柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週の『週刊文春』(2010.11.4号)に、高知白バイ事件調書ねつ造疑惑を書きました

 本日発売の『週刊文春』に、高知白バイ事件の調書ねつ造疑惑について書いた記事が掲載されています。
 新聞広告に一番大きな見出しで出ていたのでびっくり! 
 いや、でもこの事件はそれくらい大きな問題なのだと思います。こうした扱いにしてくださった週刊文春の編集部には感謝です。
 今週は、『週刊朝日』でも、同じく検察に杜撰な捜査をされた交通事故遺族の訴えを書きました。
 死人に口なし的な処理をされ、亡くなった方の名誉が傷つけられているケースが山のようにある一方、何らかの理由で一方の当事者を守るため、真実を捻じ曲げてでも『罪人』を作り上げようとする捜査機関の現実は、取材していて本当に恐ろしいと感じました。
 特に、高知白バイ事件の場合は、白バイと衝突したスクールバスの中に、22人の生徒と、3名の引率者が乗っていました。
 警察や検察は、なぜこの人たちの証言を、全員から、正確に聴取しなかったのでしょうか?
 記事を読んでいただければわかりますが、検察はたった2名の生徒の供述調書しか作成していません。しかも、バス運転手の片岡さんを起訴した後に……。
 しかし、起訴した後に話を聞いてどうなるのでしょう?
 再審請求を担当されている弁護士さんもこの件については記事の中で厳しく指摘されていますが、さらに、生徒たちが供述した内容そのものが異なっているとなれば、いったい何を信じればよいのでしょうか。

 私はこの事件においては、白バイ隊員のご遺族も大変な二次被害、三次被害を負った被害者だと思っています。
 幼い子供さんを残して、一家の主が命を失うということが、家族にとってどれほどの苦しみであるか……。
 それは、今週の『週刊朝日』の中でも書いたとおりです。
 こうした報道が出るたびに、ご遺族がどれほど心を痛めておられるかと思うと、辛くなるのも事実ですが、それだけに、警察や検察には、誠実に対応していただきたいと願うばかりです。 

  実は、あのときバスの乗っていた中学生たちは、私の娘と同い年です。
 この事件を知ったときから、私も生徒たちの『保護者』のような感覚で、推移を見守ってきた部分もあります。
 バスに乗っていた少年は、私にこう語ってくれました。

「事故までは警察官や検察官は絶対に信じられると思っていましたが、あの事故以来、警察官を見ると、”くそっ”と思ってしまうんです……」

 こんな思いを彼らが引きずってよいはずがありません。
 再審請求の中で、真実を明らかにし、子供たちに与えた不信感や心の傷を取り除かなければなりません。
 
 限られた行数の中では、カットせざるを得ない原稿も多々ありました。
 ここでその部分を追記しておきたいと思います。

******************************************

 私はこの事件を〇七年三月から取材し続けてきた。
 そのよりどころとなったのは、バスに乗っていた当時の中学生たちが、素直なまなざしで語ってくれた数々の証言だった。

「衝突のとき、バスは間違いなく止まっていました」

「急ブレーキのショックはまったくなく、荷物が座席から落ちることもありませんでした」

「ハルさんに手錠がかけられたとき、何も悪いことしてないのになぜ……? と泣きだす子がいました」
 
 
 当時の彼らは未成年だったこともあり、検察への不信感を記事化することはあえて控えてきた。
 しかし、今年成人になる彼らは、今回、勇気を出して名前を出し、私の取材に真摯な態度で応じてくれた。

 先日、検察トップは、大阪地検特捜部の証拠改ざん事件に絡んだ謝罪会見で、「前代未聞」という言葉を使った。が、本当にそうだろうか。善意の捜査協力者、しかも少年を相手にした調書ねつ造疑惑は、検察という組織の存在意義を根底から覆しかねない異常事態と言えるだろう。
 再審請求が起こされた今、高知地検は、掛水君と井上さんの調書の原本を開示し、まずは彼らの疑念に真正面から答えるべきだ。

