柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歩行者の死亡率が異常に高い国ニッポン!?

 今日、「歩者分離信号全国連絡会」の佐藤清志さんより、下記のメールをいただきました。
 大変重要な指摘をされていますので、佐藤さんのご了解を得て、ここに紹介させていただきます。

 私自身、ヨーロッパやアメリカを旅してよく思うのは、
「歩行者が守られているなあ」
 ということです。
 つまり、びくびくしなくても、安心して歩けるのです。

 しかし、日本はどうでしょうか? みなさんは、
 「日本の道を歩くのは、どうしてこんなに怖いんだろう?」
 と感じたことはありませんか?
 佐藤さんからのメールは、まさにその漠然とした思いを、根拠を具体的に示しながら問題提起してくださっています。

 歩行者が、安心して歩けない国……。
 皆さんはどう思われますか?
 厳罰化も重要な課題だとは思いますが、その前に、「歩行者と車を分離する」といった道路の構造や信号のパターンに、もっと目を向けるべきではないでしょうか?


****************************************************

東京の佐藤です。

昨日の時事通信で路線バスに轢かれ亡くなった3歳児の記事がありました。


1. 路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕-東京・練馬

 10日午後5時35分ごろ、東京都練馬区石神井台の区道で、走行中の吉祥寺駅発成増町行きの「西武バス」に、近くの会社員浅野広志さん(44)の長男裕也ちゃん(3)がひかれた。裕也ちゃんは病院に搬送されたが、頭を強く打つなどしており、死亡した。
 警視庁石神井署は自動車運転過失傷害の疑いで、運転手の大野正祥容疑者(31)=中野区鷺宮=を現行犯逮捕。同致死容疑に切り替え、調べる方針。
 同署の調べに、大野容疑者は「何かにぶつかった音がしたため、ブレーキを踏んだ。子供の姿は見えなかった」と話しているという。 
時事通信 3月10日21時58分配信

実はその前の日にも幼稚園の送迎バスに兄を迎えに来ていた1歳児が轢かれてしまう記事があったばかりです。
先日、水戸で自転車通学の一年生が轢かれ亡くなった件で、対策として送迎バスの導入案が出されていましたが、
バスを導入すればしたで、このような問題もおきかねないということがあります。
現に、少し前にも広島で通学の安全のためにと市の方で路線バスを送迎用に使用していた学校で、児童が轢かれるという被害も出ています。


2. 1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕-福岡県警

 9日午後3時50分ごろ、福岡県春日市須玖南の市道で、幼稚園の送迎用マイクロバスが、近所の主婦高橋美奈子さん(29)の長女こころちゃん(1)をはねた。こころちゃんは病院に搬送されたが、頭がい骨骨折などで間もなく死亡。県警筑紫野署は、自動車運転過失傷害容疑で、バスを運転していた同県那珂川町五郎丸の派遣社員角※(※=サンズイに甘)七容疑者(72)を現行犯逮捕した。
 同署によると、こころちゃんの兄を含む園児4人がバスから降車。出迎えた高橋さんと一緒にいたこころちゃんが、発車したバスの左後輪でひかれた。
時事通信 3月9日21時41分配信

あわせて9日、警察庁から昨年の30日以内交通死者が発表されているのですが、状態別での欧米との比較を注意して読んでいただきたいと思います。
現在検討中の昨年から5年間の適用となる「第9次交通安全基本計画」には必ずこの部分の反省と解決案を盛り込んでいただかなければなりません。

3. <交通事故>30日以内の死者 昨年は最少の5772人

 09年に交通事故発生から30日以内に死亡した人は5772人(前年比4.2%減)で、統計を取り始めた93年以降最少になったことが9日、警察庁のまとめで分かった。65歳以上の高齢者は7人増の2957人で全体の51.2%となり、初めて半数を超えた。高齢者の割合は英米独仏(15~24%)と比べて高い。状態別では日本は歩行中の割合が最多の34.9%だったが、英米独仏は乗車中が最も多く、4~5割を占めた。
毎日新聞 3月9日19時7分配信

また、この比率を海外と比べるにあたり、一目でわかるグラフが以下に紹介されていますので、
こちらもご紹介いただければと思います。

 http://www8.cao.go.jp/koutu/kihon/keikaku9/senmon/k_1/pdf/ref2.pdf
  1. 2010/03/11(木) 22:39:20|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。