柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「犯罪被害と警察の責任」を問う市民の集い

今日は、東京・市ヶ谷で行われているシンポジウムを聞きに来ています。

■「犯罪被害と警察の責任」を問う市民の集い

ー桶川・栃木・牛久の三国賠訴訟の勝利を目指してー

日時 7月29日(土) 午後1時30分~5時
場所 自動車会館・大会議室   

●桶川ストーカー事件・猪野憲一さん、京子さん
●栃木リンチ殺人事件・須藤光男さん
●牛久リンチ殺人事件・岡崎后生さん

 警察がきちんと動いてくれては起こらなかったであろう事件、身内をかばうために捻じ曲げられた真実……。
 いずれの事件も、ご遺族自らが壇上に立ち、被害の実態と深刻な警察問題を語ってくださいました。
 今、弁護士さんたちが事件の概要について説明をされているところです。(会場より)


★署名活動をされているご遺族がおられます!

 名古屋の佐藤さんというご遺族から、署名活動に対する支援のお願いが届いております。
 下記にメッセージを掲載しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

http://www.mika-y.com/bbs/help/index.html?


■ 「警察の責任認めさせ、安心な社会を」 犯罪被害者遺族が東京でシンポ
■ 「警察の責任認めさせ、安心な社会を」 犯罪被害者遺族が東京でシンポ

 国家賠償訴訟を提訴している犯罪被害者の遺族や弁護士によるシンポジウム「『犯罪被害者と警察の責任を問う』市民の集い」(同集い実行委員会主催)が二十九日、東京都千代田区の自動車会館で開かれた。上三川リンチ殺人事件で殺害された須藤正和さん=当時(19)=の父親の光男さん(55)ら三遺族が参加。須藤さんは「裁判で警察の責任を認めさせることが、再発防止につながり安心して暮らせる社会になる」と訴えた。

 シンポジウムは警察捜査の問題点を指摘し、被害者の権利拡充につなげることが狙い。須藤さんや埼玉県の桶川ストーカー殺人事件で殺害された猪野詩織さん=当時(21)=の両親、茨城県牛久市の中学生リンチ殺人事件で息子を殺害された岡崎后生さんが参加。支援者など約百人が会場を訪れた。

 二部構成で、一部では遺族が事件概要や裁判の経緯を説明。須藤さんは「県警は当初、一定の責任を認めていたが、提訴後は偽証をして、被害者に責任を押し付けてきた」と主張。「証拠をそろえて反証できたので、一審の勝訴につながった」と分析した。
  1. 2006/07/29(土) 16:12:11|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。