柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

KR250の思い出

 朝、主人が”刃”を調整してくれたおかげで、すっかり調子がよくなった、私の相棒・電動芝刈り機。
 ちょっと空き時間ができたので、汗をかきかき芝刈り作業に熱中していたのですが、終盤で大粒の雨が落ちてきたので、仕方なく撤収しました。
 でも、芝を短く刈り込むと、お庭はさっぱり。なんだかいつもより広く見えるから不思議です。
 畑では今、青紫蘇の葉っぱが茂っているので、昨日は「紫蘇味噌」を作りました。もうすぐ紫蘇の花が咲き、それが終わると紫蘇の実の収穫。まだまだ紫蘇で楽しめます。

 さて、先日公開した赤い革つなぎの写真、結構好評だったので(特にナイスミドル世代から!?)、今日はその第2弾!
 この写真、前にも一度公開したことがあるような気もしますが、バイクに乗っているときの後姿って、滅多に撮れないんですよね。

IMG_0002_1.jpg


 今回、私が乗っているのは、カワサキのKR250。
 実はこのバイク、「オートバイ」というバイク雑誌のモニター募集で当選し、新車をプレゼントされたんです~(ただし1年間)。それも、私が応募したのではなく、知人のレーシングチームに入っていた年下の男の子が、私の名前で勝手に応募していたんです(私に片思いでもしてたのかな?)。
 で、偶然にも私の21歳の誕生日の日に、当選を知らせる電話が東京のモーターマガジン社からかかってきたんですが、私はてっきり誰かが誕生日にいたずら電話をかけてきていると思い込み、
「またまた~、私は騙されませんよ~~」
 とかなんとか、笑い飛ばしながら電話を切った覚えがあります。
 でも、その電話、本物だったんですね。こうしてKRは、ちゃんと私の元に運ばれてきたってわけですから。
 というわけで私は当時、贅沢にも、新車で買ったばかりのGS250FWと、このKR250を2台所有し、TPOに合わせて乗り換えていたわけです。

 ちなみに、私の前にいるのは、今朝、芝刈り機を修理してくれた主人(当時婚約中)です。
 彼の革つなぎの背中にある「YANAGIHARA」の文字は、間もなく私の今の「姓」になった……というわけです。
  1. 2006/08/30(水) 15:06:17|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。