柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「下川事件」判決

 今日は東京高裁へ「下川事件」判決の傍聴に行ってきました。
 民主党の細律夫川議員が、昨年、実況見分調書の早期開示の必要性を訴え、国会質問で取り上げてくださった、あの事件です。
(私のHPで「スーパーモーニング」の動画も紹介しています)

 10年以上前に熊本で起こったツーリング中のバイク青年の死亡事故。
 加害者の女性が地元の警察官の婚約者ということが影響を与えたのかどうか、この事件は、非常にずさんな初動捜査で偏った処理をされてしまいました。

 今回の裁判で、下川さんの遺族は熊本県警を訴えていたのですが、結果的に、棄却されました。
 熊本県警の初動捜査は、決して十分なものだとは言えないけれど、誰かをかばおうとか、そうした不法行為はなかったと裁判所は判断したのです。

 その「事件」が起こったのは、判決のあっけない言い渡しの直後でした。
 原告席にいた遺族(お父さん)が、突然立ち上がり、「恥を知れ!」と大声をあげながら、なんと、胸ポケットから取り出した数珠を、裁判官に向かって投げつけたのです。
 数珠は中央に座っていた裁判長の額に、かすめるように当たりました。
 続いてお父さんは、自分の靴を脱いだかと思うと、再度裁判官に投げつけました。
 これは少しのところで外れたのですが、その瞬間、法廷は騒然となりました。
 普段はあんなに紳士的な下川さんが……。
 私にはにわかに信じられませんでした。

 もちろん、こうした行為は、法廷の中で許されることではありません。
 しかし、下川さん(お父さん)は、その場で取り押さえられることも、逮捕されることもありませんでした。
 なぜなのでしょう……。

 数珠を投げつけられた裁判官の髪は乱れ、私が見た限りでは、顔はひきつっていました。
 はたして、裁判官の中に、この事件の証拠をしっかり検証したという自信はあったのでしょうか。
 
 下川さんが、これまでどれほど緻密な立証をされてきたか、私はずっと取材をさせていただき、その御苦労をよく知っていました。
 それを裁判官は、ほとんど検証もせずに無視した、それも事実です。

 うまい言葉が見当たりませんが、これが警察を相手にした裁判の現実なのですね。

 今日は、これまでの交通事故取材の「総集編」を目の当たりにした、そんな感じです。
  1. 2009/03/26(木) 21:58:30|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。