柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飲酒事故の記事

 週末、土曜日は大阪市立大学で行われた「犯罪学会」のシンポジウムに、日曜日は東京大学で行われた「現場からの医療改革推進協議会第一回シンポジウム」に参加してきました。
 両日ともに興味深いお話をたくさん聞くことが出来たと同時に、現状の、特に「死因究明制度」には問題が山積していることを痛感した2日間でした。

 さて、三重県の椋樹立芳さんから、ご自身の息子さんの事故のことが関西地方で新聞記事になったという話を伺いました。
 椋樹さんとはもう、10年以上前からのお付き合いで、拙著「交通事故のウソ」(宝島社)の中にも記事を収録させていただいており、今週末は東京都内でプロのドライバーの方々を対象とした講演をさせていただくのですが、その中でも、椋樹事件を取り上げることになっています。
 許されざる飲酒事故。遺族の悲しみは、何年経っても癒えることはないのですね。

■許すな飲酒運転:癒えぬ悲しみ 
 長男の事故死から16年--椋樹立芳さん /大阪

 ◇長男の多重追突事故死から16年

 ◇時がたっても「涙いつでも」--TAV交通死被害者の会・椋樹立芳さん

 「時がたてば悲しみは癒える」。そんな言葉は、うそだということをTAV交通死被害者の会(大阪市北区)会員、椋樹立芳(むくじゅりゅうほう)さん(71)=津市=は今、身をもって体験している。愛知県警巡査だった長男裕之さん(当時26歳)が飲酒運転の車に追突され、焼死してから16年。裕之さんを忘れた日は一日もない。椋樹さんは「加害者には一時的な出来事でも、遺族の悲しみと怒りは一生続く」と飲酒事故被害者の思いを語った。【山田英之】

 裕之さんは90年3月17日夜、名古屋市中川区の交差点で、赤信号で停車中、時速100キロ近くで乗用車に追突された。信号待ちの計6台が巻き込まれ、裕之さんが焼死、3人がけがをした。

 県警中川署は初動捜査を誤り、追突したのは裕之さんの車とみて、署に駆けつけた椋樹さんに「警察官がとんでもないことをしてくれた」と言い放った。息子を加害者と思い込んだ椋樹さんは出棺の時、悔しくて棺(ひつぎ)をけった。

 再捜査の後、追突した乗用車の男(37)を業務上過失致死傷容疑で逮捕。しかし、男は初公判で起訴事実を否認して争ったため、懲役2年の実刑が確定するまで、事故から5年以上かかった。判決によると事故当夜、友人らと居酒屋で飲酒し、制止されたにもかかわらず、ハンドルを握っていた。

 男は刑を終え出所後、「つらい思いをさせたことを悔やんでいます」と書いた手紙を送って来たが、「汚名を着せられ、息子の棺をけった親の気持ちが分かるか。私は自分を恨み、息子にわびました」と椋樹さんは話す。

 事故の日、裕之さんは非番だった。当時、三重県桑名市にあった実家に帰省。将来を約束した恋人を紹介した後、事故に遭った。刑事として活躍する夢も果たせなかった。

 椋樹さん宅に警察から事故の知らせがあったのは午前0時ごろ。今も午前2時ごろ、目が覚め、眠れなくなる。遺体は真っ黒に焼け、頭部は骸骨になる寸前、体は筋肉の筋が見えていた。椋樹さんは言う。「涙を流そうと思えば、いつでも流れる。息子を思う気持ちは何も変わらない。この思いは私の命が終わるまで続くでしょう」

毎日新聞 2006年11月8日
  1. 2006/11/28(火) 11:13:24|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。