 これから再審に臨む片岡さんは、こう語った。

「あのときバスに乗っていた二十二人の子供たち、彼らが嘘つきと言われないためにも、私はこのまま死ぬわけにはいかんのです。最後まで闘うつもりです」

101104[1]
■『週刊文春』(2010.11.04号)
■片岡さんのブログ「雑草魂」
  1. 2010/10/28(木) 11:47:22|
  2. 柳原三佳の執筆記事
  3. | コメント:22
<<姪っ子の誕生と芋掘り&高知白バイ事件について | ホーム | タイトルなし>>

コメント

あの時、バスは止まっていた

では、道路交通法違反ではないですか。
交差点内は、駐車も停車も禁止されています。
危険だからです。
その点に関して、どのようにお考えでしょうか?
  1. 2010/10/28(木) 20:58:00 |
  2. URL |
  3. チョイナ #jgEbVmYo
  4. [ 編集]

柳原さん、こんにちは。はじめまして。

先のチョイナさんのコメントに対して、コメントさせていただきます。

チョイナさん、
危険を防止するために交差点内で一時停止することは道路交通法で認められており、違反ではありません。

さて、下記を見てください。
元検弁護士さんが自分(元検弁護士)のブログのコメント欄にモトケンのハンドルネームで投稿してますが、この元検弁護士(モトケン)さんは正しいコメントをしてると私は思います。
↓↓↓
http://www.yabelab.net/blog/2007/10/31-172959.php
No.56 モトケン さん| 2007年11月 1日 20:01

>No.55 死刑囚 さん
>テレビに出ていた生徒さんの一人が「ずーっと待っててそろそろ行けるかなと思った頃に白バイが、まぁ、当たって来たんです。」と話していました。

この供述が信用できるとしますと、運転手は無過失である可能性がかなり高くなります。
衝突時点においてバスが動いていたか停止していたかは、白バイから見てどの程度手前で進路前方にバスが存在することが認識可能かという点に関係する事実であり、
停止していたとした場合、さらに停止してから何秒後に衝突したかが問題になります。
その時間が長ければ長いほど過失は認めにくくなります。
仮に過失を認めても、因果関係が怪しくなります。

No.60 モトケン さん| 2007年11月 1日 21:16

>No.58 じじい さん

思いっきり簡単に言うと
「ぶつけた」のではなく、「ぶつけられた」という関係になるからです。
なお、道路交通法違反があるからと言って、直ちに業務上過失致死傷における過失があるということにはなりません。
本件で、白バイと十分な距離を置いて交差点に進入したのであれば、道交法違反にもならない可能性があると思います。
要するに、バスが白バイが安全に停止できるだけの距離をおいて交差点に進入したのであれば、
バスの運転手が危険を作出したと言いにくくなりますし(過失の問題)、衝突の原因は白バイにあると言いやすくなります(因果関係の問題)。】
  1. 2010/10/28(木) 21:51:30 |
  2. URL |
  3. (・ω・) #zyFpI0Jo
  4. [ 編集]

危険を防止する為の一時停止

交差点内に停車することは、大変危険なので
禁止されています。バスは、停車するつもりで
中央まで出ています。未必の過失となります。
  1. 2010/10/28(木) 21:58:09 |
  2. URL |
  3. チョイナ #-
  4. [ 編集]

裁判所の事実認定に納得できないから・・

>交差点内に停車することは、大変危険なので
禁止されています。

それを杓子定規にまもっていたら、大変危険だよ。

>バスは、停車するつもりで 中央まで出ています。

初めて聞きました。片岡はそういっていましたか?

また、なんで道交法違反にこだわるのかな? 道交法違反をしたくせに『無罪』を主張していることが納得がいかない。って感じなのでしょうか?

