柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名古屋のご遺族から、署名のお願い

 またしても、危険運転致死傷罪での起訴が見送られた悪質事件の情報が寄せられました。
 まずは、ご遺族から届いた署名のお願い文を読んでみてください。
 こうした事件が「過失」で済まされていくとしたら、先の法改正は何のためにおこなわれたのか? 本当に疑問を感じます。
 ご協力いただける方は、ぜひよろしくお願いいたします。
 *これから署名用紙をアップいたします。


「署 名 活 動 の お 願 い」

 昨年の10月30日、名古屋市北区でブラジル人による飲酒運転、無免許、無車検、無保険の無謀な運転で大学生1年の長男 貴仁19歳を亡くしました。
 自転車で横断歩道を渡ろうとしていた所をひき逃げされたのですが、事故の直前にも別の車に追突して逃走中、一方通行を逆走した上での事故でした。
 
 被告人は、テキーラ6杯、生中3杯飲んだとの自供ですが、一緒に飲んでいた数の友人も誰も見つかっておらず、お店の証言もない、目撃者がいないなど捜査が全く進んでいません。

 遺族側が直前まで飲んでいたお店の聞き込みで、有力な証言を得たのですが警察は一体何を捜査していたのでしょうか。

 私達は危険運転致死罪での起訴を望んだのですが、1月12日の初公判で検察が起訴した内容は自動車運転過失致死、道路交通法違反でした。
 逃走した為、逮捕時のアルコール濃度が低かった事などがその理由です。
 被告人と戦うと言うより遺族に対し自動車運転過失致死で説得しようと努力している検察側は職務怠慢とさえ感じます。
 何の補償も謝罪も無く、危険運転致死罪での起訴も望めない遺族は、泣き寝入りするしかないのでしょうか?
初公判の1月12日、中京テレビ、every.でも取り上げて頂きました。
 亡くなった貴仁の友人がYouTubeにアップしたようです。
ご覧頂けませんか?
 詳細は、名古屋飲酒運転ひき逃げ死亡事故
または
http://www.youtube.com/watch?v=IiHHyk-y3-A
 にて検索できます。
 よろしくお願い致します。
眞野 哲
  1. 2012/01/27(金) 12:05:58|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。