柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日のお昼、ラジオ日本の「ニュースリポート」で新刊『家族のもとへ、あなたを帰す』が紹介されます

 本日のお昼、ラジオ日本の「ニュースリポート」で新刊『家族のもとへ、あなたを帰す』が紹介されます。

 私のインタビューも流れると思いますので、ぜひ聞いてみてくださいね!

 ●9月28日(金)

  12時10分~12時20分

 「ラジオ日本・ニュースリポート」
    
スポンサーサイト
  1. 2012/09/28(金) 09:26:19|
  2. TV・講演情報

『サンデー毎日』(2012.9.30号)に『家族のもとへ、あなたを帰す』の書評が掲載されました

大震災の犠牲者を家族のもとへ
身元確認に奮闘した歯科医たち
(サンデー毎日書評 2012、09・30)

 死者1万5870人、行方不明者2814人(警察庁9月12日発表)に上った東日本大震災。震災から1年半が経過した今も、身元が確認されないまま引き取り手を待つ遺体(遺骨)は200体を超える。
 津波に襲われ、がれきなどで損傷した遺体の場合、身内ですら特定が難しいケースもあるという。

 そうした状況下、身元の決め手となるのが「歯」である。
『家族のもとへ、あなたを帰す』(柳原三佳著、WAVE出版=税込み1680円)は、文字通り各地から手弁当で被災地に赴き、死者の身元確認作業にあたった歯科医師たちの証言集だ。
 震災直後から被災地入りし、混乱と無秩序の中で黙々と遺体の歯型をチェックしていく歯科医の言葉は生々しく、そして重い。

 水素爆発を起こした福島第-原発周辺で、正確な情報が入らないまま仕事を続けた歯科医たちもいる。原発からの距離を考え、彼らは年齢順に"線引き"して担当地区を決めたという。

「責任のない"責任感"のある人たちに(身元の確認作業は)支えられた」(出羽厚二・岩手医大教授、同書から) 

医師と異なり、検視関連法規に歯科医の権限は定められていない。このため、「歯を調べるために遺体の口を切開すると、死体損壊罪に問われるのではないか」などの不安が現場の歯科医からは漏れたという。

 今年6月に成立した死因や身元特定に関する新法で、初めて歯科医の立ち会いが明文化されたが、実務上はまだ十分とは言い難い。
 作業にあたった歯科医たちはこぞって「生前の歯科カルテやレントゲン写真の保存、データベース化の必要性を痛感した」という。生前の情報がなければ、死後の特徴と照合できないからである。

 当たり前と思われるかもしれないが、その当然のことができていないのが日本の現状なのだ。無名の「遺体番号○○○○」が名前を取り戻さない限り、家族に真の平穏は訪れない。地道な作業は今も続く。
  1. 2012/09/27(木) 14:35:48|
  2. ミカの日記

『巻子の言霊』ドラマ化の打ち上げパーティー

 先日、NHK BSプレミアムでドキュメンタリードラマ化された『まばたきで愛しています 巻子の言霊』。
 多くの方からたくさんの感動メッセージが届いています!

 昨夜は、このドラマを制作してくださったスタッフ、原作となった『巻子の言霊』を一緒に作ってくださった編集者・カメラマン、会話補助器の開発者、そして、ドラマで巻子さんの役を演じてくださった木内みどりさんとともに、打ち上げパーティーを行いました。

 昨日は偶然にも木内みどりさんのお誕生日。
 みんなでお祝いしながら、楽しいひと時を過ごしました。

 今週末は、富山へ行って、主人公の松尾さんにお会いする予定です。

 松尾さんとの出会いから4年。本が出てから2年。
 こうしてドラマ化され、たくさんの出会いが広がっています!

木内みどりさん
  1. 2012/09/26(水) 14:19:39|
  2. ミカの日記

イベント紹介 ~ぐるっと赤城山~ ロードコミュニュケーションの輪 ツーリング

 群馬県のご遺族・山田さんが毎年企画しておられる交通事故撲滅を目的としたツーリングのお知らせです。
 お近くの方、ぜひ参加してみてくださいね!