仮に片岡に道交法上の違反があったとしても、その違反がそのまま 刑法の業務上過失致死罪に相当する重大な過失とはならない。

「業務上過失致死罪の構成要件として「その過失がなければ死傷するはずがなかった」という因果関係が存在することが必要である。
(ウィキペディア参照) 

片岡さんは事実と違う事実認定で有罪とされ、実刑を喰らったのは納得いかないとして、無罪を主張して再審請求している。

そして、バスが交差点に停車中にぶつけられたと事実認定されたうえで『有罪』とされるなら、」それはそれで受け入れていたと言ってます。

  1. 2010/10/29(金) 04:15:45 |
  2. URL |
  3. lm767 #02QnOYzI
  4. [ 編集]

起訴後の調書とはどういうことですか?

http://blog.goo.ne.jp/costarica0012/e/b54a1c148accfe9caa0c8d63a438c7beb

前略、私は、Mさんの調書の偽造の権で、告発状と、検察官適格審査会への申し立てをしている者です。

ひとつ確認したいのですが、なにを持って、起訴後の調書作りだと結論付けているのでしょうか?

私は検察庁に対し、刑事記録の文書開示請求をしましたが、その際、検察庁から出された片岡晴彦さん側の調書は、校長と教師の分だけでした。

担当者の説明では、法定に提出されていない調書は必要ないでしょうからとのお話でしたから、当然、起訴前手続きで、梶原弁護士が拒否権を発動したものと解釈していました。

事実は、どうなのでしょうか? 法定に提出されたのでしょうか? 

同じく、県警を告発し、不起訴処分とされたオンブズマン松岡からメールが入りましたが、生徒の調書は法定に提出されていません。誤解があるなら、訂正記事を書く必要があるのではないでしょうか?

大野さんは、肝心要の事実をきちんと教えてくれないで、解釈ばかりを展開しますから、いろいろ五階が発生します。

そうなると、告発内容が変わってきます。

お知らせください。

また、生徒Mさんには、人格権を侵害されたという列記として、国家賠償訴訟請求の権利が存在します。そのことを、ご両親にもお知らせください。

これは、彼女だけの権利ではなく、高知県民と仁淀町民の権利のための闘争です。
  1. 2010/10/31(日) 14:59:49 |
  2. URL |
  3. 山下 由佳 #-
  4. [ 編集]

正式な告発状を提出してください

社会告発するんだったら、正式に、高知検察庁へ告発状を提出していただきたい。

それが、記事を書いた責任でしょうと言いたい。
私は、Mさんに会わせてもらえていない状況で、告発状を提出するしかなかった。ずっと、片岡さん本人に告訴してもらいたいと申し出ていたのに、今日比されたから。検察官適格審査会への申し立ても同様。

支援する会は、仁淀町の損害の修復をすらうための住民監査請求もやめた。100%過失を認めた物損の示談書の真相究明を封殺した。

県民と、仁淀川町民の権利のための真相究明を全て、隠蔽している。これでいいのでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/costarica0012/e/a1ba98248706d98dab70ee9c3cf17beb
  1. 2010/10/31(日) 15:23:48 |
  2. URL |
  3. 山下 由佳 #-
  4. [ 編集]

横から失礼します。
山下 由佳 様、
生徒2名の調書をバス運転手さんが有罪となった刑事訴訟に検察側が提出していますが、その2名の生徒の調書はバス側が証拠調べで不同意にしたこともあり、証拠採用されずに確定記録から外されています。
生徒2名の調書は法廷には提出されたが証拠採用されなかったので確定記録から外されたということです。

さて、山下由佳様のブログを少し読まさせていただきました。
とても参考になりましたが、一部気になるところもありました。
白バイは制限速度のプラス10キロが法定速度です。
高知白バイ事故現場は当時は制限速度時速50キロでしたので当時の白バイの法定速度は時速60キロです。白バイは時速60キロであれば速度違反ではないのです。
今は制限速度が時速60キロになってますので、白バイの法定速度は時速70キロです。

