柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大網白里町の「真実」

 今日は、私が住んでいる「大網白里町」が、あちこちで話題になっているようですね~~。
 まずは、この報道から……。

■酒井法子被告、保釈後は千葉・大網に潜伏
(10月29日7時52分配信 サンケイスポーツ)

 覚せい剤取締法違反罪で懲役1年6月の求刑を受けた元女優、酒井法子被告(38)が、千葉県大網白里町の知人宅を保釈中の居住地として東京地裁に届け出ていることが28日、分かった。29日発売の「週刊新潮」が報じている。酒井被告がサーフィンで通った九十九里浜にほど近い場所だが、東京からは50キロ以上離れている。なぜこの場所を居住地に…。

 酒井被告の“潜伏先”は東京から直線で50キロ以上離れた千葉県東部の海岸町だった。

 「週刊新潮」は「九十九里浜に面した大網白里町です。その町の知人宅をのりピーは居住地にしているんです。2階建ての一軒家で、田畑と新興住宅地が混在する地域にありますよ」という関係者談話を掲載している。

 大網白里町の人口は5万人ほど。大網駅は東京駅から快速で1時間強かかる。

 サンケイスポーツ記者が同町で聞き込みを行ったところ、酒井被告を見かけたという情報は聞かれなかった。近くに住む70代女性は「えーッ」と驚き、「住民はみな仲が良いけど、そういう話は聞いたことがない」と首をかしげた。

 だが、「テレビで見た弁護士(酒井被告を担当する榊枝真一弁護士のこと)らしき人を何回か見かけたことがある」と話す男性もいた。農村地帯のため、昼間からスーツ姿の男性を見ること自体珍しく、はっきりと覚えていたという。

 田畑が広がり民家が点在する静かな一帯で、唯一応対しなかった2階建ての一軒家が、どうやら酒井被告が居住地として裁判所に届け出ている知人宅だったようだ。

 同被告は保釈直後、東京・世田谷区内のマンションを居住地にしていたが、マスコミに所在地が判明してしまい、リフォームに時間がかかることなどから、この知人宅に変更手続きをしたのか。

 夫の高相祐一被告(41)と一緒によくサーフィンに出かけたとされる片貝海岸からも8キロの距離と近く、土地勘があることからこの地に選んだようだ。酒井被告を住まわせる知人はサーフィン人脈なのか、それとも逃走の際に手助けした建築解体会社「社長」(72)の人脈が関わっているのか?

 酒井被告は26日の初公判後、東京・南青山の自宅マンションに帰った。同マンション関係者は「家財道具は運び出しているので最低限の家財道具で生活しているのではないですか。(判決公判の)来月9日までは外に出ないのでは」と話しており、裁判所の許可を得て判決までは同所で過ごす可能性もありそうだ。


******************************************

 というわけで、ここからは柳原三佳の反論!!

>車を使えば都心部から高速で1時間20分ほどの距離にあり、

 は~~? 高速がすいていれば、銀座まで1時間かかりませんけど~~??(私の運転ならね!!)

>JR大網駅は東京駅から快速で1時間強かかる。

 いえいえ、特急に乗れば、大網駅から東京駅までは約45分でございます(ただし、特急料金はかかりますが)

>農村地帯のため、昼間からスーツ姿の男性を見ること自体珍しく、はっきりと覚えていたという。

 え~~。農村地帯といっても、完全に東京のベッドタウンですよ。スーツ姿の方はいっぱいいらっしゃるし、私だって昼間でもスーツで歩くときだってあるんですけど~~~??

>東京からは50キロ以上離れている。なぜこの場所を居住地に…。

 あのね~~、空気は東京よりずっときれいだし、お米もお野菜も美味しいですよ~~!!
 なのに、東京よりずっと安いお金で広~い土地が手に入りますし。
 それに、ここに住んでいる方々は、みなさんおおらかで温かいですよ。
 週末には、お家の前で楽しい屋外飲み会が開催されるし~~~。
 法子さんは、とっても良い場所を選ばれたと思うんですが??

 というわけで、この機会に「大網白里町」の素晴らしさを、しっかりアピールさせていただこうかと思っています。
 我が家も来月は、お庭で「いも煮会」を催す予定です~~。
 ご近所ののりピーが来てくれたら、盛り上がるかも??
 
  1. 2009/10/29(木) 22:41:26|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。