柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

災難続き?

この1週間は、原稿書きで超多忙でしたが、こういうときに限って災難に見舞われるものです。
 まず、車をぶつけられました。住宅地を直進中、右側の路外(駐車場)からいきなり出てきた車にドカ~ンと。相手のドライバーは携帯で会話中。
 私としては不可抗力の事故だと思うのですが、それでも1割はこちらにも過失があるとのことで……。
 でも、相手側の損保会社は親切に対応してくれていますし、代車もすぐに用意してくれたので、とりあえずはほっとしています。
 もうひとつの災難は、包丁で指をざっくり切ってしまったこと。ようやく痛みがひいてきましたが、指をかばいながらのキーボードたたきは、肩が凝ります。

 さて、長崎ではとんでもない事件が発覚しました。
 交通事故を装って、息子を殺害……?
 にわかに信じられません。
 警察が騙されるのもわからないではありませんが、やはり、亡くなった人の「死因究明」は、もっと真剣に行われるべきだと思います。
 司法解剖はしないでくれと言われたから、しなかった、では済まされません。

■長崎三男保険金殺人 共犯2人に2000万円 逮捕の父、他の知人にも依頼7月28日16時37分配信 産経新聞


 長崎県大村市で元保護司、佐々木繁一容疑者(75)が保険金目当てに三男の政治さん=当時(26)=を殺害したとされる事件で、政治さんの死後に佐々木容疑者が保険金1億2000万円を受け取り、共犯で逮捕された2人に1000万円ずつを渡していたことが28日、関係者の話で分かった。また、借金で困っていた他の知人にも、高額な報酬で政治さんの殺害を持ちかけていたことも判明。大村署捜査本部は1000万円が犯行を手伝う報酬だったとみて、金銭授受の詳しい経緯を捜査している。


 調べでは、佐々木容疑者らは平成15年7月1日夜、大村市の山林内にある道路脇の側溝で、政治さんを水死させた疑い。調べに対し、佐々木容疑者は「息子は事故で死んだ」と容疑を全面的に否認。ともに殺人容疑で逮捕された大村市の学生寮勤務、内田勝子(62)と同居の青果販売業、大平弘海(73)両容疑者は、計画段階や犯行当日の一部関与を認めたが、「殺害にはかかわっていない」と供述しているという。

 関係者によると、事件当時、内田、大平両容疑者の自宅には消費者金融の取り立てが頻繁に訪れ、佐々木容疑者にも多額の借金があった。捜査本部は3人の借金苦が動機の一因になった可能性があるとみている。

 また、佐々木容疑者は15年5月上旬ごろ、大平容疑者を通じ、消費者金融などから借金があったギャンブル仲間に「車は対人、対物無制限の保険に入っている。1000万円やるから、交通事故で佐々木さんの息子(政治さん)を殺してほしい」と頼んだという。

 仲間は取り合わなかったが、別の知人は「家から息子が飛び出すから、車ではねてほしい。1500万円出す」と依頼されたという。この知人も金に困っていて、当時金融業も営んでいた佐々木容疑者に現金の融通を頼んだことがあったらしい。

 政治さんは15年7月1日夜、大村市東大村の山林内で、道路脇の側溝に倒れ、水死しているのが見つかった。そばには政治さんのミニバイクが倒れていた。

 佐々木容疑者は当時、遺体の解剖をしないよう求めたといい、捜査本部は解剖で事件が発覚するのを恐れていたとみている。

 かけ事の仲間は同年10月ごろ、「1000万円で殺人を依頼された」と大村署に通報。県警が再捜査するきっかけになった。

  1. 2007/07/28(土) 21:08:49|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。