生徒の調書は当該刑事訴訟で証拠として採用されなかったので、生徒の調書の指印やサインが偽造でも本物でも当該刑事訴訟には全く影響しません。
当該刑事訴訟はバス運転手さんが有罪か無罪かを決める訴訟であって、生徒の調書の指印やサインが本物か偽物かを決める訴訟ではないので証拠採用されなければ当該刑事訴訟とは全く関係なくなるのです。
ですから当該刑事訴訟の上告審でバス運転手さんの弁護士さんが生徒の調書の指印やサインが偽物だという主張をしても全く無意味なので、そのような主張はしなかったのです。
  1. 2010/11/01(月) 04:04:41 |
  2. URL |
  3. (・ω・) #zyFpI0Jo
  4. [ 編集]

お久しぶりです

問題の指紋について支援者サイトには、調書の画像とともに以下のような注釈があります。

>検面調書と員面調書に押印される指紋は右人差し指と左のそれといった違いがあるようです
ttp://littlemonky737.blog90.fc2.com/blog-entry-207.html

指が違えば指紋も異なるのですが、この点は確認されているのでしょうか?
文春の記事では、警察と検察の調書のそれぞれの指印は、同じ指のものであるかのように書かれていますが・・・
  1. 2010/11/01(月) 11:54:41 |
  2. URL |
  3. 保冷所 #8Zcb/IVM
  4. [ 編集]

調書についての疑問

生徒の調書が法廷に提出されたことは支援者の方に確認しましたが、判決文の「証拠の標目」には記載されていません。

刑事訴訟法335条1項
有罪の言渡をするには、罪となるべき事実、証拠の標目及び法令の適用を示さなければならない。

仮に、生徒の調書が過失を立証するためのものであるたとしたら、弁護側は当然同意しませんから、証拠調べが必要になります。
具体的には生徒本人に法廷で証言を求めることになりますが、生徒は法廷では証言していません。
つまり、生徒の調書はもともと、過失を立証する証拠として提出されたものではないということになります。

例えば、車内の様子が運転手の注意力を損なうような状況ではなかった、というようなことを証明するためならば、過失認定を直接左右するものではありませんし、そのための調書ならば起訴後に作られてもおかしいとは思いません。
それならば弁護側も同意するでしょう。
ただ、そうだとすると、検察が、わざわざ指紋を偽造してまで生徒の調書を作る必要がそもそもあるのか、という疑問が湧きます。

それから、生徒が嘘吐き呼ばわりされた、という話ですが、生徒の「バスが動いていなかった」という証言は法廷に提出されていません。
提出されていない証言について、裁判所はその真偽を判断することはできません。
また、証言は感覚や記憶に頼るものですから、どうしても勘違いや思い違いという要素を考慮せざる得ませんから、裁判での証明力は証言よりも物証の方が強くなり、証言が採用されなくても、それは証言者が嘘を吐いたという理屈にはなりません。

本来ならば、周りの大人達が「裁判で言い分が通らなくても、嘘吐き呼ばわりされたわけではない」と教えてあげるべきです。
子供達の司法不信を煽っているのは、支援者であり、片岡氏であり、そして柳原氏の方でしょう。
大人達の争いに子供を巻き込む、もっと言えば「利用する」かのようなやり方には、腹が立ちます。
  1. 2010/11/01(月) 12:22:56 |
  2. URL |
  3. 保冷所 #8Zcb/IVM
  4. [ 編集]

保冷所さん、

保冷所さんは、柳原三佳さんの週刊文春2010年11月4日号の記事をちゃんと読まれたのでしょうか?
保冷所さんのコメント内容は柳原さんの文春記事を読まずに投稿したとしか思えない内容なのですが?
法廷には提出されたが証拠採用されなかったIさんとK君の2人の調書には、白バイとバスの過失割合に大きく関係する事が書かれており、しかも、2人が言ってもいない事が書かれているのです。たとえば、K君は衝突のときバスは止まっていたと言ったのにK君の調書には衝突の瞬間バスはゆっくり動いていたと書かれています。
以上のことは柳原さんの文春記事に詳しく書いてあることですから、柳原さんの記事を読んでから投稿されてはいかがですか?

