柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『巻子の言霊』に寄せられた感想文から

『巻子の言霊』が、全国の書店に並びました。
 本を読んでくださった方々から、さっそく、感動の声が寄せられています。
 読む方の立場や経験、年齢などによって、感じられることは様々ですが、私自身、皆さまからの声を読ませていただき、心を揺さぶられています。

 昨日届いた、30代の女性の方からの感想文をご紹介します。
 彼女は大切なお母様が交通事故に遭われました。
 一言も会話を交わすことができないまま、意識を回復されぬまま、10年以上入院生活を続けられたそうです。
 感想メッセージをお寄せいただき、本当にありがとうございました。

**************************************************

『巻子の言霊』を読ませていただきました

本の表紙を見た時、巻子さんのお顔が、母の顔と重なり涙が溢れ出て来ました。
 それを隠そうと、主人と娘に「ママのママに似ているね」と、おどけて見せたりしました。
本をリビングに置き、なんだか読むのが怖くて、なかなか読み出すことが出来ませんでした。
 今まで封印していた気持ちが溢れ出すのが怖かったのだと思います。

 数ページ読み、涙が溢れ、本を閉じ、数ページ読み、涙が溢れ、また本を閉じ……。
 途中、涙声で電話で出てしまうほど入り込んでしまいました。
辛かった過去を封印し、忘れよう忘れようとしていたさまざまな思いが、母のことと重なりました。

本当に、損保会社、そして損保側の弁護士とのやりとりは、憤りを覚えるほど辛く苦しい日々でした。
私は現実を受け止めるのに3年はかかったかと思います。交通事故で植物状態になった母でしたが、それでも治ると信じていました。
 なので、頑張れたと思います。

「レッツ・チャット」を用いて巻子さんと会話が出来るのは、とっても羨ましく思いました。
 私も未だに、母と話したく、母が何を考えていたのか知りたいです。

 松尾さんの、加害者への思いも、痛いほどよくわかりました。
 私も、母の姿を見て謝って貰いたいと思い、一度だけ調書に書かれていた住所をたよりに加害者の自宅へ行った事がありました。
 留守でした……。
 今、振り返れば留守でよかったかなと思います。
 私が加害者になっていたかも知れません。

松尾さんご夫妻が、1日でも長く会話が出来ることを願っています。
 とても素敵なご夫婦だからこそ、悔しいですね。

この感想文を打ちながら、涙がボロボロと出てしまい、横にいた娘が「ママ大丈夫?」と、言いながら背中をさすってくれました。
 母も天国から私の姿を見て安心していると思います。
 娘に「もう少しお姉さんになったら、この本を読んでね。ママも同じような経験をしたんだよ」と、言いました。

柳原さん、交通事故被害者がどれだけ苦しい思いをして生きているのかを活字にして下さっていることに感謝します。
 お体に気をつけてお仕事頑張ってくださいね。
  1. 2010/07/08(木) 07:21:48|
  2. 『巻子の言霊』感想文

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。