柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死亡事故の目撃情報を求めています(名古屋)

 クリスマスも終わり、お正月の準備などでにぎわうこのシーズン。でも、私の元には、事故の真相を追求するご遺族や被害者の方々からの連絡が後を経ちません。

 10月5日に名古屋市内で起こった死亡事故です。自転車の青年が信号無視をしたということで、すでに相手方のドライバーは不起訴処分となりました。
「あんなに広い道路で、なぜ……?」
 ご遺族は今も納得できず、客観的な情報を求めておられます。
 この事故について情報をお持ちの方がおられましたら、ぜひご協力をお願いいたします。

<以下、ご遺族からのメールを転記します>

■発生時間/2006年10月5日木曜日 午後10時40分頃

■発生時の天候/雨

■発生場所/名古屋市千種区の鏡池通2丁目交差点(交差点角に見附小学校、ミニストップがあります)。名古屋高速道路道路 東山線 四谷出口との合流地点のある交差点です。

■被害者は身長165cm、体重約65kg、28歳男性。名古屋大学院生。紺色の反射剤のついた雨合羽を着用。

■自転車は20インチのコンパクト車。色はシルバー。

■めがね(フレームはシルバー系で、わりと小さなサイズ)を愛用していましたが、いまだに発見されていません。どなたか現場で見かけられた方はおられませんでしょうか?

■相手車両は、スバルのレガシィ B4のセダンタイプ。2000年もしくは2002年式。(排気量1994cc。車両重量1480kg)ボンネットにエアーインテーク空気取り入れ口あり。色はシルバー。品川ナンバー。

■自転車は見附小学校方面からミニストップ方面(北から南)へ横断歩道を横断中、鏡池通線を山手通から中区(東から西)へ走行してきた相手車両と横断歩道上で衝突。弟は衝突後、交差点中央まで飛ばされ、自転車は右斜め前対向車線側へ飛ばされました。

■午後10時49分、救急車現場到着。11時05分、現場発車。事故後相手車両は、交差点を越えた先の横断歩道の先で車を停車。実況見分は、午前3時近くまで行われた模様。

■10月7日の新聞には、千種署はいずれかが信号を無視したものとみて調べていると記載されております。
 
 この事故の目撃者を捜しています。些細な情報でも結構です。どうぞよろしくお願いいたします。

<連絡先>
〒814-0155 福岡県福岡市城南区東油山6-2-26
伊藤 香織(被害者の姉)
FAX 092-861-2800
E-mail t6lyjp@yahoo.co.jp
  1. 2006/12/28(木) 12:19:04|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。