柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィンランド・トゥルクの夜

 私は今フィンランド(ヘルシンキ)にいます。
 1月10日に成田空港を発ち、約10時間後にヘルシンキ空港に到着。そのまま国内線に乗り換えて、さらに約30分飛行機に乗って、初日はヘルシンキから西へ約160キロ離れたトゥルクという街を訪れました。
 P1060378.jpg
 
 トゥルクはヘルシンキ、タンペレに次ぐ、フィンランド第3の都市です。
 中世の初期に、スウェーデンがフィンランドに進出。結局、フィンランドを支配するための基地にし、1812年にロシアの皇帝・アレクサンドル1世が、現在の首都・ヘルシンキに遷都するまで、この地がフィンランドの都として栄えたそうです。
P1060325_20100113122241.jpg
 (これは1300年に建てられた大聖堂(車の中から撮ったので、ちょっとぼやけていますが……)

 ですから、トゥルクは今でも「オーボ」というスウェーデン語の市名でも呼ばれていて、文化的にもスウェーデンらしさが色濃く残っています。

 私にとって、スウェーデンといえば北欧家具マーケットのIKEAが馴染み深いのですが、たしかに、このあたりのお料理は、IKEAのレストランで味わうスウェーデン料理とほとんど同じです。
 お魚がおいしくて、とっても満足です!

 さて、フィンランドでの取材については、近々記事で紹介する予定ですが、ブログでは街の風景を写真でご紹介したいと思います。

 まずは1日目に宿泊したトゥルクの夜。
 私たちが泊まったホテルは、町の中心に流れるアウラ川に面していました。
 川、といっても、極寒のこの地では、川面が凍りつき、夜にはなんともいえない幻想的な風景が広がっていました。
 この日の気温はマイナス8度。夕食後に川の両サイドにある遊歩道をお散歩してみました。

P1060349.jpg
P1060359.jpg  
 
 街中の街路樹が「樹氷」となってライトに照らされ、遠くから眺めていると、まるで満開の夜桜のようにも見えました。
P1060364.jpg

 フィンランドと日本の時差は7時間。
 こちらは今、朝の6時ですが、日本ではちょうどお昼ご飯が終わった頃ですね。

 さて、今日も朝から取材です。
 今夜で早いもので4泊目。明日の夕方の飛行機で、フィンランドを後にします。
 
  1. 2010/01/13(水) 13:02:21|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。