族/無免許・飲酒・無保険・ひき逃げ・一方通行逆走の加害者に大学生の長男の命を奪われる)2011年、名古屋市で事故発生。

中江 美則さん
(交通事故遺族/無免許の18歳少年の暴走により、児童と保護者10人が死傷。妊娠7か月の長女が死亡。7歳の孫が重傷を負う)
2012年、京都府亀岡市で事故発生。

中江 龍生さん(交通事故遺族/亀岡の無免許暴走事故で、妊婦だった姉を失う)

佐藤ゆうこさん(衆議院議員・4児の母、名古屋の眞野事件を当初より支援し、悪質運転撲滅問題に取り組む)

柳原三佳さん(ジャーナリスト。交通事故問題を長年にわたって取材執筆)


<別室では、無料法律相談も開かれます、要予約です>

開催日時:2012年7月8日(日) 14:00~17:00
場所:ウインクあいち(1002・1006)
◎JR名古屋駅桜通口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

シンポジウムは先着170名まで入室可能です。

チラシ0708



****************************手をつなごう 明日に希望を
****************************□

□一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク Traffic accident victims'
family Network
□業務執行理事:上田 育生
□〒103-0013  東京都中央区日本橋人形町1-13-9 藤和日本橋人形町コープ1004号

□TEL: 03-6661-1575     FAX: 03-6661-1585     携帯:
080-3154-2748
□ホームページ: http://www.jiko-kazoku.com/
□メール: ueda@jiko-kazoku.com


  1. 2012/07/06(金) 13:08:09|
  2. ミカの日記

7月8日 名古屋でのシンポジウムの新聞広告です

 7月8日(日)に名古屋でおこなわれる、シンポジウムの新聞広告です。
 みなさま、ぜひいらしてください。
 無免許などの悪質運転事件の処理について、様々な角度から話し合いたいと思います。

チラシ0708
  1. 2012/07/01(日) 13:47:38|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。