柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富山より

 今日は、今年最後の泊りがけ取材で富山に来ています。
 富山空港に降り立つと、除雪された雪が山のように積み上げられていたのでびっくり!
 今日は比較的暖かな日でしたが、つい数日前にかなり降ったとのこと。やはり千葉とは大違いです。
 夜は日本海のおいしいお魚で握ったお寿司を食べることができて大満足。特に、カワハギの肝付の握りが美味でした~~。
 それにしても、今年も全国各地あちこちを飛び回りました。
 年明けには、さむ~い北欧へ行くことになりそうですが、その前におせち料作りを楽しみながら、原稿書きもがんばらねば!!

 さて、先日の「あいおい損保」の契約取り消し事件について、群馬の山田さんからメールがありました。
 山田さんはバイクショップを経営し、損保の代理店を営まれています。そして、ご自身が大切な息子さんを事故で亡くされたご遺族でもあります。
 そんな山田さんだからこその、的を射たメッセージです。
 実は、今日も、富山にお住まいの交通事故被害者のご家族とたくさんお話しましたが、自動車保険のあり方について、重要な問題提起が続々と飛び出しました。

 山田さんの了解を得ましたので、ここでご紹介したいと思います。

*****************************************************


柳原三佳様

ご無沙汰しています。桐生の山田です。
14日の裁判で「あいおい損保」側の証人は
どのような証言をしたのでしょうか?

交通事故被害者は損害保険会社から「まさかと思う」非道な扱いをされ精神的被害は計り知れません。
実は12日に被害者支援センターの被害者支援ボランテア養成講座での「被害者遺族の思いを聴く」の時間枠で話をしてきました。
私は三井損保の過失捏造の実態を三佳さんのミスターバイクの記事を配布し10数年後も変わらない事故解析偽造の事実を伝えました。
私自身自分が契約していた保険会社から被害者になって守ってもらえないなんて信じられないことでした。

亡くなられた及川さんは・・・
どんなにか悔しく「あいおい損保」の対応を空から見守っているでしょう
“保険会社は一度は自分たちのミスを認めて、車両入れ替えを行い、遺族から追徴保険料を領収していたのです”
この契約は車両入れ替え追徴保険料の領収をしているのですから契約は成立していると思います。
人間のすることで間違いが生じることもあります。
記載間違いや入力間違いで契約後の契約内容変更や更新手続き後の変更も可能です。
三佳さんがブログにも書かれているように契約者保護を真っ先に考慮すべきと思います。

万が一の時に守ってくれると信じていた自動車保険
まさか・・・
損害保険会社から泣かされはめになるとは・・・・
思いもしなかった。

山田穗子


  1. 2009/12/25(金) 21:38:15|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。