柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悲しいお別れ

 昨日は、本当に悲しいお通夜でした。
 棺の中の彼女とお別れをしたとき、あまりにかわいそうで、かわいそうで、涙が込み上げてきました。
 どうして17歳の命がこんなかたちで無理やり終わらされなければならないのでしょう……。
 
 先ほど、あるご遺族から下記のようなメールをいただきました。
 この方も、トラックとの事故で、大切な息子さんを今年の2月に亡くされたばかりです。
 ご紹介させていただきます。

*あすから群馬県庁で「生命のメッセージ展」が開催されます。

*****************************************

 こんにちは、何と言うことでしょう。昨日「週刊現代」を手に入れ、記事に心を痛めていたところ、柳原さんのブログにお嬢さんのお友達の不幸について書かれていたため、ご本人や周りにいらっしゃる方々の痛みが私の胸にも大きく広がりました。 
 共感することがその重みを軽くすることはできないとはいえ、祈らずにいられませんでした。
 お別れのときまでに、どうか今まで関わってこられた方々に亡くなられたお友達が少しでも多く何かを伝えられるように祈りました。

 水谷事件のこともブログで知ることができました。
 なぜ、ここまで技術的な部分で明らかにされようとしていることがないがしろにされるのでしょうか?  しかも犯罪になるような作業が堂々と繰り広げられる様子は、新たな犯罪を生む土台を作ることになるのに・・・
 神様でない人間が人を裁くと言うことについて、自分の技について謙虚さが不可欠なのに・・・・
このままの状態は、後世に悪い影響を与えてしまわないか不安です。 

 事故直後の肉親の思いは、直ぐに現場へ行きたくても、横たわるけが人を放ってはおけないのが実情だと思います。
 だからこそ、正確な捜査を切に警察に委ねているのに、そうもいかない場合いったいどうしたらいいのでしょうか?
 第三者では信用できないとしたら、やはりドライブレコーダーなのでしょうか。歩行時はGPSでしょうか?
 本当に、自分で守らなくてはならない状況になっているのですね。

 お嬢さんのお友達のご冥福をお祈りいたします。
  1. 2008/07/16(水) 19:26:32|
  2. ミカの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日は「生命のメッセージ展in群馬」へ | ホーム | 今週の『週刊現代』(2008.7.28号)に『白倉事件」(北海道)掲載>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikay.blog44.fc2.com/tb.php/422-1bcb168b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。