柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミスターバイク 最終号

 東名高速をひた走り、奈良から戻ってまいりました!
 家に戻ったら注文していた青梅が2キロ届いていたので、早速ブランデーで漬けこみました。今年も早く美味しい梅酒を飲みたいなあ~。

 現地から「生命のメッセージ展in奈良」の実況中継をブログから発信しようと思っていたのですが、なかなかPCに向かう暇がなく……。
 でも、本当に心が癒される、素敵な3日間でした。
 そして、またたくさんの素晴らしい出会いがありました。
 奈良は、私が育った土地であり、亡くなった父のホームグラウンドでもあります。会場となった奈良文化会館では、父のパネルが奈良のメンバーとともに皆さんをお迎えしていました。
 今日は奈良の少年刑務所で、生命のメッセージ展が開催されています。
 受刑者たちは、理不尽に命を奪われたメッセンジャーたちのパネルを見て、何を思うでしょうか。

 さて、今月の「ミスターバイク」7月号に、いつもの連載記事が掲載されています。
 今号で取材させていただいた丸野さんの前向きな生き方には、本当に勇気をいただきました。

 ただ、残念なのは、今号で、ミスターバイクが35年間の歴史にいったん幕を下ろしてしまうということ……。
 この雑誌は、私が女子高生の時代から愛読してきたバイク雑誌で、愛着がありました。なんだかとっても寂しい思いでいっぱいです。
 この先は、「Web Mr.Bike」を立ち上げるそうです。
http://www/mr-bike.jp
 復活を期待したいと思います。
 長い間連載を読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。


■新『一瞬の真実』 

それでも私はあきらめない PART2

右足切断を乗り越え、ライダー復活!

「障がい者になったから出来ない」
ではなく、「今の自分に何が出来るのか?」を探し、挑戦し続けよう

(リード)
本誌3月号で、右足が義足にもかかわらず2輪免許を更新し『ピアジオMP3』に乗っている北九州市の中埜さんを取り上げた。その記事を読んですぐに投稿をくださったのは、中埜さんと同じく事故で右足を切断し、義足でバイクに乗り続けているという埼玉県の丸野飛路志さん(47)だった。ある日遭遇した交通事故で、九死に一生を得た彼は、自身の障害とどのように向き合い、そしてどう乗り越えていったのか……。パワー溢れる「メッセージ」をご紹介する
  1. 2010/06/09(水) 11:34:14|
  2. 柳原三佳の執筆記事

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。