柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛白バイ事件、控訴決定!

 週末は富山へ取材に行ってきました。
 ちょうど桜は満開! その背景に、まだ雪の残る勇壮な立山連峰がそびえ、初めて見る桜と雪山の風景に感動しました。
 帰ってきてからは、大量の原稿締め切りに追われていて、なかなか時間がとれませんでしたが、先週から今週にかけても実にさまざまなことが起こり続けています。
 4月8日には、愛媛白バイ事件の原告・山本さんが、控訴しました。
 今後は高松高裁で裁判が続きます。
 今日は、被害に遭った少年の母・山本純子さんから寄せられたメッセージを皆様にご紹介ます。

****************************************************

 「松山地裁の判決内容は、全て『警察捜査が正しい』とこじつけたものでした。松山家裁で一番最初に「保護観察処分」を言い渡された時の判決文と同じです。こちらの主張はことごとく潰され、警察、検察の主張はこじつけてでも正当化しようとしています。
 刑事裁判・民事裁判の争点は、いずれも、『息子が止まっていたのか・動いていたのか』『息子の前に右折待ちの車がいたのか・いなかったのか』という点でした。
 刑事裁判(家裁)での審判は息子を裁くためなので、『動いていたのか・止まっていたのか』ということが争点になるのは仕方ないとしても、なぜか民事裁判でも争点は、『止まっていたのか・動いていたのか』『右折車はいたのか、いなかったのか』ということで進んでいきました。

 でも、私たちは事故当初から、

●白バイ隊員はなぜ直近に至るまで対向走行してくる息子に気付く事が出来なかったのか?

●衝突直前の状態は詳細に説明できるのに、右折車の存在についてだけは「記憶にない、覚えていない」と曖昧な証言をしている。そんなことがまかり通るのか?

●調書は刑事裁判が始まるまで非開示のはずなのに、白バイ隊員には相手の証言や目撃者の証言、見分の記録、写真などの捜査記録を見せてもよいのか?
という具体的な疑問を呈してきました。
厳しい訓練を受け白バイ隊となったはずの警察官がこのような曖昧な証言をし、さらに、相手の調書を熟読した上で、自分の供述調書を作成し、そして保身のために息子を加害者に作り上げていったのです。あまりにも不公平です。おまけに民事裁判で、白バイ隊員は自らの慰謝料まで請求してきました。
結果的に裁判では、「足をついて止まっていた」という息子の証言やそれを裏付ける目撃者の証言はすべて却下されてしまい、そして、同じ署内の警察官が勝手に作成した『総括捜査報告書』が一人歩きして判決が出されてしまったのです。

 ただ、判決では「右折車」の存在だけは認められました。右折車の存在を認めたのなら、事故状況も合理的に想像出来るような判決を出していただきたかったです。

 机の上で交通事故が起こっているのではありません。道路はみな地形が違うし、同じ場所で事故が起きても様々な形態で事故が起きています。なのに、裁判官は、事故現場を重視せず、道路状況を把握しないまま判決文を書いています裁判官には、一般人の常識・感覚で判断を御願いしたいです」(山本純子)
  1. 2010/04/15(木) 13:59:33|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。