柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北原さんの介護日記、公開されています

 今日の千葉は、すっかり春の陽気です。
 芝生の庭はモグラに荒らされ、土の山がいっぱいできていますが、それでもヒヨドリなどかわいい野鳥たちが、たくさん集まって遊んでいってくれます!

 昨日は、医療メディエーターの講習を受けてきました。メディエーターとは、「医療対話促進者」のことで、患者側と医療側の橋渡しをする役割を担っています。
 現在の日本では、完全な第三者組織ではなく、院内スタッフが行っているそうですが、今回の講習では、紛争関係にある両者の対話と、関係の再構築がいかに大切かということがよくわかりました。
 私は医療過誤被害の経験者でもありますので、こうした立場の方々の存在はとても大切だと感じました。

●話題の連載「私の介護日記」が11回連続でお読みいただけます

 さて、今日はお知らせです。
 私は、「NPO法人交通事故遺障害者家族の会」の会員として、このNPOの会報「Koisyo-NEWS」の編集のお手伝いをしているのですが、この中で連載してきた、北原浩一代表による「私の介護日記」を第一回目からじっくり読んでみたいという多くの方からのご要望にお応えして、このたびひとつのファイルにまとめて再編集し、公開することになりました。

 事故の1ヵ月半後から綴られた日記は膨大な量で、本連載ではそのごく一部を抜粋してまとめたにすぎませんが、それでも、記録を残しておくことの大切さなど、たくさんのことを教えられます。
 事故からすでに21年が経過し、事故当時11歳だった北原洋さんは現在32歳。日記には、ご家族の歴史が刻まれています。
★ こちらからご覧ください。(PDFファイルで約5MB)
http://www.koisyo.com/kitahara.pdf

 なお、北原氏の息子さんが遭われた事故については、拙著)「交通事故被害者は二度泣かされる」(リベルタ出版)にも収録されています。
 こちらも合わせて、ぜひ読んでみてください。
  1. 2009/03/17(火) 14:07:06|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。