柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

危険運転致死傷罪ほう助・判決を受けて/被害者家族からのメッセージ

 昨日のブログでお伝えした、「危険運転致死傷罪ほう助 懲役2年」の判決。
 下記の新聞記事にもあるように、飲酒事故を起こした車の同乗者を同罪で起訴し、裁判員裁判で審理されたのは全国で初めてのことでした。
 
 そもそも、この裁判が起こされたのは、被害者遺族による、告訴・告発がきっかけでした。
 小澤さんご一家は、飲酒運転が後を絶たないこの国に、なんとか一石を投じ、二度とこのような事故のないよう訴えていきたいという強い思いで、ここまで頑張ってこられたのです。

 懲役二年という量刑が重いのか、軽いのか……。
 議論は引き続き高裁に持ち込まれることになりそうですが、辛い日々の中、こうして大きな風穴を開けてくださったことに、心から敬意を表したいという思いです。
 今朝、生命のメッセージ展の仲間でもあるご遺族から届いたメールを、ここに転記します。
 
*********************************************

埼玉の小沢克則・樹里です


昨日の判決で「危険運転致死傷罪ほう助  懲役2年」との事でした。

懲役刑がでたのはいいけど、2年というのは、求刑から考えるとあまりにも低すぎます。

ですが、「懲役刑」と取れた事だけは、本当に良かった。

皆さんにたっくさんたっくさん応援してもらいました。

何より、いつも胸につけているハートのメッセンジャーからの想いがきっと「市民感覚」での裁判員裁判にしっかりと刻めたんだと思いました。

裁判員の方をきっとメッセンジャーが後押ししてくれたんじゃないかと思いました。

ありがとうございます。


本当に長いながい3年間

でもすでに控訴の準備が始まっています。

相手側は控訴をするようです。

私達も量刑不十分で検察側にも控訴を申し立ててきました。


皆さん応援ありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小沢 克則・樹里

ブログ:『飲酒運転をさせない環境を目指して』
http://blogs.yahoo.co.jp/kbpnx111

HP:『家族の光の中へ』
http://kazoku7724.com/

****************************************

■全国初!酒酔い運転「了解与えた」と同乗者に実刑

 埼玉県熊谷市で08年、酒酔い運転の男が夫婦らを死傷させた事故をめぐり、同乗者として危険運転致死傷ほう助の罪に問われた飲食店手伝い大島巧被告(48)と無職関口淳一被告(46)の裁判員裁判で、さいたま地裁は14日、ともに懲役2年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。さいたま地検によると、飲酒事故を起こした車の同乗者を同罪で起訴し、裁判員裁判で審理されたのは全国で初めて。

 両被告のうち、大島被告側は即日控訴し、関口被告側は検討中としている。

 判決後、記者会見した被害者遺族の小沢克則さん(34)、樹里さん(30)夫妻は「同乗者に対する厳罰化が進む」と実刑を評価しながらも「求刑と量刑に開きがある」と不満を表明。控訴するよう地検に申し立てたという。一方、裁判員を務めた女性は会見で、懲役2年の量刑について「初犯で、本人が運転していなかったことを考慮した」と話した。

 田村真裁判長は判決理由で、職場の後輩だった男(35)=危険運転致死傷罪で懲役16年確定=に「一回りしてきましょうか」と誘われた両被告が、うなずいたり「そうしようか」と答えたりして飲酒運転を了解、制止する義務がありながら黙認し「男の犯行が容易になった」と指摘した。

 一方で「被害結果は重大だが、悪質性は高くなく検察側の求刑は重い」と量刑の理由を述べた。
[ 2011年2月15日 06:00
  1. 2011/02/15(火) 13:15:12|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。