1、イベント開催 

混合交通の道路上に優しさを吹き込み「気持ちの通じ合い」を提言

~ぐるっと赤城山~ ロードコミュニュケーションの輪 ツーリング
http://www.geocities.jp/kazenomessage/akagi09.html


●日時 2012年9月16日(日)
●集合 桐生競艇場第7駐車場 10時集合
http://map.yahoo.co.jp/maps?type=scroll&lat=36.39792794042533&lon=139.30 

参加者 県内外ライダーとドライバー

ゴール みどり市小平の里狸穴亭駐車場閉会式(午後5時)

内容 ①赤城山の裾野を一周する道路を北回り南周り二班走行し
     中間地点では行き交う参加者がピースサインを交し合い
     ロードコミュニケーションをアピールする。
目的 
〇道路における歩行者・ドライバー・ライダーの意思の疎通を図る
〇混合交通の道路におけるロードコミュニケーション意識を高め重大事故を無くす。
         
【道路を共有する人たちの意思の疎通啓発】
車が歩行者を巻き込む事故・減らない飲酒運転者による事故・ 交通モラルの欠
如がもたらす悲惨な交通事故によって「命を奪われた被害者の無念」
「遺された家族の心の崩壊」交通事故被害者家族として交通事故を無くしたいと
の 思いからロードコミュニケーション(道路における意思の疎通)を提言します。

ピースコミュニケションプロジェクトHP   
http://www.geocities.jp/kazenomessage/yuihpcp.html

開催にあたり・・・今年の思い!!

*****************************
今年4月、目を覆いたくなる痛ましい事故が相次いで起きました。
春爛漫の季節を忌まわしい記憶に変えられてしまった方々のことを
思わずにはいられませんでした。
・・・重大事故が起きた原因を考えるたびに・・・
私どもが呼びかけている「ピース・コミュニケーション・プロジェクト」の趣旨
である
【混合交通の道路において意思の疎通を図ることで事故を無くそう!!】
この提言と活動が無意味に思え虚無感に苛まれました。
車を走らせるために必要な(免許・体調管理・運行管理)「守るべき命」を
軽視した人から「ピーコミ」活動なんて絵空事だと突きつけられたようでした。

思いばかりが空回りした春でした。
でも それでも 何もしないでいるより・・・
思いを伝えよう!! 言葉にしよう!! 行動しよう!! 
気持を奮い立たせ交通安全推進イベントを思い新たに開催いたします。
*****************************
  1. 2012/09/14(金) 18:33:15|
  2. ミカの日記

9月13日の『中日新聞』に眞野さんが取り上げられました

中日新聞
  1. 2012/09/14(金) 00:48:29|
  2. ミカの日記

9月12日午後10時半~、 TBSラジオの「Dig」に生出演します


 今夜10時30分~11時20分、TBSラジオの「Dig」という番組に生出演します。テーマは、先日のシンポジウムでも取り上げた、悪質運転の刑罰問題です。後からネットでも聞けるようです! 
 ぜひ聞いてみてくださいね。
 
http://www.tbsradio.jp/dig/info/
  1. 2012/09/12(水) 12:55:17|
  2. ミカの日記

本日の大阪シンポ、インターネットライブ放送を行う予定です!

 今日は大阪でシンポジウムです。
 以下は、主催する会からのお知らせメールです。
 よろしくお願いします!

*************************


本日は13:30より大阪で被害者支援集会です。

法改正とあいまって注目度の高い集会となり、テレビ局、新聞社等々10社以上の取材
申し込みが来ています。

現場の状況次第で確約できませんが、本日の模様をインターネットライブ放送するか
もしれません。

お時間のある方は、当会のホームページの新着情報からお入りください。

全編を流す予定です。

□****************************手をつなごう 明日に希望を
****************************□

□一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク Traffic accident victims'
family Network
□業務執行理事:上田 育生
□〒103-0013  東京都中央区日本橋人形町1-13-9 藤和日本橋人形町コープ1004号

□TEL: 03-6661-1575     FAX: 03-6661-1585     携帯:
080-3154-2748
□ホームページ: http://www.jiko-kazoku.com/
□メール: ueda@jiko-kazoku.com


****************************************************************************
**□

  1. 2012/09/08(土) 06:22:53|
  2. ミカの日記

明日、大阪で交通事故のシンポジウムです!

