柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパーJチャンネルの特集に反響続々

 27日のスーパーJチャンネル、ご覧いただけましたでしょうか?
 見ることのできなかった方、またエリア外の方には、後日ご覧いただけるように、柳原三佳のHPにアップしたいなあと思っています。

 まずは、私のもとに寄せられた熱いメールから、いくつかご紹介しますね。
 メールをくださった皆様、ありがとうございます。
 この事件は、これから高裁での裁判が始まります。
 引き続き裁判官の判断に注目したいと思います。

***************************

裁判官は何を考えているのでしょうか・・・!!

「認識が無かった」から無罪・・・?

二人もはねて、人間だと思わない・・・?

衝撃を感じれば、何であろうと停止して確かめに行くのが常識でしょう!!!!!!!

相変わらず裁判官には常識が通用しないのですね
ヘ理屈ばかりが通用する裁判では公平な裁判は無理

一般人の常識を前提にした判断をお願いしたいです

何時まで経っても変わりませんね・・・腹が立つと体が熱くなりますね

さむ~~~~い毎日ですが、頑張ってくださいね^-^


****************************

報道が出たときもそうなのですが、
実際の被害者の方々の声を聞き、また当初の警察・検察の判断には憤りを感じずに入られません。
私のところも加害者が「人とは思わなかった」と供述し、100メーターほど走り去っていきましたので
視聴しながら、こちらも悔し涙が出るほどでした。


******************************

テレ朝Jチャンネルは時間枠を長く取って放送していましたね。
ずっしぃーーーんと 奥様の言葉が胸の奥に届きました。
「すぐに救急車を呼んでくれたなら」
「1時間以上、土手下の側溝に放置されなかったら」
救急搬送まで2時間かかったこと
悔やまれる奥様の搾り出す声・・・ご主人の命を奪われた辛さを思います。
加害者は自己保身のためにウソを言います。
自分を正当化します。
「人を轢いたとは思わなかった」「衝撃はなかった」
それを鵜呑みにして馬っ鹿じゃないの!!裁判官
(TVに向って怒ってしまいました)
加害者が保身のために偽証した事故見分書や
事故原因をうやむやにするような言動は
遺された家族に、多大な精神的苦痛をもたらします。
命を奪ったことへの贖罪の気持ちも無い加害者の様子は
放映された画面の随所から感じられました。

***************************

事故を再現し・・・衝突時どれだけ衝撃があったのか
二人の人間を土手下に跳ね飛ばす走行スピードは・・・・
再現に使用された車は加害車両と違いボンネットが無く前面が平でした。
人に対して広い面が当たり押し出した状態になったようで
人形は車の前に転倒したと思われます。
加害車両と同じボンネットタイプだったなら
腰下をすくい上げフロントガラスにぶつかった状態となったのではないでしょう
か。
(再現に関られた方々は解っていられたことと思います。)
そして加害車両のスピ-ドは50キロなんかではなかったと思います。
二人の人を跳ね上げ土手下にまで飛ばす衝撃は・・・・
加害者が言う走行スピードではないと思います。

加害者の偽証が通ってしまうなんて嘘をついた者勝ちの裁判が・・・
今後まかり通る判例となってしまう。・・・と
危機感を三佳さんが訴えていらっしゃったこと
私も同感です。
裁判官には・・・まともな感覚を持って欲しい・・・と
切に願います。
  1. 2011/01/30(日) 16:26:52|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。