柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自衛隊のバス「自賠責なぜ適用外」 むつの遺族提訴

 6月15日に都内で行われた「NPO法人 交通事故後遺障害者家族の会」の総会で、青森から来場されたひとりのお母さんと知り合いました。
 事故から15年間、どれほど苦しい思いをされてきたことでしょう……。
 明日、第一回目の裁判が東京地裁で行われます。

■自衛隊のバス「自賠責なぜ適用外」 むつの遺族提訴

 公道を走る自衛隊の車両が、なぜ自賠責保険に入っていないのか―。15年
前、青森県むつ市で航空自衛隊の大型バスが姉妹2人を死傷させた交通事故で、
同市の母子が国に損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。姉は死亡、妹も
後遺症を伴う重傷を負ったが、バスは自衛隊車両という理由で自賠責の適用が除
外されていた。「事故の被害が正当に認定されていない」との思いがぬぐえない
母親。「同じような被害者を出してほしくない」と訴える。

 事故が起きたのは1993年9月16日。仲沢陽子さん(48)の長女=当時
(6つ)=、次女=当時(4つ)=が乗った自転車が、同市大湊上町の丁字路交
差点で空自の大型バスと衝突した。

 「自衛隊の車は自賠責に入っていない」。悲しみの中、仲沢さんは耳を疑っ
た。自衛隊車両は使用目的が特殊な上、国家賠償の対象となるとの理由で、自賠
責の適用が除外されていた。

 納得できないまま、長女の示談は受け入れたが、次女には視力低下に加え、自
傷行為などの精神的症状が現れた。「親の愛情不足」などと言われ思い悩む日
々。自衛隊は昨年ようやく精神的被害を認定し、賠償額850万円を提示した。

 果たして娘の苦しみは正当に評価されたのか。自賠責なら保険会社を通じ、障
害等級(次女の場合は最高3000万円)が客観的に判断される。相談した「交
通事故・弁護士全国ネットワーク」の助言を受け、仲沢さんは1度受け入れた次
女についての示談を取り消した。

 昨年末、次女は専門医を受診。「脳外傷後の高次脳機能障害」と診断された。
「やっぱり事故のせいだったんだ」。疑念が確信に変わった。

 今年4月、仲沢さんは19歳になった次女とともに、正当な障害認定と総額
9000万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。代理人の古田兼裕弁護士は
「自賠責は被害者を手厚く保護するための制度。国の資力に問題がないからと適
用されず、被害者の権利が足げにされている」と指摘する。

 仲沢さんは「せめて公道を走る車だけでも保険に入ってほしい。自衛隊の車と
事故に遭い、泣き寝入りしている人はきっといる」と語る。

 国側は請求棄却を求めて争う姿勢を示す。防衛省広報課は「審議中の案件なの
でコメントは差し控える。訴訟の中で主張を明らかにする」と話す。訴訟の第1
回口頭弁論は26日開かれる。

2008年06月25日水曜日(河北新報)

http://www.kahoku.co.jp/news/2008/06/20080625t23005.htm
  1. 2008/06/25(水) 18:25:29|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新刊「自動車保険の落とし穴」への感想文 | ホーム | 新種の『振り込め詐欺」?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikay.blog44.fc2.com/tb.php/412-bba1ba67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。