柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月2~3日、京都と福岡で署名活動が行われます

 今日は、この週末に行われる署名活動のお知らせです。

 以前、雑誌「フラッシュ」の記事で取り上げさせていただいた、名古屋市の眞野さんから、下記のメールをいただきました。

 お近くのみなさん、ぜひご協力いただければ幸いです。

 署名に関しては、下記のフェイスブックのページをご覧ください。

幸姫(ゆきひ)愛鈴(ありん)ありがとう

****************************************


柳原 三佳 様

名古屋飲酒運転ひき逃げ死亡事故遺族の眞野です。

京都府亀岡市の事故遺族から署名活動のお知らせです。
6月2日、3日の2日間、京都と福岡で、10:00~19:00まで同時に署名活動を行います。

京都は、四条河原町交差点、四条烏丸交差点、四条大橋、三条大橋、京都タワー前の五ヶ所。
福岡は、福岡(天神)駅前、天神コアビル前の二ヶ所です。

妊婦さんである娘さんを亡くされた中江さんやご長男の龍生さんと
京都でお会いし、連絡を取り合うようになりました。

昨年10月、息子を事故で亡くした私達に勇気を与えて下さいました。
今回は私達が亀岡市遺族のお役に立てるよう頑張りたいと思います。

一度も免許を取った事のない者でも繰り返し運転したら技能を有する・・・
そんな法律があるのでしょうか。
無免許は悪い事です。
悪い事を繰り返すと悪くなくなるように思えます。

危険運転致死傷罪の構成要件の曖昧さが被害者を更に苦しめます。

今後も私達は法改正に向け闘っていきたいと思います。

眞野 哲


***************************


■亀岡事故1ヵ月 遺族ら法改正求め連携

京都府亀岡市で集団登校中の児童らが軽乗用車にはねられ、10人が死傷した事故は23日、発生から1カ月を迎える。被害者の全6家族は、今も癒えない心の傷を抱えながら、真相を究明し、無免許運転による重大事故に危険運転致死傷罪を適用する法改正を訴えるため、手を携え始めている。


交流サイトで「痛み」つづる 署名や陳情検討

 「そあらはげんきになったよ はやくままにあいたいよ」。事故で命を絶たれた松村幸姫さん(26)に向けて、負傷した長女で小学1年の蒼愛(そあら)さん(6)がつづった手紙が画面に映る。

 幸姫さんの兄中江龍生さん(28)が作成した会員制交流サイト「フェイスブック」のページ。京都地検が開いた説明会の感想や幸姫さん一家の写真を公開している。ネットを通じて被害者の痛みを伝え、法整備への弾みをつけるためだ。

 「今回の無免許運転は誰が見ても『危険運転』だ」。運転していた少年に危険運転致死傷罪を適用せず、自動車運転過失致死傷容疑などで家裁送致した地検の決定に異論を唱える書き込みを見て、父親の美則さん(48)は励まされた。

 事故以来、取材や警察の事情聴取で睡眠さえままならない。家業の建設業は滞り、預金を取り崩す毎日。「生活は180度変わった。でも、誰でも被害者になりうる。これ以上、同じ思いをする人を増やしたくない」

 3年の横山奈緒さん(8)を亡くした父親の博史さん(37)も「遺族ばかり苦しい思いをするのは納得できない」と声を振り絞る。

 被害者家族は、危険運転致死傷罪の適用拡大を目指し法改正を求めており、今後の活動として、署名集めや国会議員への陳情を話し合っている。今後、家裁が検察官送致(逆送)した場合、少年に対し危険運転致死傷罪での起訴を求める署名活動も検討中だ。

 2年の小谷真緒さん(7)を亡くした父親の真樹さん(29)は、娘の最期の様子を知るため、搬送先病院の医師と会い、近隣の住民宅を訪ね歩いて情報を集めている。事故で負った生々しい傷さえ、つぶさに聞き取った。「娘がどんな風に必死に生きようとしたか知ることが、僕の務めだと思う」

 被害者の全6家族は20日夜、事故状況を正確に把握したいという願いから、現場近くの集会所に集まり、近隣住民と対面した。懸命に救助に当たってくれた住民に感謝を伝え、「助けてもらっている時の状況は」「どんなささいなことでも教えてほしい」と問いかけた。住民は「けが人の意識が遠のき、手をたたき続けた」などと記憶をたぐった。

 自ら動き、社会に声をあげ始めた家族たち。一方、小谷さんは遺族としての複雑な心境を語る。「法整備で今後の事故抑止につなげたい思いは、もちろんある。だが、今は正直、加害少年の罰が少しでも重くなることに心が向く」

  1. 2012/05/31(木) 14:11:54|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。