柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月7・8日、インターネットライブ放送のお知らせ

 明日、明後日(9月7~8日)は、富山、新潟へ出張し、現地でインターネットライブ放送を行います。
 司会は、私、柳原三佳です。
 それぞれに、大変な思いをされた、3組の交通事故被害者とそのご家族にご出演いただきます。
 ライブでご覧になれない方も、後日このブログに動画をアップしますので、いつでも見ていただくことができます。
 
 詳しくは、社団法人交通事故被害者家族ネットワークのHPをご覧くださいませ。
http://www.jiko-kazoku.com/

『放送予定と出演者」

■第1部  9月7日(水) 16:00~17:00ごろまで

  出演/松尾幸郎さん(富山県)
     松尾さんの自宅より配信(NHK富山、毎日新聞同席)

「全身麻痺の妻につきつけられた理不尽な損保の余命宣告」
 
2006年7月、妻・巻子さんが車を運転中、センターラインオーバーの車と正面衝突。巻子さんは全身麻痺の重度後遺障害を負う。加害者側の損保会社は、寝たきり者は長く生きられないとして「余命4.4年」で損害額を算出してきたが、納得できなかった。夫の幸郎さんは、訴訟を起こし、余命年数全ての損害が認められた。今年事故から5
年が経過したが、巻子さんは現在も人工呼吸器と胃ろうを装着し、言葉も発せないまま寝たきりの入院生活を強いられている。夫妻の記録は、『巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語』(柳原三佳著/講談社)にまとめらている。(家族ネットの動画参照)

■第2部  9月8日(木) 11:00~12:00ごろまで

出演/松原トミさん(新潟県)
   新潟市東スポーツセンターより配信

「自賠責にも切り捨てられた娘の死、今も続く家族の苦しみ」

1988年、娘の由紀子さん(当時47)が車に同乗中、センターラインオーバーの車と衝突し、受傷。いわゆる「むちうち症」と診断され、入院することなく帰宅した。しかし、数日後にはすでに身体に麻痺の症状が現れ、半年後には車椅子に。その1年後には身体障害者3級に認定されるが、さらに全身症状は悪化し、1995年、5人の子供を残
して亡くなった。母親のトミさんは、シングルマザーだった由紀子さんの代わりに子どもを育て、夫の介護にもあたりながら、損害賠償の手続きをするが、自賠責にも任意保険にも「事故と死亡の因果関係はない」と却下された。由紀子さんは損保会社に尾行までされたという。事故から23年たち、トミさんは今年90歳になった。加害者本
人の顔はいまだに見たことがないという。そして、交通事故の影響は、今も家族を苦しめていると訴える。(事故概要は家族ネットのホームページ参照)

■第3部  9月8日(木) 13:00~14:00ごろまで

出演/水野敦重さん(新潟県)
   新潟市東スポーツセンターより配信

「片足切断を乗り越え、加害者の嘘と闘った過酷な日々」

1993年3月、ガソリンスタンドからバイクで出ようしたとき、信号無視の乗用車が後ろから追突。水野さんは片足切断という重傷を負った。事故形態は明らかに追突であったにもかかわらず、加害者の嘘によって水野さんの飛び出しと判断され、損保会社から6割以上の過失相殺を迫られる。8カ月に及ぶ入院中も警察は捜査を行わず、数
年間放置される。納得できなかった水野さんはその後、訴訟を起こし、加害者と同型車まで買い取って事故態様を立証。事故から10年後、100対0の完全勝訴で判決確定。次々と襲いかかってきた二次被害、三次被害に屈しそうになりながらも、あきらめないでよかったと語る。*「交通事故被害者は二度泣かされる」(柳原三佳著)の『10年目に覆った真実』に水野事件の記事を収録(事故概要は家族ネットのホームページ参照)

<家族ネットからのメッセージ>

当会としましては、これらの配信について、特異まれな事故態様を興味本位でなく、日々平穏に過ごされている一般社会の方々でも、いざ交通事故となると、決してこれらの内容が珍しいことではないということを社会全般にご理解いただこうと思って配信します。また、現在交通事故で苦しんでいる方々にもご覧いただくことで、「決して苦しいのは自分一人ではないんだ」ということをご理解いただいて、すこしでも心の拠り所となっていただければ幸いと思っています。
なお、ご覧になりたい方は当会のホームページの新着情報よりリンクを張っていますのでご覧ください。
  1. 2011/09/06(火) 11:13:15|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。