柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

26日のパネルディスカッションはテーマが盛りだくさんですよ~!

 3月に、交通事故被害者家族ネットワークという一般社団法人が立ち上がりました。
http://www.jiko-kazoku.com/ 
過酷な交通事故を体験した被害者同士が、情報交換しあい、手を取り合いながら助け合っていくというのが会のコンセプトです。 
 6月26日(日)には、設立記念会が東京で開催されます。 
 私・柳原三佳も司会者として参加しますので、皆さまもぜひご来場ください。
 当日のパネルディスカッションは、重度障害を負われた交通事故被害者のご家族4名とともに、下記のような内容でおこないます。
★家族ネットのブログでも紹介されていますよ~。
http://blog.goo.ne.jp/jiko-kazoku

<パネルディスカッションのテーマ>

1)事故直後、何をすべきか? 何ができるか?

 被害者が重傷を負う大事故の場合は、家族もパニックに陥ります。
 しかし、この時期に最低限の動きをすることで、後の事故処理に大きな差が生まれるという話をよく聞きます。
 パネラーの体験をふまえ、あのとき何をすべきだったか、こうしたことが後で役立った、など、具体的なお話しをお聞かせいただきます。

2)刑事裁判の今

 一昨年から、刑事裁判への被害者参加制度がスタートしました。
 パネラーのCさんはその制度を利用、Bさんはあえて利用されませんでした。
 この新しい制度のメリット、デメリットを語っていただきます。
 Aさん、Dさんの時代は、完全に被害者は蚊帳の外だったと思いますが、そのあたりの変化や情報開示の現実なども、振り返っていただきます。

3)重度障害者の入院期間と受け入れ病院の実態

 急性期医療を終えると、大抵の場合は転院を余儀なくされ、皆さん大変なご苦労をされています。
 引き受け病院、リハビリの問題など、被害にあって初めて目の当たりにしたさまざまな問題点、改善してもらい点などを、体験を元に語っていただきます。

4)損保会社の過酷な対応

これはみなさん、さまざまなご体験をお持ちだと思います。
 保険に救われたこと、また損保の対応に苦しめられたこと、両面からお話を伺います。

5)民事裁判とは?

 損保の示談に応じず、民事裁判を起こす場合、どんなことに注意すべきか?
 弁護士選び、損害額の積算、証拠集め、陳述書の作成など、民事裁判に関するご意見やご体験をお聞かせいただきます。

6)高次脳機能障害、遷延性意識障害の深刻さと介護の現実

 当日は、国交省の方も来ています。
 制度の構築なども視野に、被害者の現状を訴え、前向きな検討をお願いできるよう意見をお出しいただきます。

7)被害者同士のネットワークの大切さについて

 孤独になりがちな交通事故被害者にとって、こうしたネットワークがいかに大切か?
 体験者だからこそのご意見や、今後、当会に求めるテーマなどをお話しいただきます。

 なお、当日の模様は、後日、ネットでも放映しますので、ぜひご覧くださいね。 


<一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク設立記念会 >

●日時 平成23年6月26日(日曜日) 13:00開場  16:30閉会  17:00より懇親会予定

●場所 東京シティエアターミナル内 第1ホール・第2ホール

●日程  13:00開場 13:30~15:00 開催および設立の挨拶  御来賓の方々のご挨拶
     15:00~16:30 会員同士のパネルディスカッション (司会者:ジャーナリスト 柳原三佳)

*なお、会の終了後、17:00より、ささやかではございますが同施設内で、懇親会 を予定しております。

詳しくはこちらから

★6月26日の案内チラシ
http://www.mika-y.com/2011/kazokunet-open.pdf
  1. 2011/06/21(火) 16:13:51|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。