柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひよどりの季節

 東北、北海道地方は大雪で大変なようですね。
 吹雪の映像をニュースで見て驚きましたが、千葉は雪とは無縁で今日もポカポカ陽気。
 朝から小鳥たちが庭に集まって、大事に育てている菜花を食い荒らしていくんです。
 菜花は毎日ぐんぐん伸びるので、主人と二人分のおひたし分くらいはすぐに収穫できるんですが、最近は鳥との競争です。
 2日前からは、ヒヨドリもやってきました。毎年、ミカンやオレンジの搾りかすをあげているので、覚えているんでしょうね。(これは、去年の写真ですが、多分同じヒヨドリさんです)

オレンジとひよどり

 今日も、朝絞ったみかんの搾りかすを、いつものお皿の上に置いてやると、すぐに飛んできておいしそうに食べていました。
 モグラとの戦いは相変わらずですが、あまりにひどいので、モグラの忌避剤を穴の中に埋め込みました。それが効いたのか、ずいぶん勢力は弱まってきたようです。
 そうそう、先週末は、ひょんなことから美輪明宏さんのコンサートチケットが手に入ったので、娘と二人で習志野まで出かけました。
 美輪さんを生で拝見するのは初めて! 長崎で体験された原爆のお話、戦中・戦後の混乱期に、必死で生きていた女性たちの話に、心打たれました。
 歌も素晴らしかったです! ヨイトマケの唄は、いつ聴いてもじ~んとしますね。

 さて、一昨日は、ある被害者の方から下記のようなメールが届きました!
 こうしてご丁寧なメールを下さったことはとっても嬉しかったですが、なにより、裁判官が被害者の苦しみを理解してくれたことは、本当によかったと思います。
 あきらめていたら、この結果は得られなかったんですものね。
 Aさん、本当にお疲れさまでした。

*************************************************

 こんちには。
3年前に突然ご相談のメールを送付しましたAと申します。
その後、知人から紹介してもらった弁護士とともに提訴に踏み切り、昨年こちらの請求をほぼ全面認める内容の判決を頂きましたので勝手ながら報告させて頂きました。
判決書には私が一番に訴えていた精神的苦痛に対しても言及してあり、その文言を読んだ時には恥ずかしながら目頭が熱くなりました。

“被告らが原告自転車と被告車の衝突の事実を否定し、原告は傷害を負っていないものと不十分な根拠により決めけたことにより、被害者である原告が受けた精神的苦痛は著しいことを考慮し、上記の金額を相当を認める”

 事故から5年本当に辛かったですが、やっと楽になれました。
 今後この判決が同じ様に辛い思いをしている人に少しでも役立ってくれればと思います。

 柳原先生には突然のメールにも関わらず丁寧に返信下さり感謝しています。本当に有難うございました。
 今後の更なるご活躍をお祈り申し上げます。
  1. 2010/02/08(月) 12:49:21|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。