さて、証拠は証拠調べせずに裁判官の判断で証拠採用しない(却下)ことも可能です。当該刑事訴訟の控訴審(柴田裁判長)では、バス側が新たに提出した新証拠を全て却下して即日結審しています。
当該刑事訴訟の第一審ではバス側は生徒たちも証人申請したかったのですが年少者に法廷で証言してもらうのは心理的に負担になるのでバス側は生徒たちのことを考えて証人申請していません。
検察側が法廷に提出した2名の生徒の調書はバス側弁護士が改竄の疑いがあると言って不同意にしましたが、裁判官が生徒を法廷で尋問したりせずに生徒の調書を証拠採用しなかったのは、年少者ということを裁判官が考慮したのかもしれませんし、生徒に法廷で本当のことを証言されては警察側が困るだろうと思ったのかもしれません。

訴訟では人証(証言)より物証のほうが証明力が強くなるのはわかりますが、物証が捏造証拠では生徒たちは大人の社会を信用しなくなるでしょう。
  1. 2010/11/01(月) 15:09:47 |
  2. URL |
  3. (・ω・) #zyFpI0Jo
  4. [ 編集]

保冷所さん、

保冷所さんが貼ったリトルモンキーさんの記事からは、左手右手両方の本人の指紋を採取して調書の指印と照合して専門家がきちんと鑑定したということが読み取れるので、とくに問題ないと思います。
  1. 2010/11/01(月) 18:47:28 |
  2. URL |
  3. (・ω・) #zyFpI0Jo
  4. [ 編集]

The truth is out there...

検察が証拠として提出した調書に弁護側が不同意の場合、普通は証拠調べで供述者本人に法廷で尋問を行います。
それが行われなかったということは、普通に考えれば検察は証拠を取り下げたということになります。
しかし、犯罪の立証のために必要な調書ならば、簡単に取り下げるわけがありません。

>しかし、逆に考えてみれば、
>「バスは止まっていた」
>「白バイの速度は速かった」
>「急ブレーキをかけたような衝撃はなかった」
>という彼らにとって『真実の供述』が、起訴前の調書に正確に記されていたら、はたして片岡さんは起訴され、そして有罪になったでしょうか。
ttp://mikay.blog44.fc2.com/blog-entry-700.html

なったでしょう。
繰り返しになりますが、裁判における証明力は証言よりも物証の方が上です。
検察側は物証に基づいた科捜研の算定所を証拠として提出しています。
それに対して、弁護側は証言のみ。
物証は捏造だと主張しても、捏造を裏付ける証拠はない。
これでは、弁護側に勝てる道理がありません。

では、刑事裁判二審で提出した実験結果はどうなのか?
検察の主張する事故形態ではタイヤ痕が付かない証明ではないのか?

残念ながらこれも、否、です。
科捜研の算定書では、衝突後にバスの進路が左方に変化したことになっていて、これは、判決文でも言及されています。
しかし、弁護側の実験ではバスは直進状態で急ブレーキをかけただけです。
これでは、検察の主張する事故形態の「再現」にもなっていませんし、タイヤ痕が付かない「証明」とも言えません。
この実験を、「再現」だの「証明」だのと称するなら、それこそ「嘘」です。
弁護士や事故鑑定人がそんなことも分からないはずはないのですが・・・

しかし、事故の真実を解明する方法は、まだあると思います。
交通事故について記事を書かれている柳原さんは当然ご存知のことと思いますが、事故で生じた車両の損傷はその事故特有のものです。
今の事故鑑定の技術ならば、車両の損傷から、ある程度の事故状況を解析することができます。
弁護側の主張が真実であるなら、タイヤ痕とバスおよび白バイの損傷状態を両立できる事故形態は有り得ません。
タイヤ痕はバスが動いていたことを示し、車両の損傷はバスが止まっていたことを示すからです。

これは、事故解析ソフトを使ったシミュレーションで証明することができるでしょう。
検察側が主張する事故形態では、タイヤ痕は再現できても、車体の損傷は再現できない。
逆に、弁護側が主張する事故形態では、車体の損傷は再現できるが、タイヤ痕は再現できない。

