柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高知白バイ事件、控訴棄却

 すでにご存知かもしれませんが、「高知白バイ事件」、控訴棄却されました。
 詳しくは、この事故で実刑判決を受けたバスの運転手・片岡さんのブログ「雑草魂」をご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954
<以下、片岡さんのブログより>


昨日、17日(木)、高松高裁にて国賠訴訟判決がありました。

例によって、控訴棄却、外に言いかたがないのでしょうか、本当に呆れてものも言えませんでした。

会長、副会長、事務局長、妻、支援する会に参加していただきました、新しい応援者の、計6名で出発寒い雪の中での道中でした。

高裁に着くと、いつも応援してくれている高知市内の仲間3名が早く来て私達を待ちうけてくれました。

13時10分、法廷に入り原告席に座るも、 
「本件控訴をいずれも棄却する。」
「控訴費用は控訴人らの負担とする。」
この二言でした、一年過ぎまで裁判を引き延ばして、結局は定番の
「棄却」、どうして真剣に審理をしないのでしょうか?

この日は、他に6件の民事事件の判決が言い渡されました。
全て、?本件控訴をいずれも棄却する。?控訴費用は控訴人らの負担とする。

約5分位で、7件の民事裁判の判決が言い渡されたのです。

私は、最初でしたので原告席に座ることが出来ましたが、ほんの一瞬でした、次の原告の方は、座る間もなく、言い渡されたので、直ぐに退席した次第です。

後の、5件は誰ひとり来ていませんでした。
民事裁判がいかにお単調に行われているか判りました。
応援に駆け付けてくれた方々に説明する言葉が見つかりませんでした

一部抜粋すると、控訴人らは、前記説示のように確定した有罪判決(刑事裁判での事です)の当否を争うことを制限することは、刑事裁判の民事裁判に対する優越をもたらし、不当である旨主張するが、刑事裁判の法的安定性の観点から、やむをえないものである。
その他、前記のとおり補正の上引用した原判決の説示を非難する控訴人らの主張は、独自のものであって、採用できない。

本件控訴は理由がないからいずれも棄却することとして、主文のとおり判決する。

私が一番気になったのは、「やむをえないものである」という言い回しです、皆さんはどのように理解するのか?受け止める事が出来るのか?お聞きしたいものです。

これから先、どのような方向で裁判を闘っていくか、支援する会の皆と検討し、一日も早く結論を出していきたいと思います。

これからが、正念場頑張っていきますので、応援よろしくお願いします
  1. 2011/03/22(火) 17:59:29|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。