柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

被害者からのメール

 一昨日のブログを読んでくださった方々から、心強いメールやお電話をいただきました。
 また、ご自身が被害に遭われ、今も苦しんでいるという方からも……。
 そんなメールの中から、ご本人の了解を得てご紹介したいと思います。
 それにしても、被害者にこんな言葉を投げつける保険会社が存在するなんて……。
 事実なら、本当に恐ろしいことだと思います。
 メールを下さったAさん、ありがとうございました。大変だと思いますが、一緒に頑張っていきましょうね!

*****************************************************

柳原三佳様


「あなたは自殺をするか、よくて寝たきりになるでしょう。交通事故とあなたの症状は無関係であり、事故処理は諦めなさい」

これは私が加害者側損保会社顧問弁護士から実際に言われた言葉です。

HPを拝見いたしました。
私は6年前に交通事故被害に遭い、今尚事故処理ができずにいる当事者本人です。
現在、障害名は「高次脳機能障害」との後遺障害名がついておりますが、医療、弁護士など交通事故に関与するさまざまな現実の厳しさを痛感しております。

柳原様の著書は拝読させていただきました。
「交通事故被害者は二度泣く」はまさにそのとおりで、医療や弁護士探しは重傷者ほど他者にとっても被害状況がわかりやすい側面があり、逆に軽度・中度の解釈をされた者ほど、詐病扱いなど医療・弁護士をみつけることは至難の業になってきます。

また同じ被害を受けた者だとしても、誹謗中傷されたり、障害がみえずらいことで心無い言葉を受けることも今尚少なくありません。

交通事故被害、高次脳機能障害を請け負う人生となった今、私自身が当事者として経験をまとめることができないかと思うようになりました。
行き着いた先は障害ではなく、人間に辿り着いたように思います。
市場原理主義の経済活動の中では、交通事故も商売になってしまう。
そこに関与する医師も弁護士もあらゆる関係者において、交通事故から現在、私たちが抱える問題というものを浮き彫りにできるのではないかとの思いが私の生きる力となり、唯一の支えになっているのだと思うのです。
また障害者を取扱った前例がないとの理由から無念にも休業していた会社を退職せざるをえない状況となり現在に至ります。

交通事故は毎日起こっています。
けれど、被害者にならない限り、この国の現実は見えないのだと思うのです。
そこには人生のすべてを他者の過失によって左右されてはじめて、現実から逃避できない状況に無理やり、ある日突然巻き込まれることによってこの国、医療、司法、就業など、私たちの生活を強制的に考える環境を与えられたのかとも考えます。

つらつらと長文失礼しました。
すこしずつ自分の経験を書いていきたいと漠然と考えているのですが、どのように進めていけばよいのか自分ではわかりません。
ご教授いただけないかとお願い申し上げます。

柳原様の著書、視点、問題意識は、私たち被害当事者にとって大きな力になっております。
ご活動に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

40歳 女性 (交通事故発生時35歳)

  1. 2010/02/19(金) 01:22:45|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。