これが、証明できれば、科捜研の算定書には明らかな間違いがあるということになります。
判決文の「証拠の標目」には算定書があります。
つまり、有罪の根拠となった証拠に明らかな間違いがあるということですから、これは再審の理由になり得るでしょう。
幸いにして、バスおよび白バイの損傷状態は警察が実況見分で撮影した写真に記録されており、それは片岡氏側の手元にもあります。
やろうと思えばすぐにでもできることです。

というより、なぜ今になるまでやらなかったのか?
柳原氏を含めて、やろうと進言する人はいなかったのか・・・

>ちなみに、片岡さんは裁判所に入るとき、「真実」「雑草魂」と書かれたプラカードを持たれました。
>実は、あれを書いたのは私で~す!(映るかな??)
>自宅から筆と紙を持参し、当日の朝、ホテルのロビーで、魂を込めて書かせていただきました!!
ttp://mikay.blog44.fc2.com/blog-entry-694.html

柳原氏の「魂」を信じています。
  1. 2010/11/02(火) 04:35:31 |
  2. URL |
  3. 保冷所 #8Zcb/IVM
  4. [ 編集]

保冷所さん、

検察側は、調書を取られた生徒の法廷での尋問は絶対に避けたいことなんだよ。
生徒は当然、法廷の証言台で本当のこと(生徒が実際に体験した事故状況)を証言するから、検察側にとってはヤブヘビになるからね。

科捜研の算定書は警察の捏造証拠(オタマジャクシ痕や白墨擦過痕)に無理やり合わせただけのものです。

警察に路面の本物の痕跡は消されて逆に捏造証拠を作られて、
損傷した車両も写真しかない状況では、
証明力の高い鑑定は むずかしいね。
科捜研の鑑定なら何が何でも採用するヒラメ裁判官に仮説にすぎないと一蹴される。

【ハ】の字型縦溝なし横縞なし(ブレーキ痕の縦溝も無いし 横滑り痕独特の横縞も無い)オタマジャクシ痕なら、物理的に車両のスリップ痕では有り得ないという ある程度証明力の高い鑑定ができると思うから、バス側はその鑑定は行なっていると思います。
  1. 2010/11/02(火) 09:03:48 |
  2. URL |
  3. (・ω・) #zyFpI0Jo
  4. [ 編集]

テレビ見たけど、衝突があったのは交差点上じゃなくて、駐車場から出てバスが右折しようとしてた時じゃなかったっけ。
  1. 2010/11/02(火) 22:54:32 |
  2. URL |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集]

高知白バイ事故は交差点内で発生した事故です。
事故が発生したのは、変則的ですが十字路(変形四叉路)の交差点内です。
バスは駐車場から車道に出ましたが、車道に出るとそこは交差点内なのです。
事故が発生したとき白バイ側は黄色点滅信号でした。交差側は歩行者用の押しボタン式信号機がありますが車両用の信号機はありません。
交差側の押しボタン式信号機のボタンが押されなければ、白バイ側は常時黄色点滅信号です。
交差側の押しボタン式信号機のボタンが押されれば、白バイ側の信号機は黄色点滅から いったん青になって 黄 になり 赤になります。
  1. 2010/11/02(火) 23:44:46 |
  2. URL |
  3. (・ω・) #zyFpI0Jo
  4. [ 編集]

防げた事故

初めまして、

とても痛ましい事故で胸が痛みます。

お互いに過失は有ると思いますが...

