柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年もよろしくお願いいたします

 明けましておめでとうございます。
 早いものであっというまに三が日も過ぎ、今日からお仕事という方も多いことでしょう。

 私たちは元旦にJR東日本の「元旦フリー切符」を利用して、家族で山形の立石寺(松尾芭蕉の句で有名なお寺です)へ初詣に行ってきました。
「山寺」という小さな駅を降り、参道を歩いていくと、目の前にそびえ立つ断崖絶壁の山。その頂上に大仏の鎮座する奥の院があるとのことで、雪の残る八百余段の急な階段を息を切らして登りつめました。
 この階段を上ると煩悩がとれるということでしたが、たしかに、息苦しくて何も考えることができませんでした……。でも、上りきった後に見た水墨画のような山の景色には感動しました。
 その後、作並温泉液で下車。日帰り温泉と岩盤浴を楽しんだあと、仙台へ移動。夕食は牛タン焼きに舌鼓を打ち、その日のうちに千葉へ帰り着きました。

 翌2日は、中学校の同窓会に出席するため、奈良へ移動。約70名の同窓生と28年ぶりの再会を果たし、懐かしい思いに浸りました。
 そして3日は、朝から兵庫県の宝塚へ移動。104歳になるおばあちゃんのお見舞いをして、帰省ラッシュの中千葉へと戻ってきました。

 あっという間の3日間でしたが、新年の初めに勇気づけられることや楽しいことがたくさんで、今年も頑張ろうと心新たに誓うことができました。
 で、今日は遅ればせながら仕事部屋の大改造&大掃除。
 きれいな部屋になったら、もっと原稿執筆がはかどるはずだと自分のお尻を叩きながら、山のような書類と本の整理に負われているところです。

 というわけで、お正月三が日の近況報告でした。
 皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2007/01/04(木) 13:09:21|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。