柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胸に響く歌

 今日、同じ千葉県内、それもすぐ隣町にお住まいの、今井さんという男性から、下記のメールをいただきました。

 事故現場のR128は、私が毎日のように通っている国道です。

 彼の承諾を得ましたので、まずはこのメールを読んでみてください。
 私は、多くの方に、この歌を聞いていただきたいなあと思いました。
 そして、ご遺族も、きっとこの曲が生まれたことを、嬉しく思ってくださるのではないかと……。

 みなさんは、どう思われますか?
 ご意見があれば、ぜひ、私までメッセージをいただければ幸いです!(mika-y@mika-y.com)

 今井さん、メールをいただき、どうもありがとうございました。

*****************************************************

柳原三佳様へ。

 初めてお便りいたします。 千葉県の長南町に住む 今井義明 といいます。

 雑誌の記事などで柳原様の書く鋭い問題提起の記事を何度も興味深く拝読し、ずっと感銘を受けていました。
 もっとも、初めは交通事故と聞いてもどこか他人ごとで読んでいたのですが。
 4年前に、家族同然の親しい友人が事故で亡くなり。  以来、改めて柳原様の書く文章・活動内容が、胸に刺さってきます。

 テーマも重く、相手も国家権力、、。  
 大変な活動かと思いますが、どうぞ多くの方たちの支えとしてこれからもご尽力ください。
 お体に気をつけて、末長くご活躍ください。

 最近、直接柳原様にお便りできるサイトを知り、いてもたってもいられずこうして連絡してしまいました。  
 失礼をおわびいたします。
 
 他の、実際に家族を亡くされた交通事故遺族の方からの相談に比べると、重要とは言えないのかも知れませんが、、。
 私にも、個人的にご相談したい点がひとつあります。

 上記のとおり、私も友を事故でなくしました。
 自分にできたのは、その後 『少なくとも自分は悲しい事故を起こさないように運転に注意せねば!』と決意するだけでした、、。
 
 それから、もうひとつ。
 私は、『作詞家』として音楽の道で生きたいと夢見て創作活動をしており、亡くなった友も応援してくれていました。
 その子の事故を知った際、私は、あふれてきた悲しみを言葉に書き留めて残しました。

 後から思い出しての創作ではなく、悲しみにくれながら、その最中で書きましたので、、
 内容も、死別をいっさい美化せずに、事故の悲惨さをそのまま綴るものになりました。

 その後。  一度だけ、そうして生まれた歌を人前で歌った事はあり、聴いていた人たちは、『自分も事故を起こさないようにします!』と泣いて誓ってくれた、という出来事はありました。
 でも。  4年たちますが、、その友の遺族には、私がそんな作品を残したことを言えていないのです。

 家族ぐるみでの友でしたので、もちろん、遺されたご両親と弟さんとは今でも親しく交流していますが。  お嬢さんの悲惨な最後を想い出させてしまうような事になるなら、もうその歌は封印するべきなのか、と考えますし。
 反対に、事故の撲滅に少しでも貢献できるのならば、もっと多くの人に聴いてほしい! とも願うのです。

 突然に、こんな事を話されても困るとは思いましたが、、。
 多くの遺族と実際にお会いしてこられた柳原様ならば、遺された家族の想いもよくご存じで、どうしたら良いのかを教われる気がして、、。  

 ご遺族に、娘さんの事故を書き残した「歌」など、聴かせてしまって良いものなのか、否か・・。
 広める意義があるならば、ビジネスがらみでなく、ただ事故撲滅のためだけに使ってほしいのですが、そんな方法があるのか・・。

 そんな点について、一言でもアドバイスいただけないだろうか、 と願い、こうしてお便りしてしまいました。
 突然にごめんなさい。
 勝手ではありますが、その歌だけお伝えして失礼します。  
 率直なご意見をうかがえたら幸いです。

   http://www.youtube.com/watch?v=equOLStJVss


 ・・他の重要な問い合わせに対して、身勝手な便りになってしまったでしょうか。  貴重なお時間を奪った事を心からお詫びいたします。
 
 それでは。  これからも柳原様の活動。  注目して、心の底から応援しております。
 お体にお気をつけくださいますように。


                2010・1・6    今井義明

                
  1. 2010/01/06(水) 18:41:46|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。