■無免許事故:悲しみ、厳罰化考える…遺族らがシンポ 脳外傷の講演も--大阪・北区で8日 /大阪

毎日新聞 9月1日(土)14時28分配信

 無免許事故の被害者遺族らが8日、大阪市北区で開かれるシンポジウム「『無免許事故』について考える」で、大切な家族を奪われた悲しみや厳罰化の必要性などを話し合う。
 無免許運転を巡っては京都府亀岡市で4月、集団登校の列に車が突っ込み10人が死傷した事故で、加害者の少年が無免許だったと判明。京都地検が自動車運転過失致死傷と道交法違反の罪で起訴したが、危険運転致死傷罪の適用を求める署名が20万人以上から集まり、刑罰のあり方が問われている。
 シンポでは、亀岡の事故で妊娠7カ月の娘・松村幸姫さんを奪われ7歳の孫がけがを負った中江美則さんと幸姫さんの兄龍生さん、名古屋市で昨年10月、無免許・酒気帯び運転の男に長男貴仁さんをひき逃げされ亡くした真野哲さん志奈さん夫妻が討論する。コーディネーターはジャーナリストの柳原三佳さん。
 交通事故被害者家族ネットワーク主催。午後1時半から、北区大淀中1の梅田スカイビル22階で。無料。前半は、脳外傷を受けた後の行動障害などについて専門家が講演する。問い合わせ・申し込みは同ネットワークの上田育生さん(080・3154・2748)。

__ (41)亀岡
▲このメンバーで、悪質運転について考えながら、刑法改正の最新情報などについて語り合います!
(左から、亀岡事故遺族の中江龍生さん、中江美則さん、名古屋事故遺族の眞野哲さん、眞野志奈さん、後列・柳原三佳です)
  1. 2012/09/07(金) 12:31:03|
  2. ミカの日記

9月6日のNHK「時論公論」


今夜11時50分から10分間、番組「時論公論」で全国放送します。
名古屋のご遺族・眞野さんが、滝法務大臣に要請書を手渡した写真も紹介されますと連絡がありました。
 皆様、是非ご覧下さい。
  1. 2012/09/06(木) 21:17:44|
  2. ミカの日記

準危険運転致死傷罪新設も 悪質事故の厳罰化検討

 被害者・遺族の訴えが、国を動かしつつあります!


■準危険運転致死傷罪新設も 悪質事故の厳罰化検討
テレビ朝日系(ANN) 9月4日(火)14時29分配信

 滝法務大臣は、無免許運転などによる悪質な死亡事故に対して、より罰則の厳しい「準危険運転致死傷罪」の新設を検討していることを明らかにしました。

 4月、京都府亀岡市で10人が死傷した事故では、無免許の少年に対して、より刑罰の重い危険運転致死傷罪ではなく、自動車運転過失致死傷罪が適用され、遺族らが無免許運転による悪質な死亡事故の厳罰化を訴えていました。滝大臣は4日朝の会見で、現行の危険運転致死傷罪の適用範囲の拡大や、自動車運転過失致死傷罪よりも罰則の厳しい「準危険運転致死傷罪」の新設などを検討していることを明らかにしました。7日に開かれる法制審議会に諮問します。.
最終更新:9月4日(火)14時29分
  1. 2012/09/04(火) 14:52:24|
  2. ミカの日記

昨夜のドラマ、「まばたきで”あいしています” 巻子の言霊」


 昨夜のドラマ、「まばたきで”あいしています” 巻子の言霊」ご覧いただきありがとうございます。

 多くの方からメールやお電話で、「感動しました」「涙が止まりませんでした」というメッセージをいただきました。

 私は原作となった本の執筆者で、ドラマの制作には直接タッチしていませんでしたので、昨夜初めて見たのですが、本当に事実が正確に再現されていて、過剰な演出も一切なく、俳優さんが演じるシーンも、一瞬、ご本人たちかと見間違えるほどでした。

 一瞬の事故が、多くの人の人生を狂わせます。
 ドラマのワンシーンに、加害者の両親が土下座
をして謝罪している場面がありました。居眠りでセンターラインオーバーをした加害者は、免許取りたての少年でした。あの本を書いているとき、私の娘は加害者と同年齢だったこともあり、複雑な思いでした。ハンドルを握ることの『重さ』をしっかりと伝える教育が必要だということを痛感しています。

 昨日、松尾さんは病室で、巻子さんと二人してドラマをご覧になったそうです。時に涙を流しながら……。
「見ている間、巻子の手をずっと握って、その手を巻子に見えるように、胸の上に上げていました。ただ握っているだけでは感覚がないので巻子にはわからない。だから、手を上に上げてやるんです」
 ご主人の幸郎さんは、今朝、電話で私にそう話してくださいました。

*見逃した方は、再放送(9月9日正午~)ぜひご覧くださいね!



