柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

交通事故被害を通して見る、社会の縮図……

 昨日ご紹介した交通事故被害者・Aさんからのメールの続きをご紹介します。
「交通事故被害をとおして、社会の縮図をみているような……」
 Aさんの言葉に、大きくうなづいている自分がいました。

*****************************************************

柳原三佳様

ご丁寧なお返事ありがとうございます。
とても嬉しく、また勇気を頂戴しながら拝読いたしました。
本当にありがとうございます。

(中略)

交通事故処理に関わる関係者全般の責任転換や、仕事に対する姿勢の相違、また交通事故被害者を食いものにする社会的構図、医療においては、交通事故被害者が忌み嫌われる現状というものが存在し、そこに被害者であり、患者であり、障害者となった私たちがその隙間に突き落とされてしまう現実にあります。
そこに問題提議をしてくださる方は、私は柳原様以外、存じ上げません。

なにをどのようにお伝えすればよいのかわかりませんが、私たち若年層、特に女性被害者が直面する事故処理は安易なものではありません。
また、交通事故を処理していく上で逃げられない処理手続きとして、刑事事件処理における検事からの誹謗中傷、
(ここでも女性蔑視発言にて罵倒され、結果、検事総長へ連絡を取り、女性検事へ担当者を変更してもらうに至りました。
また刑事事件なのにもかかわらず、損保会社は検事にも連絡を入れ、加害者に対しての対応や事故後における被害者の状況の詳細を伝えないように指示してきたそうです)。
医療過誤、救急車のたらい回し、院内たらいまわし、病院からの追い出し、病院側が加害者側への情報漏えい、弁護士選定の難しさなど、交通事故被害をとおして、社会の縮図をみているような状況の月日でした。

誰も好き好んで犯罪被害者になる者はおりません。
ある日、突然にして、こちらの意思や心の準備など関係なく、一方的に巻き込まれてしまうものなのに、被害者に対する社会の見解は決して温かなものではありません。
被害者自身が傷を舐めあうのではなく共有できる情報として、お互いの経験がお互いの支えや楯となる役割を担えればと思うのです。

今日もある弁護士から相談を受けました。
被害者感情が一番身近にいる私たち弁護士に向かれてしまうと、事件処理が円滑には進行できず、依頼者も受任した弁護士も疲弊してしまう、と。
被害者という立場に慣れる者など誰一人としていないでしょうが、心ある弁護士や医師、関係者を潰してしまっては、元も子もないとも思います。
弁護士が被害者である「私」を頼ってくるということは、相当な負担が限界に近い領域まで押し迫っているのだと危機感を抱きました。

自分の経験が役に立つと根拠なく信じている部分があるので、自分の請け負った人生を投げ出さずにいられるのかもしれません。
被害者も加害者もいない世の中が理想なのでしょうが、少なくとも、被害者が報われる社会であって欲しいと希わずにはいられません。
  1. 2010/02/19(金) 13:55:59|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。