常識として、大型二種免許を保有する現職の職業ドライバーならば...この様な状況の交差点で右折する場合は危険を伴うので、押しボタン式の信号を活用するのが必要不可欠です。

この事故当時、バスは押しボタンを活用せず交差点に進入したのですか?信号機が故障していたのですか?活用して...本車線側の信号が赤になってから右折すれば防げた事故の様に思います。そして、残念です。

















  1. 2010/11/03(水) 05:11:49 |
  2. URL |
  3. tts #7.ECuWBk
  4. [ 編集]

チョイナという警察のイヌへ

>交差点内は、駐車も停車も禁止されています。

 右折指示の矢印表示のない信号機が設置されている交差点では、右折の車は日本中いつでもどこでも交差点内に停車して、対向車が途切れるのを待っているが、警察がそれを道交法違反として取り締まっているなど聞いたことがない。

 お前が言うように「交差点内は、駐車も停車も禁止されている」なら、右折車はいったいどこで待てばいいのかねえ。

 警察のイヌは引っ込んどれ、スットコドッコイ。
  1. 2010/11/06(土) 22:34:05 |
  2. URL |
  3. 井上信三 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ブログ主様失礼します

井上信三君へ
ここは、他人のブログなので、ここでやり合う気は無い。相当頭が悪そうだが、気が向いたら相手してやるからこちらへどうぞ。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news2/1287232168/
  1. 2010/11/07(日) 01:24:13 |
  2. URL |
  3. チョイナ #jgEbVmYo
  4. [ 編集]

警察のイヌ・代弁者ことチョイナへ

 2ちゃんねるのような便所虫の群れている所など、全くお前のような警察のイヌにお似合いの場所だわさ。

 日本最大の犯罪者集団警察の尻の穴を舐めるしか能のないお前が生きていくのにぴったりの場所だよな、2チャンネルと言うところは。
  1. 2010/11/07(日) 11:53:06 |
  2. URL |
  3. 井上信三 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ttsさん、

バス運転手さんは車道の手前で一旦バスから降りて歩行者専用押しボタン式信号機のボタンを押したほうがよかったかもしれませんが、
一般の車両を指導する立場の白バイ隊員が白バイ側黄色点滅信号を無視して交差点に進入するというのは、いかがなものでしょうか?
  1. 2010/11/09(火) 13:34:15 |
  2. URL |
  3. (・ω・) #zyFpI0Jo
  4. [ 編集]

保険会社が教えてくれない自賠責保険請求ガイド

著者:柳原三佳(ジャーナリスト)/監修:石川和夫(交通事故調査鑑定)
ttp://www.mika-y.com/books/j_books01.html

柳原さんは、弁護側の事故鑑定人、石川氏とはこの件の前からの知り合いだったのですね・・・
支援者ブログに事故鑑定人を見つけるのに苦労したような話がありましたが、ひょっとして、片岡氏に石川氏を紹介したのですか?
  1. 2010/11/15(月) 15:30:48 |
  2. URL |
  3. 保冷所 #8Zcb/IVM
  4. [ 編集]

2010/11/15(月) 17:48:25 の記事について

ttp://mikay.blog44.fc2.com/blog-entry-703.html
支援者サイトの記事を引用されていますが・・・

>原本の開示とコピーが許可されない限りは、指紋と署名の提供は行わない。
>という方針に変更はありません。

これは、おかしいのではないでしょうか?
柳原氏は疑問を感じませんか?

指紋と署名の提供は、現に告発されている指紋捏造事件に対する生徒本人に対する捜査協力の要請なのに、なぜ、片岡氏の再審請求とからめてこれを拒否することができるのでしょうか?
それに、捜査に必要ならば令状を取って指紋を採取することもできるのですから、拒否したところで意味はないでしょう。

そして、問題の調書の閲覧ですが、調書は裁判に提出されているのですから刑事確定訴訟記録として閲覧は可能だったのではないでしょうか?

(参考)
「調書」が見たいという人のために……
ttp://www.mika-y.com/journal/journal3.htm

私は、今まで、柳原氏は交通ジャーナリストとして、中立の立場でこの件を追っていると思っていましたが、過去に弁護側事故鑑定人の石川氏と一緒に仕事をしていたということが分かってから、柳原氏の立ち位置に疑問を抱くようになりました。
ジャーナリストではなく、片岡氏・・・というより支援組織のスポークスマンなのではないかと・・・
  1. 2010/11/19(金) 12:36:09 |
  2. URL |
  3. 保冷所 #8Zcb/IVM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。