ご本人・幸郎さん
  1. 2012/09/03(月) 11:33:29|
  2. ミカの日記

『まばたきであいしています 巻子の言霊』 いよいよ今夜10時、放送です!

『まばたきであいしています 巻子の言霊』
いよいよ今夜10時、放送です!
 

 先日報じられた『毎日新聞』の記事をご紹介します。

■テレビドラマ:交通事故、唯一動くまぶたで「会話」 松尾さん夫婦をドラマ化--NHKBS、9月2日放送 /富山

 交通事故で全身不随になり、唯一動かせるまぶたで「会話」している富山市の松尾巻子さん(68)と夫幸郎さん(76)の半生を描いたテレビドラマが9月、NHKBSプレミアムで放送されることが決まった。松尾さんは「脚本は私も知らないので、今から楽
しみだ」と話している。
 巻子さんは06年、富山市内で車を運転中、センターラインを越えてきた対向車と衝突。自分で呼吸したり食事をすることができなくなった。唯一まぶただけが自分の意思で動かせる。そのまばたきを合図に幸郎さんが会話補助機の画面に表示される平仮名の範囲を狭めて一文字ずつ確定していく。これが2人の「会話」方法だ。
 番組制作会社「東北新社」(東京都)のプロデューサーが2人の半生を描いた本を読んだことがきっかけでドラマ化。「夫婦の愛にうたれた。交通事故の被害者がつらい目に遭っているということも知らせたい」といい、松尾さんたちにインタビューしたり、巻子さんの言葉を松尾さんがつづった冊子「巻子の言霊」を読むなどして取材を重ねた。
 幸郎さん役を俳優の夏八木勲さん、巻子さん役を女優の木内みどりさんが演じる。撮影終了後、2人は松尾さん夫婦にメッセージDVDを送ったという。木内さんは「2人に元気をいただいた」とコメント。夏八木さんの第一声は「私がもう一人の松尾幸郎です」だったといい、メッセージを夫婦で見ていた松尾さんは「巻子はこれを聞いてにやっと笑った」とほほ笑んだ。ドラマの放送は9月2日午後10時から。【大森治幸】
毎日新聞 8月1日朝刊

宣伝用スチール
  1. 2012/09/02(日) 07:20:48|
  2. ミカの日記

「防災訓練」って、何のため??? 岩手県、歯科医師会の訓練参加断る 「死者想定できぬ

昨日配信された、共同通信の記事です。

「防災訓練」って、何のためにするんでしょうね?

 岩手で膨大な数の遺体に向き合い、頑張ってこられた歯科医師の方々、その熱意と正義感に触れただけに、「岩手県」の対応がにわかに信じられません!??

岩手県の行政のみなさん、この本を読んで下さ~~い。
 現実を見てください。

51ROnh15ltL._SL500_AA300_[1]

************************

■岩手、歯科医師会の訓練参加断る 「死者想定できぬ」

 岩手県が9月1日に東日本大震災後初めて実施する総合防災訓練で、参加を希望した県歯科医師会に対し「(震災の)行方不明者もいる段階で死者の身元確認を前提にするのは好ましくない」として訓練参加を断っていたことが31日、関係者への取材で分かった。

 県歯科医師会は震災後、約1300遺体の歯型を照合するなど犠牲者の身元確認に尽力。被災者感情への配慮が理由とはいえ、震災の教訓を生かす意味で訓練の在り方が問われそうだ。

 歯科医師会は「(災害の犠牲者の)正確な身元確認のためには自治体との協力が不可欠。訓練参加を連携のきっかけにしたい」として県に再三、訓練への参加を打診。しかし、県は最終的に参加を見合わせてもらうように伝えた。

 県総合防災室は「歯科医師の参加は(訓練が想定する災害で)犠牲者が出るという意味になり、県民の心情を考えると好ましくない。歯科医師会との連携は今後検討したい」としている。

 県歯科医師会は「必要性を理解してもらえず残念だ」と話している。

 9月1日の総合訓練は東日本大震災と同規模の地震や津波を想定し、住民や自衛隊、医師ら約3万8千人が参加して岩手県釜石市で実施予定。

 県は昨年「県民の被災の記憶が生々しい」などの理由で大掛かりな防災訓練を行わなかった。

(2012年8月31日 共同通信)

http://www.kyodonews.jp/feature/news04/2012/08/post-7667.html
  1. 2012/09/01(土) 18:46:57|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。