柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月26日(月) 「示談交渉人裏ファイル パート6」ドラマです!

 明日、26日夜、TBSミステリー劇場で、おなじみ「示談交渉人甚内たま子裏ファイル」が放映されます。
 このドラマの原作は、「示談交渉人裏ファイル」(柳原三佳・浦野道行著)です。この機会に、本のほうもぜひ読んでみてくださいね!

■示談交渉人甚内たま子裏ファイル⑥5月26日(月) よる9時

 渡辺えりのはまり役第6弾!! 高速道路で起こった事故、複雑に絡み合う人間関係。上司・勝田と協力しあって、人情ある解決を目指すたま子、今回はいかに!?

みどころ

 たま子が勤める大日東保険損害調査部の部長・勝田が乗っていた同級生の車が事故に!どうやら警察は、勝田たちの乗った車がスピードを出し過ぎて、前方不注意で前の車にぶつかったと見ているようだ。怒り狂う勝田、真相を探るたま子。 調査が進み、真相に近づく度に新たな謎が! 高速道路で起こった事故に、人間関係が複雑に絡み合う。前回から登場した、たま子の新しい同僚・宇梶剛士とのコンビネーションも冴え渡る渡辺えりの人気シリーズの第6弾。いつもは保険金を出したがらない保険会社の上司・勝田と協力しあって、人情ある解決を目指すたま子。今回はいかに?

内 容

 甚内たま子(渡辺えり)が勤める大日東保険損害調査部の部長・勝田(小野武彦)は、高校時代の同窓会に参加するため、同級生の吉岡(小野寺昭)と伊豆の温泉地へと向かっていた。蕎麦屋を営む吉岡は、商売でも使用しているワゴン車に蕎麦打ち道具一式を持ち込み、勝田を助手席に乗せて運転をしていた。吉岡の店の写真を見ようと、助手席に座っている勝田が吉岡の携帯をいじっていると、急ブレーキがかかる。高速道路の第3車線を走っていた白い乗用車が、中央分離帯にぶつかり急停止した。そして、その車体後部に吉岡が車で衝突してしまったのだ。
 勝田はかすり傷で済んだものの、吉岡の意識が戻らない。白い車の運転手・北村(かなやす慶行)は即死。どうやら警察は、勝田たちの乗った車が無理な追い越しをしようとスピードを出し過ぎて、前方不注意で前の車にぶつかったと見ているようだ。つまり、吉岡が加害者ということになっていた。このままでは、事故の全額損害賠償を吉岡が払うことになってしまう。勝田は、そんなのデタラメで、悪いのは「白い車とぶつかった赤いスポーツカーだ!」と言い、赤いスポーツカーを捕まえることを宣言する。
 早速、聞き込みを始めるたま子、住倉(宇梶剛士)。北村の通夜に訪れ、北村の妻・千晶(いとうあいこ)に挨拶をするたま子たちに、なぜか千晶は事故当時、北村は一人だったのかと尋ねる。そして、北村家から出てきたたま子たちの様子を往来に停めた車の中から見ている男の姿が…。
 たま子が再び千晶と会うと「北村が死んだのは自業自得」と言い、さらに、たま子たちの様子を見ていた男が、千晶と千晶の母親を捨てて消えた父親・汐見(山本圭)だということなどを知るとに。
 調査が進むなか、吉岡の意識が戻った。そんな吉岡は、事故に遭ったとき目にしたドクロマークを探すことに…。
 調査が進み、真相に近づく度に新たな謎が! 高速道路で起こった事故に、複雑に絡み合う人間関係。
 前回から登場した、たま子の新しい同僚・宇梶剛士とのコンビネーションも冴え渡る渡辺えりの人気シリーズの第6弾。いつもは保険金を出したがらない保険会社の上司・勝田と協力しあって、人情ある解決を目指すたま子。今回はいかに?
  1. 2008/05/25(日) 15:15:25|
  2. TV・講演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日から「週刊現代」(講談社)で「葬られた”変死体”事件簿」連載スタート! | ホーム | 去年の今頃は……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikay.blog44.fc2.com/tb.php/393-fdc09e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。