柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『遺品~あなたを失った代わりに』素敵な書評を書いていただきました!

 ずいぶん過ごしやすくなりましたね。
 朝夕は、秋の気配を感じるほどです。
 少し早起きをしたら、西洋朝顔がきれいな花を咲かせていました。
 でも、もうすぐ夏も終わりですね。

P1100085.jpg

 さて、先ほど出版社から連絡があり、『遺品~あなたを失った代わりに』の書評が掲載されているとのこと。
 書評家の東えりかさんが、とっても素敵な感想を寄せてくださいました。
 東さん、ありがとうございます!

 早速ご紹介しますね!

http://honz.jp/4070

今年の夏祭りは鎮魂の気持ちを込めた、とても厳粛なものだった。もちろん、跳ね、踊り、歌って楽しく過ごしたのだが、心の底には災害で命を落としたしたり、行方のわからない方、そのご家族への哀悼が込められていたように思う。これを区切りと考える人も多かっただろう。
 
大震災の後、瓦礫の中から思い出の品物を見つけようとしていたり、自衛隊やボランティアが片付けの途中でアルバムや記念品などを保管しておいたり、という姿を見るに付け、何か一つでも亡くした人を偲ぶ縁(よすが)が見つかればいいと、祈るような気持ちだった。朝日新聞の「天声人語」を著者の柳原三佳は引く。「瓦礫は、瓦礫ではなく、思い出ともいう」
.『遺品 あなたを失った代わりに』は愛する人が天災や事故、事件に巻き込まれて突然亡くなったあと、何を宝物にしていますか?との質問に対する答えである。著者は司法問題のジャーナリストで、近年は特に死因究明や交通事故の裏側などを鋭く取材している。

もちろん、動転している遺族に「遺品は何ですか」などと不躾な質問をするはずもない。丹念な取材をし人間関係を構築し、何かの話のはずみで教えてもらえたエピソードの数々。

中華料理を食べながら追加注文した餃子。キョウコさんは10年も餃子を食べられなかった。交通事故で亡くなった大学生の息子のレイさんが、最後に作って冷凍してくれた餃子は今でも冷凍庫の隅にそっと置いてあるという。

母の日の前の晩、4歳の息子コウタくんは食器を洗うミサお母さんの後ろで、一生懸命洗濯物を干していた。お手伝いのつもりだろう、四角い枠に洗濯バサミがついている物干しに、一枚一枚丁寧に干したという。交通事故で翌日亡くなってから7年、今でも洗濯物は干されたままだ。

ひとり息子のミキオさんが暴行事件で殺された。泣いているばかりの母親アヤコさんに負担をかけまいと父親は息子の時計をはめてひとりで闘った。その人も突然の発作で倒れ帰らぬ人に。アヤコさんの手には暴行にあっても止まらずに動いていた大ぶりの時計が付けられている。

四国遍路の納経帳、食べられなかった弁当箱、墓所に咲くコスモス、結婚記念日のための封筒、最後に見ただろう風景。宝物は年月を経て色あせても、心の中の愛する人は変わることなく笑っている。失ったあなたの代わりになるものなどあるはずはないけれど、それはわかっているのだけど。

生き残った人ができることは、その人を忘れないでいることだけだ。理不尽に命を絶たれた人の無念を晴らすことも大事だ。どこで誰が何万人死のうが、自分の愛する人が死んだこととは別のこと。そうやって気持ちを整理して話せるようになるまでには、長い時間がかかるだろう。

長い時間を費やし丁寧な取材を続けるジャーナリストでしか出来ない仕事である。まさに宝物のような物語は、夜寝る前に一編ずつ読んで欲しいと思う。
  1. 2011/08/29(月) 17:27:12|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。