柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月5日の「神奈川新聞」

 10月5日の「神奈川新聞」に、4日の講演の記事が掲載されました。
http://www.mika-y.com/2011/2011-10-5kanagawanews.pdf

★4日の柳原三佳の講演の画像は、下記のサイトからご覧いただけます!
http://www.ustream.tv/recorded/17671658

★講演後の番外編インタビューもぜひご覧くださいませ。(秦野さん、児島さん、お二人のご遺族にお話を伺っています)
http://www.ustream.tv/recorded/17672382

 「生命のメッセージ展100回記念展」は、7日まで東京・虎ノ門の「日本財団ビル」で開催されています。
 ぜひ足を運んでみてくださいね!



『神奈川新聞』 

■唯一無二な存在失う■


 交通事故の被害者遺族たちによる「生命のメッセージ展」の100回記念展2日目の4日、ジャーナリストの柳原三佳さん(48)は、自著を手に語りかけた。
「一人の命が奪われる。そのことで両親や兄弟、恋人など、どれだけ多くの人生が狂わされるのか。一つ一つ掘り下げ、目を向けてほしかった」
 この夏刊行された新著のタイトルは「遺品 あなたを失った代わりに」(晶文社)。日常のなにげない場面や身の回りのものに、亡くした人の面影を見る遺族たち。取材を通じて触れ得た心象風景を寄り添うように見つめている。
 それぞれが思いを寄せる遺品はさまざまだ。失われた唯一無二な存在としての愛する人は、そこにこそ浮かび上がってくる。
 例えば、メッセージ展の提唱者で座間市在住の造形作家鈴木共子さん(62)は、息子の零さんが車にはねられる数時間前に作り置いてくれたギョーザを11年たった今も冷凍庫にしまい続けている---といった具合にである。
<私としては、彼の遺伝子を保存しているような、そんな気持ちなんです>

 柳原さんは、警察の交通事故処理のずさんさや司法の不備を追及するルポを手掛けてきた。一方で、交通事故死者はこの10年減り続け、2010年には2年連続で5千人大を下回る4863人となった。喜ぶべきことだろうか。
「まだ犠牲者が5千人近くもいる。ゼロにならなければいけないのに」
 5千分の1でも、亡くした家族にとってはすべてだ。犠牲者が出ることが前提でいいのか。そうしてひとつの命が軽んじられていれば、遺族感情を顧みない事故処理や司法判断を生み出す素地は、いつまでも変わらない。

 講演のたびにこの本を紹介し、手製のチラシを警察署に配り、刑務所の受刑者に読んでほしいと働きかける遺族がいる。
 共感を広げる柔らかな筆致。それは地震の経験に基づくものであるのかもしれなかった。柳原さんもメッセージ展の参加家族の一人だった。父を投薬ミスという医療過誤で亡くしていた。
「孤立している被害者家族はメッセージ展に参加することで集い、っさえあい、癒されている。だから優しい気持ちになり,愛する人の死をよりよい社会のために生かしたいという考えになる」
 会場の日本財団ビル。人型パネルのメッセンジャーとなった父の足元には、こげ茶色い鼻緒の下駄が並んでいた。「お気に入りで。休みの日には、カランコロンとね。」遠い目をして柳原さんがつぶやいた。(石橋学)
(神奈川新聞 2011.10.5)
  1. 2011/10/05(水) 21:29:33|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。