柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ミスターバイク」阿部事件記事に寄せられたメッセージ

 今日の千葉は、からりとした快晴でした。
 久々のお天気でしたので、朝から洗濯機を三回もまわして、大物をたくさん干しました!
 ほんと、気持ちよくからりと乾きました~。

 さて、現在「ミスターバイク」に掲載中の阿部事件にたくさんのメッセージをいただいております。
 みなさん、本当にありがとうございます。
 亡くなった浩次さんの大学の先生は、記事をコピーして学生さんにも配ってくださっているとのこと。
 阿部さんのお母様は、多くの方にこの事件のことを知ってもらうことができ、大変喜んでおられました。
 みなさん方寄せられたメッセージを何回かに分けてご紹介します。

 まず1通目は、浩次さんの大学の先生より……。


 1)名古屋高検の検事「信号は青・・・」、2)目撃者Aさんの証言「信号は青・・・」
 この1)、2)の二点証言がありながら、「不服申立事件審査結果通知書」の結果内容は「信号は赤・・・」である.本件の場合では、2)の証言と、被疑者の証言では、後者の証言が重く採用されて
いるのに違和感を感じます.したがって、こちら側の立場からは当然、「なぜ、目撃者よりも被疑者の供述を
採用したのはなぜか?」の論理になる.

 最高検の検事ががわざわざ直接訪問することは、異例とのことですが、理由は、何なんでしょうか.
 結果論から推定されるのは、
1)検事個人の人間性の理由からきている.
2)国家賠償訴訟を促し、その結果で納得させたかったのか.
 などでしょうか.分かりませんが.」


 そして2通目は、阿部さんと同じく、バイク事故で息子さんを亡くされたお母様から……。

 ミスターバイクの記事を拝読いたしました。
 浩次さんのバイクや車との関りを日頃から見ていて赤信号進入なんてゼッタイ有り得ない、まして事故直後に聞いた目撃証言、そして現場検証をした警察官は「浩次さんの走行進路の信号は青だった」と言っていたはず・・・

 それが・・・浩次さんの赤信号無視による事故になってしまった。加害者に有利な事故状況に変えられてしまった。
 信じがたい加害者不起訴の知らせ・・・
 浩次さんの命を奪われ悲しみのどん底にいた阿部さんは浩次さんの写真に向かって「どうして・・・」と・・・口惜しい思いを問いかけ目撃者の方の話や警察官の話を頭の中で何度も何度も巡らし考えていたこと、阿部さんからのメールやお電話で心のうちを知っています。

 阿部さんが求め続けた答え・・・・
【検察庁の不起訴理由、その他どうしても納得出来ない為、これらの事柄の説明を求め名古屋高検、そして最高検察庁に不起訴理由の根拠の理由などの回答を求め続けて来ました】。
 ご自宅に検察官が来た去年12月24日(わざとらしくクリスマス・イブ)
 阿部さんは・・・この日・・・事実がすり替えられ・・・加害者証言を優先した不起訴処分を謝罪してくれるのでは・・・・と小さな希望を持っていたと思うのです。

 ミスターバイクに掲載された当日の会話の様子からは
「この件は、これで終わりにしましょう」
“我々が家まで来てやったんだから”・・・
 検察官の裏に隠れた声がありありと感じられました。

 阿部さん・・・口惜しいねぇ・・・・

 阿部さんから頂いた今年の年賀状に「今年こそ頑張らなければと思うばかりの私です」と添えられていましたね。
 今までも阿部さんは とっても!!とっても!!!ガンバっていました。
 浩次さんのことを思い 頑張って 頑張って いました。
 浩次さんが生きて果せたであろう多くの事・・・
 加害者に命を奪われ絶たれた口惜しさを拭うことが出来ません・・・・
 阿部さんの気持ち 私 痛いほど解ります。

三佳さん

 被害者とその家族の思いをミスターバイクに掲載していただいて多くの読者の方々に知っていただき、警察や検察、損害保険会社の対応などなど被害者を苦しめる現状を改善する力になっていただけることに感謝いたします。
 阿部さんも同じ気持だと思います。
 阿部さんの願いは・・・・遺された家族が切実に願うことは・・・・
<命奪われた被害者の名誉が汚されること無く守られること!!加害者が保身のために捻じ曲げた証言ばかりを聞かないで下さい。事実を見た目撃証言を抹殺しないで下さい。「死人に口なし」にしないで欲しい
 お茶を濁すような言い訳ばかり言わないで・・・謝罪して下さい。>ということでしょう。

いつか・・・阿部さんの頑張りが報われることを私は願っています。
阿部さん お体を大切にしてね。
頑張り過ぎないでね。

山田 穗子
  1. 2010/03/12(金) 20:31:33|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。