柳原三佳のブログ

交通事故・死因究明問題などを追及する柳原三佳からの情報発信。あるときはジャーナリスト、あるときはノンフィクション作家、でも、1日の大半はお料理と芝刈りが大好きな「主婦」してま~す!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

よいお年をお迎えください

 今年も残すところ、あと数時間となりました。
 1年が本当にあっという間に過ぎ去ったという感じです。
 
 今年は2月に『不動産絶望未来 次なる震災対策編』(アエラ編集部の山下努さんとの共著・:東洋経済新報社)を、そして9月には東日本大震災の歯科医による身元究明作業を取材した『家族のもとへ、あなたを帰す』(WAVE出版)を出版させていただきました。

 また、一昨年出版した『巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語』(講談社)が、NHKのBSプレミアムでドキュメンタリードラマ化され、大きな反響をいただきました。
 活字として世に出たものが、様々な人の手によって映像化され、新たな息吹を吹き込まれるというのは、大変ありがたいことだと感じました。

 長年続けている交通事故の取材については、東日本大震災、原発事故の影響もあり、それ以前のようにメディアが取り上げる機会が減ったような気がしています。しかしそれでも、悲惨な交通事故は起こり続け、多くの被害者、遺族の方々が、突然の理不尽な出来事に、大きな悲しみと怒りを感じながら、今年もさまざまな活動を続けてこられました。

 私が今年、インターネットライブ放送やシンポジウムなどを通して、ご遺族の方々とともに繰り返し訴えてきたのは、無免許運転等の悪質運転抑止についてです。
 9月には法制審議会で刑法改正に向けての動きが具体的に動きはじめました。

 そして昨日は、下記のようなニュースが流れました。
 来年はどうのような展開になっていくのでしょう。
 
 とにかく、事故が起こってからでは遅いのです。

 来年は、これまでに取材し続けてきた交通事件の記事をまとめた本を出版できればと考えています。
 交通事故・事件が1件でも少なくなる世の中を目指して、自分のできることを、自分のできる範囲で、一歩一歩踏み固めていければと思っています。

 皆様、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 よいお年をお迎えくださいませ。

*これからご近所の皆様と、我が家で年越し忘年会です!

2012年12月31日  柳原三佳

*******************************

■悪質運転事故に新罰則を検討 飲酒・薬物・発作が対象

朝日新聞デジタル 12月30日(日)8時3分配信

悪質運転の新たな刑罰案

 悪質な運転による死傷事故の厳罰化を議論している法制審議会(法相の諮問機関)の刑事法部会は1月から、飲酒や薬物、発作を伴う病気が原因の事故について、新たに罰則を設ける方向で検討を始める。上限が懲役20年の危険運転致死傷罪と、同7年の自動車運転過失致死傷罪の中間の罪を作り、二つの罪の量刑格差を埋める狙いがある。

 法務省が1月の部会で、新たな罰則を盛り込んだ法改正の原案を示す。ただ、厳罰化への反対意見も根強く、今後の議論によっては修正される可能性がある。

 現行の危険運転致死傷罪は量刑が重いため、要件が厳しい。「アルコールや薬物の影響で正常な運転が困難な場合」は適用できるが、正常な運転が困難だったことの立証が難しかった。また、てんかんなど発作を伴う病気についての要件はなく、事故の被害者遺族から不満が出ていた。

 原案では、アルコールや薬物を摂取していたり、病気で発作を起こす可能性が高いと認識していたりした場合を「危険運転致死傷罪には当たらないものの、なお危険性が高い運転」と位置づける。自動車運転過失致死傷罪と道路交通法違反(酒酔い運転など)を合わせて適用した場合の上限である懲役10年6カ月より、重い量刑にする方向だ。

 【田村剛】朝日新聞社
  1. 2012/12/31(月) 18:28:27|
  2. ミカの日記

プロフィール

柳原三佳

Author:柳原三佳
<ジャーナリスト・ノンフィクション作家>
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演活動を行う。「週刊朝日」などに連載した告発ルポをきっかけに自賠責制度の大改定につながったことも。2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。著書に「家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災 歯科医師たちの身元究明」「遺品~あなたを失った代わりに」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」「交通事故被害者は二度泣かされる」「自動車保険の落とし穴」「死因究明~葬られた真実」「焼かれる前に語れ」「交通事故鑑定人」「示談交渉人裏ファイル」「裁判官を信じるな」など多数。」「巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語」は、NHKでドキュメンタリードラマ化された。「実父を医療過誤で亡くし、自らも医療過誤被害を受けた経験があり、現在は医療問題にも精力的に取り組んでいる。千葉県在住。自宅の裏庭に、「古民家(長屋門)」を移築し、スローライフも楽しんでいる。
■柳原三佳のHP http://www.mika-y.com/

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。